健康生活TOP アレルギー 花粉症と果物アレルギーの原因は同じ!?意外なアレルギーの関係

花粉症と果物アレルギーの原因は同じ!?意外なアレルギーの関係

shutterstock_2601115342

花粉症と言えば春と秋、夏や冬にはあまり気にならないアレルギー症状ですね。ところが、花粉症が原因で食べ物アレルギーを起こしてしまうことがあるのです。

アレルゲンを含んだ食べ物を口にすることで、花粉によってもたらされたアレルギー反応が出てしまう、これってかなり厄介ですよね。

花粉症からアレルギーがひろがってしまうメカニズム「交差反応」とは

花粉症は、花粉を吸い込んだ時にそれが身体にとって害があるものだと勘違いして、身体が過剰な免疫反応を示すことで始まります。

ですので、有名なスギ花粉症の場合、免疫が成立してしまってから後にスギ花粉に触れる機会があると、花粉症の不快な症状が出てしまうと言うわけです。

身体の勘違いから範囲が広がる

身体から見て、スギ花粉に良く似た特徴を持つ何かが身体の中に入ってきた時に、それも同じような異物だと身体が勘違いすると、初めて触れるものであっても身体はアレルギー反応を示します。

スギはヒノキ科の植物ですので、ヒノキ花粉に対してこうした反応がおこることも充分考えられますが、もともとヒノキの花粉も日本には大変多いので、本当の原因についてはわかっていません。

しかし、スギ花粉にアレルギーを持つ人のうち、トマトにアレルギー反応が出る人がいることが分かっています。スギとトマト、そもそも花粉と果実ではまったく異なるものなのに、身体は勘違いしてしまうんですね。

こうした反応を交差反応と呼んでいます。

食物アレルギーの階級

食物アレルギーは、乳幼児のころに、腸から吸収した食べ物を身体が勘違いして始まることの多いアレルギーです。

卵や牛乳、小麦やピーナッツ、お魚などに対するアレルギーが代表的なものですね。このタイプのアレルギーをクラス1食物アレルギーと呼んでいます。

クラス1食物アレルギーは、アレルゲンを加熱したり酵素で処理したりしても、抗原活性は失われないため、例えば小麦アレルギーのある人は、酵母で発酵させ焼成してできるパンを食べてもアレルギー反応が起きます。

一方、花粉アレルギーの交差反応によって引き起こされる食物アレルギーはクラス2食物アレルギーと呼ばれます。

このクラス2食物アレルギーの場合、アレルゲンとされる食べ物を加熱処理すると抗原が不活性化することが多いようです。

例えばスギ花粉症が原因で発生したクラス2のトマトアレルギーを持つ人は、生のトマトを食べるとアレルギー反応が出るものの、トマトソースを使ったパスタは大丈夫であることも珍しくありません。

ただ、加熱処理で100%大丈夫になるわけではありませんので、少量食べてみて、様子を見ること方始めましょうね。

クラスの違いによる症状の違い

クラス1食物アレルギーは、広い範囲に症状が出ますし、割合重くなることが多いようです。食べ物が最初に通る口の中に症状が起こるのはもちろん、食道から腸の中の消化器全体に出る場合もあります。

また、呼吸困難などの呼吸器症状やアナフィラキシーショックに繋がることもある危険なものも少なくありません。

一方、クラス2食物アレルギーは、まれにアナフィラキシーなど重篤な症状に繋がることがないわけではありませんが、ほとんどの場合、症状は口の中や周りに限定されることが多いようです。

何と何がダメなの?チェックしてほしい交差反応を起こしてしまう物

1822

実際のところ、かなり広い範囲で花粉症と食物アレルギーは関係しています。場合によっては花粉症の症状が軽くても、これらの食べ物を食べて口がかゆくなるとか炎症を起こすことの方が気になることもありますね。

ですので、これからお話しする果物などを食べて、口の中が荒れたり口の周りがかゆくなったりする人は、アレルギー科で相談される方がいいと思います。

場合によっては、有効な治療法を教えてくれるかもしれません。

スギ花粉と交差反応を起こす食べ物

スギ花粉症は最もメジャーな花粉症ですが、交差反応を起こす食べ物は少なく、今のところトマトだけが知られています。

よもぎ花粉と交差反応を起こす食べ物

よもぎはキク科の植物で、草餅に入っていたり、お灸の「もぐさ」の原料だったりと、古くから日常生活に溶け込んでいます。

もちろんよもぎ花粉症の人は、草餅やもぐさでもアレルギー反応が出やすいでしょうが、これは同じよもぎに含まれるたんぱく質がアレルゲンと言うことになりますから、交差反応とは呼びません。

