健康生活TOP アレルギー アレルギー検査は保険適用内?知っておきたい検査項目と費用の話

アレルギー検査は保険適用内?知っておきたい検査項目と費用の話

アレルギー検査

皆さんは「風土病(ふうどびょう)」と呼ばれる病気をご存知でしょうか?風土病とは一定の地域にのみ多くの流行をもたらす病気で、その土地の気候や環境が大きく関係しています。

風土病は国やエリアによっても違いが見られることから「国民病」と呼ばれることもあります。有名なものでは東南アジアの「マラリア」などが代表ですね。

それでは日本ではどうでしょうか?昔は一定の感染症などが風土病として存在していたそうですが、現在では撲滅されています。衛生環境が整っている日本では、これといった風土病や国民病は見当たらないと思いますよね。

しかし新しいタイプの国民病が日本人に蔓延しています。それが日本人の2人に1人が発症している「アレルギー」です。自分は大丈夫と思っている人も実はアレルギー体質かもしれません。

アレルギーの有無を調べるアレルギー検査について紹介します。

あなたは何アレルギー?日本のアレルギー状況は酷い状況!

「春が好きだぁ~」、「いやいや夏が好きだぁ~」…色々な人がいますが、なぜか春が好きな人が減少しているそうです。春は寒い冬が終わり、暖かく花も咲く一年でも穏やかな気候が特徴の季節です。

昔は一年の中で春が一番人気であり、秋と人気を二分していたそうです。それがここ最近では春の人気は低下しまったようで、下手をすると冬に負けてしまうかもしれません。

春の人気低下にはどのような理由があったのでしょうか?

国民病の代表か?春は花粉症が辛い季節

春になるとマスクをしている人を多く見かけます。風邪を引いている訳ではなく、空気中に漂っている花粉を吸い込まないようにしているのです。

「花粉症」は日本人の約40%もの人が発症しているアレルギー症状で、主に鼻水、鼻づまりなどの「アレルギー性鼻炎」が症状として表れます。

昔は花粉症と言う名前など聞くこともなく、ちょっとの期間で急激にその勢いを増しています。

中には「花粉症なんて気のせいだよ」とか「単なる鼻風邪だろう」などと揶揄された時期もありましたが、現在ではそれを言った人も花粉症で苦しんでいます。

花粉症は「スギ」「ヒノキ」などの花粉が飛散することで発症するアレルギー症ですが、早い地域では1月下旬頃から花粉のシーズンに突入します。花粉症を引き起こす原因となる花粉の種類を紹介します。

  • ハンノキ
  • スギ
  • ヒノキ
  • シラカバ
  • イネ科
  • ブタクサ科
  • ヨモギ
  • その他

花粉症を春だけの病気と考えている人が多いのですが、実はブタクサやヨモギなどは夏から秋に花粉を飛散させます。

つまり花粉は冬の一時期には少なくなりますが、それ以外は年中何かの花粉が飛散しており、花粉症も季節性の病気ではなく一年中見られる病気だったのです。

冷静に考えて国民の5人に2人が発症している病気なんてちょっと異常だと思いませんか?また年々新たに花粉症を発症している人も増加傾向にあると言われています。花粉症は日本における国民病の代表だったのです。

春の人気低下には花粉症が大きく関係しており、「春=花粉症」とのイメージが定着しているのが原因だったようです。

国のアレルギー疾患対策の方向性とは

厚生労働省が平成23年8月に出した「アレルギー疾患対策の方向性等」には、これからのアレルギー対策についての方向性が各都道府県に示されており、現在の日本におけるアレルギー疾患の現状が記載されています。

わが国においては全人口の約2人に1人が何らかのアレルギー疾患に罹患していると推定されており(気管支喘息が国民全体では約800万人、花粉症を含むアレルギー性鼻炎は国民の40%以上、アトピー性皮膚炎が国民の約1割)、

アレルギー疾患対策に対する国民の関心は非常に高い。しかしながら、患者への医療の提供等については、我が国は欧米のアレルギー診療水準との格差はないものの、患者のニーズに対応できていない部分があり、課題を残しているといえる。

