健康生活TOP アレルギー 汗をかく時期は要注意!誰でも金属アレルギーになる危険要因は傷

汗をかく時期は要注意!誰でも金属アレルギーになる危険要因は傷

shutterstock_1627456492

金属アレルギーになると、オシャレも制限されたり、ひどくなると硬貨や鍵も触れなくなる、というのですからとっても不便ですよね。

でも実は、アレルギー体質の人でなくても、ほぼ100%の確率でなってしまう、というある条件があったんです!

金属のネックレスを付けていたら首がかゆくなった、という事は、経験したことがある人は結構いるのではないでしょうか?初期症状をほっておくと重症化し、大変なことになるかもしれません。

今まで使っていた物だから大丈夫、とは言えないのが怖いところです。

何年も使っていた物がいきなりアレルギー源になることもあります。また、金属に触れていないのに金属アレルギーになることもあります。

そんな怖い金属アレルギー、症状と原因を知る事が予防には不可欠です!

症状は”かゆい”だけじゃない!アレルギーのサインを見逃すな

主な症状は接触皮膚炎と言われています。アレルゲン(アレルギーの原因物質)となる金属に触れると、かゆみ、湿疹やかぶれ、ただれが生じます。

重症化すると、まれに食物に含まれる金属に対してもアレルギー反応を起こすこともありえます。

全身型金属アレルギーになると、金属に触れていない部分がアレルギー症状を起こします。全身性皮膚炎を起こすこともあります。

こんな時は要注意!

  • アクセサリーに触れたところがかゆい
  • ヘアピンを付けたところがかゆい
  • 金属製のボタンやフック、バックルが当たるところがかゆい
  • 歯の詰め物をしてから体調が良くない
  • なかなか治らない口内炎がある
  • 手や足、背中などに水ぶくれができている
  • ピアスホールの周りが炎症を起こしている
  • お化粧するとかぶれたり、肌の状態が悪くなる

このようになったら、金属アレルギーのサインかもしれません。どんな対策をすれば良いでしょうか?

なんで金属アレルギーになるの?発症してしまう条件はコレ!

対策するために、金属アレルギーになってしまう仕組みを知っておきましょう。

金属は汗に触れると溶け出して、イオン化し、とっても小さな粒子に成ります。そうすると、肌に染み込みます。それが体内のタンパク質と結びつきます。これによって痒みなどの症状が出る場合もあります。

でも、必ずしもすぐ金属アレルギーになるわけではありません。

体内には、侵入して来る細菌を白血球が攻撃する、という免疫機能があります。そして次回の侵入を防ぐために記憶されることを感作といいます。

ところが、白血球が細菌を攻撃するときに、一緒に染み込んできた金属も攻撃することがあります。

そうするとその金属は攻撃するべき対象として記憶されてしまいます。次に同じ金属が体内にやってきた時、この身体の免疫機能が働き、湿疹やかぶれ、といったアレルギー症状が表れてしまうのです。

汗と菌+もう一つの条件はズバリ”傷”

でも皮膚には通常バリア機能があり、細菌が入って来ないように守られています。細菌が体内に入る、というのはどんな時でしょうか?答えは、”傷”です。

アクセサリーなどを付けていて痒くなったところを掻いてしまい、傷が付くことがあります。そこにイオン化した金属があると、先ほどのようなことが起こることがあります。

ただ必ずしも一回でアレルギーになる、とは限らず、何度も繰り返すことで体質変化のきっかけになりやすくなります。最初に感作が起こることもありますが、数十年に渡って感作されることもあります。

ですから、今まで使用していて大丈夫だったものが、ある時から反応を起こしてしまう、ということもあり得るのです。

やっかいな全身型金属アレルギー

歯科金属や内服薬、食品などに含まれる金属が体内に侵入し、口の粘膜や腸から吸収された後、血液によって全身に運ばれ、汗として皮膚から分泌すると症状が現れます。

全身から汗と共に出てくるので、汗の多い手の平や足底、背中に多く見られます。また、口内炎、口角炎、舌炎などが起きることもあります。

汗アレルギーを起こすアトピー患者の汗からは、通常の人よりもニッケルが多く含まれる場合が多い、という研究報告があります。汗をかくとアトピーが酷くなる、という方は、一度金属アレルギーの検査を受けてみると良いかもしれません。