交差反応にかかわる可能性が知られているのは以下のような野菜や果物などです。

  • セロリ
  • ニンジン
  • マンゴー
  • ステビア
  • キャラウェイやスターアニスなどセリ科のスパイス
  • タラゴンなどキク科のスパイス

このほか、次にお話しするブタクサとも共通性がある可能性もありますので注意してください。

ブタクサ花粉と交差反応を起こす食べ物

もともとセイタカアワダチソウがアレルギーの原因だと言われていたことがあるのですが、その本当の原因はブタクサだったようです。セイタカアワダチソウの花粉は量も少ない上、重くて飛びにくいんですよね。

ブタクサもキク科植物なので、よもぎと共通性があるでしょう。そのほか、以下のようなものも知られています。

  • メロン
  • すいか
  • カンタロープ(メロンの一種)
  • ズッキーニ
  • きゅうり
  • バナナ

イネ科の花粉と交差反応を起こす食べ物

私たちの主食であるお米、その元であるイネの花粉は、他のイネ科の花粉と構造が近いせいもあって、一種類でアレルギー反応が出ると、他のイネ科の植物でも出ると言う傾向があります。

例えば、イネとコムギとか、カモガヤとか。それだけでも厄介なのに、食べ物とまでからんでくるのは困りますよね。

  • メロン
  • すいか
  • トマト
  • セロリ
  • じゃがいも
  • キウィフルーツ
  • オレンジ
  • バナナ
  • ピーナッツ

プラタナス花粉と交差反応を起こす食べ物

プラタナスの花粉症って言うと意外なイメージがありますが、割合存在するそうです。花期は春なので、他の有名花粉の陰に隠れているのかもしれませんね。

プラタナスの花粉と交差反応を起こす食べ物は次の通りです。

  • ヘーゼルナッツ
  • りんご
  • レタス
  • とうもろこし
  • ピーナッツ
  • ガルバンゾ(ひよこ豆)

カバノキ属の花粉と交差反応を起こす食べ物

これが実に厄介な代物なのです。カバノキ属は白樺、榛の木(ハンノキ)、榛(ハシバミ)などが含まれますから、割合どこにでもある樹木なんですよね。

そして、実に多くの食べ物と交差反応が見られます。この中でヘーゼルナッツはセイヨウハシバミの実ですから、榛の変種と言う位置なのでちょっと微妙ですが、シラカバなどとは異なる種ですからリストに入れました。

  • りんご
  • 西洋ナシ
  • さくらんぼ
  • キウィフルーツ
  • スモモ
  • アンズ
  • いちご
  • ビワ
  • マンゴー
  • ししとう
  • セロリ
  • ニンジン
  • じゃがいも
  • ヘーゼルナッツ
  • アーモンド
  • クルミ

花粉ではない交差反応

これは余談と言う扱いで良いのですが、ラテックス(天然ゴムの成分)にアレルギーのある人は、その半数がトロピカルフルーツとの交差反応も持っていることが知られています。

また、トロピカルフルーツ以外でも栗やいちじく、桃などにも反応することがあるようですのでご注意ください。

交差反応アレルギーの治療法は?「食べて確認」は無理せず慎重に

105 (2)

根本的な治療については、他のアレルギー性の疾患と同じように、まだ決定的なものはありません。しかし、対応策として、二つの方法がありますので、ここでご紹介しましょう。

くれぐれも無理をしないようには気を付けてください。

花粉症の治療を行ってみる

アレルギーを専門に診てくださる病院で、ベースに花粉症があると特定された場合は、これを根本的に治療する方法を試せないか相談してみてください。

これは特異的免疫療法と言って、アレルゲンを薄めた物を定期的に皮下注射し、それをだんだん濃くしてゆくことで身体を慣らし、アレルギー反応が起こらないようにするものです。

必ずしも交差反応に有効とは限りませんが、リスクと効果について、お医者様と相談の上で試してみても良いでしょう。

火を通して食べる

先にお話しした通り、クラス2の食物アレルギーの場合、加熱して食べることでアレルギーが出ない場合も少なくありません。

ですので、まず、自分のアレルギーがクラス2であることを確認しましょう。対象となる食べ物を食べた時に、おなかが痛くなったり、せきやくしゃみが出たりと言う場合はクラス1ですから対象になりません。

一方、口の周りや中がかゆくなったり、ひりひりしたり、いがいがしたりと言う不快な症状だけが出て、その他の部位には全く何も起きない場合、クラス2の可能性が出てきます。

そうした場合、対象の食べ物に火を通して、少しだけ食べてみましょう。もし何も起きなければ、次の機会にはもう少し多めに。出なかったからと言って、最初のタイミングでどんどん量を増やすのは危険です。

一度大丈夫だったら、数日あけて、今度はもう少し食べてみると言う程度にしましょうね。もし、途中で症状が出たら打ち切りです。

フルーツの場合、大抵ジャムにはできますからこの方法は試してみる価値はありますね。一方、ジャガイモやナッツは滅多に生で食べませんから、最初に加熱したもので症状が出た場合、お医者様に行くよりないですね。

このような方法で試す場合にも、できれば一度お医者さまで診断を受けた上で、相談してから行われる方が安全だと思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る