つまり、花粉症などのアレルギー患者は増加しているが、医療ニーズは満たされておらず、問題が残っていることを指摘しているのです。

またアレルギー疾患の研究については解明が進んでいるとしながらも、完全な予防や根治的治療は確立されておらず長期的な対処療法になっていることが示されています。

この文章では日本国の最終目的は「アレルギー疾患に関して、予防法及び根治的治療法を確立することにより、もって国民の安心・安全な生活の実現を図る」ことです。

そしてそのための第一歩としてアレルギー疾患を「自己管理可能な疾患」にすることが重要だと訴えており、患者や家族が正しい医療情報を得ることで適切な治療や環境改善が可能であるとも指摘しています。

この文章は厚生労働省の課長が各都道府県や学会関係者に配布した文章であり、読んでもピンとこない可能性がありますが、簡単に要約しますと以下のような内容になります。

日本では50%程度の国民がアレルギー疾患を発症しています。海外と同レベルの治療を行っていますが、完全に予防、治癒させる技術はできていません。だから、患者や家族にアレルギーの知識を持ってもらって自己管理しましょうね。

うーん要約すると何か投げやりな通達とも思えてしまいますが、実際にはこれは仕方がないことでアレルギー予防は自分で管理するのが最も効果的なのです。

アレルギーは日常生活と大きな関係性のある病気です。治療法が確立されていない状況では自分で管理もやむを得ないのではないでしょうか?

自分のアレルギー体質を検査するアレルギー検査とは

アレルギーを予防するにはまず自分がアレルギー体質なのかを知る必要がありますよね。しかし、注意深く日常生活を送っていても、なかなかそれに気が付かないことも珍しくはありません。

そこで自分の抗体を調べることでアレルギーの有無を確認することができる「アレルギー検査」が重要になります。

血液検査で自分のアレルゲンを特定させる

「特異的IgE抗体検査」は血液中に含まれるIgE抗体を調べることで、その人のアレルゲンと強弱を調べる検査です。IgE抗体はアレルゲンの種類ごとに存在しており、その数は現在も増えていることが想定されています。

したがって全てのアレルゲンを調べることは不可能であり、アレルゲンを指定して個別に検査を行う必要があります。一般的には「スギ花粉」「ハウスダスト」「ダニ」「ペット」…などを中心に検査が行われることが多いようです。

特異的IgE抗体検査ではIgE抗体の有無だけではなく、0-6の数値によってアレルゲンの強さを判定しています。各数値の目安を以下に紹介します。

クラス0 陰性(アレルゲンではない)
クラス1 擬陽性(アレルゲンの疑い、可能性がある)
クラス2-6 陽性(数値が高いほど症状が強くなる)

特異的IgE抗体検査ではクラス1が出た時点で、その人の血液中に対象アレルゲンのIgE抗体が存在しているが、量は少ないことを意味しています。クラス1~2程度の人はアレルギー症状も軽く、自分がアレルギーだとは気が付いていないでしょう。

検査を受けてみて自分のアレルギーを初めて自覚する人も多く、無意識下での症状の悪化の要因になっています。

またクラス4以上では既にアレルギー症状が自覚されていることが大部分であり、あらためてアレルゲンを確認するきっかけになるのです。

またスギ花粉でクラス2の陽性反応が出ていた人が翌年クラス3になっている場合はアレルギー反応の悪化を意味しており、反対にクラスが減少していることは改善されていることになるのです。

血液検査では特異的IgE抗体検査以外に、実際に血液中にアレルゲンを混入させてヒスタミンの反応を調べる「ヒスタミン遊離試験」もあります。

皮膚を引っ掻くスクラッチテスト

蕁麻疹などの皮膚に出やすいアレルギー反応を検査する方法として「スクラッチテスト」があります。宝くじでよく聞くスクラッチですが、その意味は「引っ掻く」ことであり、皮膚を引っ掻くことでアレルゲンを皮膚内に浸透させるのです。

方法としては特異的IgE抗体検査と同じく、検査するアレルゲンを決める必要があります。例えば「小麦」であれば小麦のエキスを肌に塗った上で軽く皮膚を引っ掻くのです。

そのまま15分~1時間程度放置してから、皮膚の腫れや赤みなどを調べて、反応があれば陽性と判断されます。

また反応の強さも重要であり、薄い赤みでは症状が軽く、腫れが酷い場合は重症と判断されます。また中には検査によってアナフィラキシーショックを起こす危険性もあることから、予め点滴などの対策を行うこともあります。