少しの注意で金属アレルギーは予防できる!意識すべき7つの掟

shutterstock_1311971092

免疫反応なのですぐに金属アレルギーになる訳ではないので、神経質になる必要はありませんが、アレルギーを起こさないためにちょっとの注意で出来ることは色々あります。

1. 汗、傷に注意して

運動や入浴など汗をかくときや傷があるときは、金属のアクセサリーは外し、汗はこまめに拭きましょう。

夏場は金属製のアクセサリーの使用を避けるか、金属が肌に直接当たらないようにしましょう。

2. 口の中は清潔に保とう

銀歯や詰め物など口の中の金属が原因となることもあります。口の中は清潔にしましょう。清潔にすると金属の溶け出し量が減ります。

反応を起こす金属があったら、それを使用しないよう、歯科医師に相談しましょう。

※口内炎が2週間以上治らない場合、病気の可能性もありますので、歯科(口腔外科)や耳鼻咽喉科に行きましょう。

3. ピアスの扱いには注意して

ピアスは特に、穴を開けた時は傷ですから、注意が必要です。初めのうちは汗に溶けにくくアレルギーを起こしにくい金属を用い、清潔にしましょう。ファーストピアスは純チタン製やセラミック製のピアスを付けましょう。

なるべく汗をかく時期にピアスを開けるのはやめましょう。また、ピアスのポストが短いと耳たぶを圧迫してアレルギーを起こすことがあるので、注意しましょう。

4. 衣服で注意したいボタンやワイヤー

ジーンズの金属ボタンやファスナーなどが皮膚に当たることもあります。なるべく肌に直接当たらないようにしましょう。

ブラジャーのホックやワイヤーが原因となることもあります。かゆいと感じたら、金属を使っていないものに切り替えましょう。

5. 硬貨は身体に密着させないようにしよう

硬貨が反応を起こすことがあります。ズボンのポケットにそのまま入れていて、汗で溶け、かゆくなったりすることも。

身体に密着するポケットに硬貨を入れないようにしましょう。心配な方は硬貨はなるべく小銭入れやお財布に入れましょう。

6. 肌に優しいアクセサリーを選ぼう

出来れば汗に溶けにくい、安全性の高い金属を使ったアクセサリーを選ぶようにしましょう。金属を使っていない、樹脂や紐を使ったアクセサリーもあります。夏場はそうした物を使うのも良いですね。

7. 少しでも兆候があったら…金属から離れて

しばらく金属は身に付けないようにして、かぶれを起こす金属は使用を控えましょう。繰り返すと症状がどんどん悪化します。

アレルギーを起こしやすい金属代表ニッケル!コバルトとクロムも注意

shutterstock_2318912952

金属アレルギーの原因として報告されるNo.1はニッケルです。加工しやすく、サビにくく、安価なので、金メッキの下地としてよく使われます。

メッキは色合いをよくしたり、腐食を防ぐために金属製品に行なう表面加工です。家庭で使われる金属のほとんどはこの加工が施されていて、ニッケルが用いられています。

またニッケルは、ステンレスやホワイトゴールドなどの、合金の原料として使われます。アクセサリーのほとんどは合金、メッキ加工がされていますから、肌に触れる機会の多い金属と言えます。

汗に含まれる塩素イオンはニッケルを溶かす作用が強いですし、このように一般的によく使われている金属なので、報告例も多いと思われます。

次に多いのがコバルト、クロムです。これらも汗に溶けやすく、よく使用されるために発症することが多い金属です。

次いで亜鉛、銅、マンガンです。他にも報告例として水銀、鉄、スズ、アルミニウム、インジウム、イリジウム、カリウム、パラジウムがあります。

安いアクセサリーは、汗に溶けやすくアレルギーを起こしやすい金属が使われていることが多いので、使う場合は使用の方法を考えると良いかもしれません。

特に夏場には直接肌に当たりやすい場所につけないとか、暑くない時期に服の上から付ける、といった工夫が出来ますね。

たくさんあるアレルギーを起こしにくい金属を選ぼう!

