健康生活TOP アレルギー その鼻水は寒暖差アレルギーかも!花粉症とは違う症状や治療法とは

その鼻水は寒暖差アレルギーかも!花粉症とは違う症状や治療法とは

くしゃみや鼻水が止まらない。身体も何となくダルイけど、熱が出ているわけでもないし、花粉症でもない。そんな方はいませんか?

もしかしたら、それは「ラーメンを食べたら鼻水がスーっと出てくる」症状と原因は同じかも知れません。

今回は、この症状の原因「寒暖差アレルギー」について、ご紹介します。

7℃以上の気温差は注意!寒暖差アレルギーの原因とは

寒暖差アレルギーとは、医学的には「血管運動性鼻炎」と言われるものです。読んで字のごとく、鼻の血管が何かの刺激により膨らんで、鼻炎の症状を引き起こす病気です。

この症状を引き起こす刺激ですが、以下の物が挙げられます。

血管運動性鼻炎を引き起こす原因となるもの

  • 気温差
  • 強い香り
  • たばこの煙

冬になり寒くなってくると、くしゃみや鼻水が止まらないという方は、室内と室外の気温差により、この血管運動性鼻炎の症状が現れたのです。

これは、熱いラーメンを食べると、いつの間にか鼻水がツーっとでてくることと、同じ症状です。ラーメン屋さんのテーブルには、よくティッシュが置いてありますよね?ここからも分かるように、寒暖差アレルギーの症状は、多くの人に見られます。

ただ、その症状が気温差などに敏感に反応するようになってくると、冬の間、症状が治まらないようになってしまうのです。

この寒暖差アレルギーですが、室内と室外の温度差が7℃以上になると、症状が現れやすくなると言われています。

寒暖差アレルギーになりやすいのは成人女性

寒暖差アレルギーになりやすい人がいます。それは、成人女性です。

女性は男性と比較すると筋肉量が少なく、体内の温度を暖かく保つことが出来ません。女性に冷え性が多いのは、このためですね。

寒暖差アレルギーは、温度差で起こるので、寒い場所で冷えやすい女性は、暖かい室内に入ると寒暖差アレルギーを引き起こしやすいのです。

また、寒暖差アレルギーは自律神経の乱れも影響していると言われています。

そのため、一般的に子どもよりも成人の方がストレスが多かったり、生活習慣が乱れているため、寒暖差アレルギーを起こしやすいと言われているのです。

寒暖差アレルギーとアレルギー性鼻炎の見分け方

寒暖差アレルギーは花粉症などのアレルギー性鼻炎と異なり、明らかなアレルギーの原因であるアレルゲンが無いことが特徴です。

そのため医療機関で診察して、特に目立ったアレルゲンが無いにも関わらず、アレルギー症状が出ている際に、この寒暖差アレルギーが疑われるのです。

しかし、症状は花粉症にそっくりなので、寒暖差アレルギーと花粉症は見分けがつかないこともあります。

以下の症状があれば、花粉症が疑われますので見分けるポイントにしてください。

▼花粉症と寒暖差アレルギーの違い

花粉症 寒暖差アレルギー
目のかゆみ あり なし
鼻水の状態 黄色でネバネバしている 透明でサラサラしている
発熱 ある場合も ない
喉の状態 イガイガする なし

これらの症状は、必ず出るわけではありません。また、風邪でも似たような症状がでるので、判別しにくい場合は医療機関を受診しましょう。

寒暖差アレルギーの治療は?医療機関は耳鼻科を受診しよう

寒暖差アレルギーは、アレルギーの原因となるアレルゲンが無いので、専用の薬がありません。そのため、現れた症状に対処する「対処療法」を行うことが多いです。

寒暖差アレルギーは、主に鼻の症状が現れるので、点鼻薬を処方してもらい、症状を改善することになります。そのため、寒暖差アレルギーが疑われた場合には、耳鼻科を受診するとスムーズでしょう。

医療機関を受診する際には、鼻水の状態や目のかゆみがないことを伝えると、寒暖差アレルギーかもしれないことを考慮し診察してもらえるので、これらを伝えると良いでしょう。