アレルゲンを肌に貼るパッチテスト

パッチテストは即時型のアレルギー検査ではなく、症状が遅く表れる「遅延型アレルギー反応」の検査で使用されることが多い検査法です。検査は絆創膏のようなものにアレルゲンを付着させて、肌に貼り付けてその反応を調べます。

絆創膏は2日程度貼り付けることが多く、その間定期的(2日後、4日後、1週間後)に皮膚の腫れや赤みを測定することでアレルゲンを特定します。

パッチテストは

  • 化学物質(石鹸、シャンプー、ヘアケア用品など)
  • 金属(銀、銅、スズなど)

で行われることが多く、皮膚アレルギーに有効な検査方法と言えます。

食物アレルギーの場合は食物除去試験から

食事の後で何らかのアレルギー症状が出る場合は、「食物アレルギー」が疑われます。食物アレルギーでもその多くはIgE抗体が関係しており、食後30分から遅くても4時間後には症状が表れます。

症状は

  • 蕁麻疹
  • むくみ
  • 呼吸障害

ですが、重症化するとショック症状で意識が無くなり最悪死亡するケースもあります。また食物アレルギーにはIgE抗体と関係のない遅延型アレルギーもあり、それらを見極めることも重要です。

食物アレルギーの検査ではまずアレルゲンを特定することが重要で、その第一歩として行うのが「食物除去試験」です。まずアレルギー症状が出る前に食べた物を、数日記録して疑わしい食材を見つけます。

それからその食材を除去した食生活を送ってから、アレルギー症状の有無を確認するのです。対象食物を除去することで、アレルギー症状が改善されるとアレルゲンの特定につながると言う訳です。

また対象食物を除去しても症状に変化が無い場合は、それはアレルゲンでないことの証明になり食べることができます。

疑わしい食物を一つずつ潰していく作業は大変ですが、毎日の記録をつけることで比較的早期にアレルゲンの特定が可能になります。

そしてアレルゲンを特定できたら「食物経口負荷試験」に進むことがあります。

アレルゲンをあえて食べる食物経口負荷試験

アレルギー症状を見極める上でアレルゲンを特定すると同時に重要なことは、「どのくらいのアレルゲンに耐えられるか?」です。つまり、その人の許容範囲を見極めなくては、将来危険な状況に陥ってしまう可能性があるからです。

そのためにあえてアレルゲンを食べてその反応を見るのが「食物経口負荷試験」であり、実際のアレルギー症状を医師が確認することでアレルギー反応の強さを検査します。

この検査では強いアレルギー症状が出てしまう危険性もあることから、即時対応ができる入院下で行われることが多いようです。

アレルギー検査はアレルギー専門医だけでなく一般的な内科でも可能です。しかし食物経口負荷試験などは経験のある専門医を選ぶようにしましょう。

アレルギー検査の費用と健康保険の適用範囲

「アレルギー検査は受けたいのですが費用が…」と言う人は少なくないと思います。症状が軽い状態ではお金を払ってまで検査を受けたくない気持ちも解りますが、実は健康保険を使用することで案外安く検査できるのです。

アレルギー検査と費用について紹介しましょう。

アレルギー検査って保険は適用されているのでしょうか?

アレルギーはれっきとした病気であり、その治療には健康保険が適用されています。もちろん治療を行うにはその原因を特定する必要があり、アレルギーの原因であるアレルゲンが解らない状態では治療もできません。

しかし注意点はあります。それは「アレルギー症状が見られる場合のみ!」であり、アレルギー症状がない状態での検査は健康保険の対象外となっているのです。

全くアレルギー症状もない状態で、検査を希望しても必要性は認められず健康保険は適用になりません。また花粉症が酷いのに、食べ物アレルギーをついでに検査してもらう行為も保険適用外となります。

あくまで必要な検査には健康保険が適用されると言うことですね。

血液によるアレルギー検査の費用【その1】

特異的IgE抗体検査では血液を採取することで、血液中に含まれるIgE抗体を調べます。検査はアレルゲン単位で行う必要があり、例えば「スギ花粉」であればスギ花粉の検査結果しか得ることができないのです。