純度の高い銀、金、プラチナは汗に溶けにくく、他の金属に比べてアレルギーを起こしにくい金属です。ただ合金の場合、混ぜた金属がアレルギー症状を起こすこともあります。

金は柔らかくて傷つきやすいため24K(純金)で使用されることは少なく、18K(金75%)には銀、銅、パラジウム、ニッケルが使用されていて、それらがアレルギーを起こすことがあります。

でも「ノンニッケル」「ニッケルフリー」の表示がある製品もあります。そうしたものを探したり、お店の人に聞いてみることも出来ます。

またアレルギーになりにくいとは言っても、体質にもよってはアレルギーを起こしますので、疑いがあったら外しましょう。

チタンは人工関節や人口歯根など医療移植にも使われる、肌に優しい金属です。そのため初期ピアスとしてチタンを使われているものが多くあります。金やプラチナがダメだという敏感肌の方でも着けられる、アレルギーフリーの素材です。

サージカルステンレス(医療用ステンレス)を使ったアクセサリーもあります。心配な方はそういった物を使用するのも良いですね。

意外な所に金属が…!革製品と化粧品にも注意して

shutterstock_2013747952

金属を身に付けていないから大丈夫、と思っていても実はこんな所から金属アレルギーを起こすことがあるんです!

革製品

バッグやベルト、靴、時計の革バンドなどの革製品が反応を起こすことがあります。革はなめす工程でクロムやコバルトなどを溶剤として使用することがあり、それが残留することがあります。

皮膚に革製品が当たっているところに汗をかき、革に残留している金属に反応を起こしてかぶれたり炎症を起こすことがあります。敏感な方は注意しましょう。

化粧品

化粧品に重金属が含まれ、アレルギーを起こすことがあります。またビューラーに反応することもあります。今まで使い慣れたものであったとしても、少しでもおかしいと感じた場合、使用を控えましょう。

金属アレルギーを調べるのは簡単!保険適用のパッチテストをしよう

金属アレルギーは、必ずしも金属に触れてすぐに症状が出るとは限りません。3日、4日経ってから症状が出ることもあり、分かりにくいこともあります。また、全身型金属アレルギーは、金属に触れていない部分が症状を起こすため、厄介です。

また、金属の種類は多いですから、自分が何の金属に反応を起こしているか分かれば、何を避ければ良いかが分かり、対処しやすくなりますよね。

皮膚科でパッチテストを受ければ、反応する金属を調べることができます。保険適用可能なので、3割負担で1000円から2000円程度で調べられるようです。初診料や再診料は除きます。

ただし、どこでも実施している訳ではないので、調べて行きましょう。

パッチテストは丸2日間入浴出来ません。また汗をかく夏は反応してかゆくなりやすいので、汗をかかない時期がオススメだそうです。

金属アレルギーは治るの?やっぱり金属を避けることが一番

shutterstock_1555575142

一度身体の免疫機能によって感作されてしまうと、長い年月持続します。ですから完治することは難しいと言われています。

ですが、しばらく反応を起こす金属に触らないことによって、かぶれを起こさない、免疫機能を反応させない、というケアをしていくと、活性化していた白血球が落ち着いてきて、金属に触れても平気になってくることがあります。

ですから、原因となる金属を避けることは、治療のためにも大切です。もしなってしまったら、なるべく初期のうちに皮膚科に受診しましょう。

今までアレルギー症状がなかったとしても、少しでもかゆみや湿疹といった症状が現れた場合、重症化する前にすぐにそのアクセサリーを外すことが大切です。肌は信号を発信しています。肌の信号に耳を傾けて、予防しましょう。

歯科金属が原因だった場合、その金属を別のものに変えたり、金属が多く溶け出しているものを除くことで改善、完治する場合があります。

食品に含まれる金属で皮膚炎などの症状が出ている場合、原因となる金属を多く含むものを出来る限り避けることになります。

金属はなくてはならないもの…正しい知識で接し方を考えよう

金属は私達の身体の中にも含まれていますし、食べ物にも含まれている大切なミネラルでもあります。アクセサリー以外にも、身の回りにある様々な物に直接的にも間接的にも金属が使われています。

金属は私達の生活に無くてはならないものです。正しい知識を得て、そんな身近な金属がアレルギー源になってしまう事を出来る限り避けていきたいですね!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る