多くは点鼻薬で対処する寒暖差アレルギーですが、症状がひどい場合には、鼻の粘膜をレーザーで焼く治療も行われることがあるようです。鼻の粘膜を焼く治療は、行っていない医療機関もありますので、医療機関を受診する前に調べておくと良いですね。

寒暖差アレルギーの予防方法

寒暖差アレルギーは、気温差や自律神経の乱れから起こるとお話しました。ということは、逆にそれらを整えれば、寒暖差アレルギーは予防できるのです。

温度差を少なくするよう調節する

寒暖差アレルギーは7℃以上の気温差で起こりやすいので、この温度差を感じにくくすれば、症状は軽くなります。

例えば寒い室外に出る場合は、コートを着たりカイロを使用したりして、身体を冷えにくくしましょう。

首や手首、足首は脂肪が薄く筋肉も少ないので、これらを温める手袋やマフラー、靴下を厚めの物にすると、保温効果抜群です!

筋肉をつける

筋肉は、体内の温度を保つ働きをします。そのため、筋肉が多くついていると身体は冷えにくいのです。

すぐに筋肉がつけられなくても、筋肉は動かすだけでも身体は暖かくなります。

簡単な方法ですが、肩甲骨を寄せる運動だけでもジッと動かないでいるよりは、身体が温かくなってきますよ。

自律神経を整える

自律神経が崩れることで、寒暖差アレルギーになると言われています。そのため、自律神経を整えることで、寒暖差アレルギーを予防することにつながります。

自律神経を整えるためには、以下のことに気を付けつけましょう。

自律神経を整えるために気を付けること

  • ストレスを少なくする
  • 疲れを溜めない
  • 生活習慣を整える

これらに気を付けて生活すると良いでしょう。

また、生活習慣を整えることには、食生活も含まれます。食事のバランスを良くすることはもちろんですが、それに加えて以下のような身体を温める食材を積極的に摂ると、身体の中から温められるので、オススメです!

身体を温める食材

  • しょうが
  • にんにく
  • 根野菜(にんじんや大根、ごぼうなど)

湿度を高く保つ

寒暖差アレルギーは、湿度が高いと起こりにくいと言われています。確かに、お風呂に入る時は温度差が激しいにも関わらず、あまり鼻が出ることは無いですよね。それは、湿度が高いためです。

寒暖差アレルギーを防ぐために、加湿器など上手に使い、寒暖差アレルギーを予防しましょう。

夏の気温が決め手!夏から対策する寒暖差アレルギー

寒暖差アレルギーは、夏の気象状況から、起こりやすくなるのか予想することも出来ます。

エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象です。逆に、同じ海域で海面水温が平年より低い状態が続く現象はラニーニャ現象と呼ばれ、それぞれ数年おきに発生します。

(出典…国土交通省 気象庁 より)

ラニーニャ現象により気温が高くなり、夏に沖縄や奄美地方で降水量が多くなることがあります。

この現象が起こると、冬も寒くなる傾向があるので屋外と室内の温度差が広がり、寒暖差アレルギーが起こりやすくなることが予想されるのです。

寒暖差アレルギーは、身体の筋肉を付けたり、生活習慣を整えることは数日で出来ることではありません。

この冬に寒暖差アレルギーの症状が出た方は、夏の気象情報も確認して、寒暖差アレルギーの予防をしていくと良いですね。

寒暖差アレルギーを予防すると健康的な身体に!

寒暖差アレルギーを予防する方法は、全て健康的な身体をつくることに繋がります。

室内と室外の温度差を小さくすることは、ヒートショック(温度差によって血圧が急激に変化すること)を防ぎます。

また、筋肉をつけたり身体を温めることは、冷え性の予防にもなりますし、自律神経を整えるたり部屋の湿度を高く保つことは、様々な感染症の予防にも繋がります。

寒暖差アレルギーを予防することは、結果的に健康な身体づくりや感染症予防に繋がるのです!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る