つまりアレルゲンとして「ダニ」「ハウスダスト」「スギ花粉」「ペット」が疑われる人は、その全てを検査として行うことが必要です。

現在行われている検査は「Viewアレルギー36」や「MAST33」と呼ばれる検査で、各々36種類と33種類のアレルゲンの検査が可能になっています。Viewアレルギー36検査で対象になっているアレルゲンは以下の通りです。

【Viewアレルギー36検査項目】

  1. ヤケヒョウダニ
  2. ハウスダスト
  3. ネコ皮屑
  4. イヌ皮屑
  5. カモガヤ
  6. ブタクサ
  7. ヨモギ
  8. スギ
  9. ヒノキ
  10. ハンノキ
  11. シラカンバ
  12. ゴキブリ
  13. カンジタ
  14. アルテルナリア
  15. アスペルギルス
  16. マラセチア
  17. ラテックス
  18. 卵白
  19. オボムコイド
  20. ミルク(牛乳)
  21. 大豆
  22. ピーナッツ
  23. 小麦
  24. ソバ
  25. 鶏肉
  26. 牛肉
  27. マグロ
  28. サケ
  29. サバ
  30. エビ
  31. カニ
  32. キウイ
  33. リンゴ
  34. ゴマ

この検査は健康保険が適用されるために実際の患者の負担は4000円~8000円程度であり、ここに含まれないアレルゲンの検査を追加すると費用も一項目あたり1000円~1500円程度追加されます。

血液によるアレルギー検査の費用【その2】

特異的IgE抗体検査ではIgE抗体の有無や量を確認することはできますが、実際にどのような影響を与えているのかを知ることはできません。そこで採取した血液中にアレルゲンを混入して反応を調べるのが「ヒスタミン遊離試験」です。

採取した血液に疑わしいアレルゲンを混入することで、ヒスタミンの量の変化を調べるのです。特異的IgE抗体検査で疑わしいアレルゲンが特定された後に、その影響を調べるのに利用されることが多いようです。

この検査も項目に制限はありますが、健康保険の対象になっており、費用は3000円~6000円程度と考えて下さい。

スクラッチテストやパッチテストの費用

スクラッチテストやパッチテストなどの皮膚テストは入院する必要もなく、比較的安価に検査を受けることが可能です。

費用は健康保険が適用されており、2000円~4000円程度かかると考えて下さい。皮膚科の中には1000円程度で簡単な試験を行っている病院もあるようで、疑わしいアレルゲンが解っている場合にはよい検査かもしれません。

それ以外のアレルギー検査の費用は?

血液検査以外のアレルギー検査では、病院によって費用はまちまちであり、特に食物経口負荷試験では入院する必要もあることから、費用は50000円~100000円程度かかることがあります。

特に手術を行う訳ではないのですが、入院日数が1週間程度かかることもあることから、費用も高額になってしまうのは仕方がないことです。

民間の入院保険や高額療養費制度の利用も視野に入れて、検査を受けるようにしましょう。

アレルギー症状が出ていると健康保険が適用されるので費用は安心です。無数にあるアレルゲンの中から36種類を「多いと思うか?」「少ないと思うか?」ですね。

通販でアレルギー検査ができる!28000円するけど本当に有効?

アレルギー検査は病院でしか受けられないと思っている人は多いと思いますが、実は通信販売でアレルギー検査が受けられるようになっています。

遅延型の食物アレルギーを特定するIgG抗体

アレルギーには即時性のものと遅延性のものがありますが、IgG抗体は遅延型のアレルゲンを調べるのに有効とされています。

特に食べ物アレルギーでは摂取してからアレルギー反応が出るまでに時間がかかることも多く、その原因にIgG(免疫グロブリンG)が関係していると疑われているのです。

IgE抗体の検査と同様に血液中のIgG抗体を調べることで、対象のアレルゲンを見つけることが可能になります。

例えばバナナで強いIgG抗体が検出された場合は、バナナを食べないようにすることで「疲労」「消化不良」などの遅延性アレルギー症状を改善できると言う訳です。

即時性のアレルギーと違い遅延性のアレルギーでは、症状に気が付きにくく放置されることも珍しくはありません。健康診断だと思って受けてみるのもよいかもしれませんね。

日本人の食生活に合わせたIgG抗体検査がある

通信販売で購入できるIgG抗体検査は、購入後送られてきたキットを使用して自分で採血する必要があります。大まかな手順を紹介します。

  1. IgG抗体検査を購入する
  2. キットが送られてくる
  3. キット内のランセット(指に穴を開ける細い針)で指から採血する
  4. 血液を検査用紙に付着させてから乾燥させる
  5. 問診用紙と共に返送する
  6. 2週間程度で結果が郵送される

