健康生活TOP アレルギー 果物を食べたら口がかゆい!口腔アレルギーの症状と危険な食材

果物を食べたら口がかゆい!口腔アレルギーの症状と危険な食材

shutterstock_2925008392

花粉症、アトピー性皮膚炎、金属アレルギー…とさまざまなアレルギーが増えていますね。例えば、野菜や果物を食べた時に起こる「口腔アレルギー」という病気もあります。

口腔アレルギーの原因は?どんな人がなるのか?今回は口腔アレルギーの特徴をふまえ、対処法などを説明していきます。

口まわりに起こるのが特徴の口腔アレルギー

口腔アレルギーとは、特定の食べ物を食べた後、唇、口の中、舌、喉、口の周りにアレルギー症状が起こる食物アレルギーの一種です。

通常の食物アレルギーは、牛乳、卵、果物、魚介類とさまざまな種類の食品が原因になっていますが、口腔アレルギーは野菜、果物、ナッツ類、スパイスといった植物性の食品が原因となっています。

口腔アレルギーの症状

口腔アレルギーが起こると、食後15分くらいで次のような症状があらわれます。

  • 唇や口の周りが赤くなったり、腫れたりする
  • 唇や口の周りがかゆくなったり、ヒリヒリしたりする
  • 口の周りに発疹や水疱ができる
  • 唇が腫れる
  • 喉がイガイガする
  • 鼻水が出る

食後に口まわり限定で症状が出るので、「さっき食べた物のせいでかぶれた」ことは比較的判断しやすいかと思います。

中には症状が出ても理由が分からず、その後食品を食べる度に同じ症状が起こることで、ようやくアレルギー症状だと気付く人もいます。

症状が強いと、しばらく口まわりがひどく腫れたり強いかゆみが続いたりして、メイクができなかったり夜も眠れなかったりと、辛い思いをする人もいるようです。

また口まわりの症状だけでなく、通常の食物アレルギー同様に

  • 吐き気
  • 腹痛
  • 下痢
  • じんましん

が出る場合もあります。

まれですが、重篤なアレルギー反応のアナフィラキシーショックを起こして呼吸困難や意識障害を起こす場合もあります。

こんなにあるの!?身近にひそむ口腔アレルギーを起こす食品

shutterstock_2540724162

口腔アレルギーを起こしやすい主な食品は以下になります。

果物

  • キウイフルーツ
  • リンゴ
  • メロン
  • モモ
  • サクランボ
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • バナナ
  • アンズ
  • パパイヤ
  • パイナップル
  • マンゴー
  • イチジク
  • イチゴ
  • ライチ
  • 梅 など
野菜

  • トマト
  • キュウリ
  • セロリ
  • パセリ
  • ニンジン
  • ジャガイモ
  • 大豆
  • ナス
  • ニンニク など
ナッツ類

  • ピーナッツ
  • アーモンド
  • ヘーゼルナッツ など

中でも口腔アレルギーが起こりやすいのはキウイフルーツ、リンゴ、メロン、モモ、サクランボです。

口腔アレルギーを起こしやすい食品というのはわりと多く存在していることが分かりますよね。

しかし食べるとアレルギー反応を起こすのはその食品に反応する体質の人だけで、それ以外の人は食べても差し支えありません。

また、ある食品に口腔アレルギーを起こす人が、ほかの食品でもアレルギーを起こすというわけでもありません。(ただし同じ科の植物にはかぶれる場合もあります。)

花粉症の人は口腔アレルギーも併発しやすい?注意したい代表的なアレルギー

shutterstock_793115622

口腔アレルギーを起こしやすいのは

  • 家族に口腔アレルギーのある人
  • 花粉症の人
  • アレルギー体質で免疫力の低下している人

です。口腔アレルギーの家族がいる人は、アレルギーを起こしやすい野菜や果物を食べた時に反応が起こらなかったか確認してください。

また花粉症の人は、花粉症の原因となる植物でアレルギーを起こしやすい野菜や果物が決まっています。

花粉症の人がそれらの食品を食べる時は、口腔アレルギーが出ていないか注意したり、なるべく食べないようにしましょう。代表的なものに

  • スギ・ヒノキ・・・トマト
  • シラカバ・・・リンゴ、モモ、ニンジン、大豆
  • ブタクサ・・・キウイフルーツ、メロン、バナナ
  • 雑草・・・メロン、オレンジ、トマト

などの関係が挙げられます。

また疲れている時や体調の悪い時は、免疫力が低下しているので口腔アレルギーを起こしやすい食品を控えることもおすすめします。

予防は疑うこと、治療はかゆみを抑える薬の処方

口腔アレルギーの原因となる食品を食べさえしなければ、アレルギーは起こりません。また花粉症の人は、花粉症を治療すると口腔アレルギーも起こりにくくなる場合があります。

野菜や果物で口まわりに異変の起きた人は口腔アレルギーの可能性を疑い、なるべく早く皮膚科またはアレルギー科でアレルギー検査を受け、原因を究明することをおすすめします。

もしアレルギーを起こしたら、病院で抗ヒスタミン剤やステロイド剤を処方してもらい、かゆみを抑えることができます。

今は大丈夫でもこれから口腔アレルギーになる可能性も…

口腔アレルギーは大人になってから発症することも多いので、今はアレルギーがない人でも今後、アレルギーが起こるようになる可能性はあります。

どの食品が口腔アレルギーを起こしやすいのか予備知識を持っておくと、食事で症状が出た時にも落ち着いて判断できることと思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る