ランセットは細い針が少しだけ出てくる道具で、痛みも感じずに少量の血を出すことが可能です。検査の結果はアレルゲンごとに記載されており、どの食品でIgG抗体が多いかが一目で解るようになっています。

「アンプロシア株式会社」が販売している「IgG96スタンダード・フード・パネル(日本)」は、日本人が一般的に食べている96種類の食品をまとめて検査するキットです。

まとめて検査するには便利なキットではないでしょうか?気になる費用は28000円(全額自費)程度で、インターネットで購入することが可能です。

IgG抗体検査には懐疑的な意見もあることを覚えておこう

簡単に食物アレルギーを検査できるIgG抗体検査は、日本だけでなくアメリカなどでも人気となっています。

特にアメリカではIgG抗体の増加が肥満と関係があるとされており、IgG抗体の高い食品を食べない「IgG抗体ダイエット」まで行われているそうです。

そのような中でIgG抗体とアレルギーの関係に疑問を呈する医師も出ています。更に現在、アメリカのアレルギー学会においても、IgG抗体とアレルギー症状の診断的有効性を否定しています。

日本においても「日本アレルギー学会」が平成27年2月25日に「血中食物抗原特異的IgG抗体検査に関する注意喚起」をホームページ上に掲載しています。

米国や欧州のアレルギー学会および日本小児アレルギー学会では、食物アレルギーにおけるIgG抗体の診断的有用性を公式に否定しています。

この文章の中には「IgG抗体は健常な人にも存在する」「負荷試験の結果と必ずしも一致なしない」などが否定の理由としています。

もともとIgG抗体はその食べ物を沢山食べることで作られる抗体であり、アレルゲンと言うよりは摂取が多い食品だと言うのです。

病院で行われる検査と違い、IgG抗体検査の有効性は自己判断と言うところですね。

IgG抗体検査…私的には全く無駄だとは思いません

IgG抗体検査は学会的には否定されているようですが、私的には全く意味のない検査とは言えないと考えています。つまりIgG抗体検査は摂取量の多い食品に強い反応を示す検査であり、そのことはアレルギー学会でも否定の材料にしています。

しかしよく考えみるとこんなことも言えるのではないでしょうか?

そもそも食物アレルギーは一定の食品を多く食べることで発症リスクが高まるアレルギーです。つまり小麦が大好きな人で毎日小麦だけ食べることで「小麦アレルギー」が発症するリスクが高まるのです。

このような人がIgG抗体検査を行うと、小麦の反応が高くなるはずです。そこでそれを注意喚起として小麦の摂取を控えることで、小麦アレルギーを事前に予防するのです。

実は私も以前「IgG96スタンダード・フード・パネル(日本)」を購入して検査を受けたことがあります。

確かに思いもしないものに反応があったり、心当たりが無い反応もあったりしましたが、食生活の偏りをチェックするには十分な検査だと感じました。

否定することは簡単ですが、「物(検査)は使いよう」と考えるのもよいかもしれませんね。

通販で行うアレルギー検査は自己責任です。検査の効果を理解して自分なりに有効に利用しましょう。

せっかくのアレルギー検査を無駄にしない知識

厚生労働省の指針ではアレルギー症状を改善するには医療的な治療だけではなく、日常生活においての管理が重要だとされています。しかし、アレルギー疾患の知識がない状態ではなかなかそれも難しいことです。

そして中でも重要なことは「自分のアレルギーを知る」ことではないでしょうか?

アレルギーって何か知っていますか?

最近の日本では何かと「アレルギー、アレルギー」と言う言葉を耳にします。レストランでも「私、ニンジンアレルギーだから食べられない!」「僕はキュウリがアレルギーだからねぇ」なんて話し声も聞こえてきます。

聞いている私としては「ニンジンアレルギーなんてあったっけ?」と考えこんでしまいますが、これらはあくまで好き嫌いであってアレルギーでないことが多いようです。

日本では「アレルギー」と言う言葉が一般的になるにつれ、間違えた使い方になっているのが現実であり、単なる好き嫌いを形容する言葉としても定着しているのですね。

私にはレストランを経営している友人がいますが、「単なる好き嫌いとショックを起こすアレルギーの区別が難しく大変だ」と話していました。アレルギーはあくまで好き嫌いではなく、身体に異常をきたす症状にのみ使用したい言葉ですね。

アレルギーを知るためには免疫システムを知らなきゃ

人間には「免疫システム」と呼ばれる防御作用が備わっています。人間は普通に生活していても様々な外敵と接触しており、常に体内へ侵入される危険と隣り合わせの状況に置かれています。

例えば空気中には「塵」「ホコリ」「ウイルス」「細菌」「化学物質」などが飛散している可能性があり、呼吸によってそれらを体内に取り入れてしまいます。また手で物を触れることで、様々な物質を付着させてしまう危険性もあります。

このように常に外敵を体内へ侵入させてしまう環境にいる我々は、そのままでは常に病気を発症させてしまうことになりかねません。そこで免疫システムが外敵から身体を守ってくれるのです。

免疫システムとは身体の中に侵入した外敵を排除する作用であり、この作用によって人間は感染症などの病気を予防しています。

アレルギーとは免疫システムの暴走が原因だった

免疫システムはウイルスや細菌などの外敵から身体を守るために重要な働きを行っていますが、この機能が暴走してしまうと身体に悪影響を及ぼしてしまいアレルギー症状を引き起こしてしまいます。

前述した通り花粉症が国内で増加していますが、そもそもスギの花粉は「毒でしょうか?」それとも「ウイルスでしょうか?」…どれも違いますよね。

基本的に花粉は無毒であり微生物でもありません。体内に入り込んでも影響のない物質のはずです。しかし花粉症では花粉が原因でアレルギーが発症してしまうことは事実です。

そしてその原因こそが「免疫システムの過剰反応(暴走)」だと考えられています。

免疫システムの暴走は抗原が引き金になる

人間の身体を守っている免疫細胞は「抗原」と呼ばれる一定の物質と結合することで免疫作用を発動させています。つまり花粉症では花粉が抗原であり、それが免疫細胞と結合することで攻撃を開始しているのです。

抗原とは免疫作用を発動させる鍵である物質であり、花粉以外にも「食品」「細菌」…など沢山の物質が存在しています。

しかし重要なのは全ての人間が同じ物質に反応するのではなく、あくまで個人によって違いがあることです。牛乳は栄養価の高い食品ですが、牛乳の成分を外敵とみなしてしまうと飲むことで免疫作用が働いてしまいます。

このようにアレルギーとは抗原がきっかけで免疫システムが過剰に暴走してしまう症状なのです。

免疫システムとIgE抗体の関係

アレルギーを引き起こす抗原には「花粉」「ホコリ」「ダニ」「食べ物」「ウイルス」「細菌」などがありますが、これらが入り込むことで免疫細胞はこれらを排除するためにある物質を生産します。

それがアレルギーの原因になる「IgE抗体」です。そしてIgE抗体を調べることで、アレルギー体質の有無が解るのです。

アレルギーには5つの分類が存在している

実はアレルギーには「クームス分類」と呼ばれる5つの種類に分類されています。

【アレルギー分類と抗体の種類】

1 1型アレルギー IgE抗体
2 2型アレルギー IgM, IgG 抗体
3 3型アレルギー 免疫複合体
4 4型アレルギー Th1細胞など
5 5型アレルギー IgG抗体

【アレルギー分類による疾患の種類】

1 1型アレルギー 花粉症、鼻炎、アトピー性皮膚炎、喘息など
2 2型アレルギー 自己免疫性溶血貧血、橋本病など
3 3型アレルギー 関節リウマチ、急性糸球体腎炎など
4 4型アレルギー 接触性皮膚炎、ツベルクリン反応など
5 5型アレルギー バセドー病、重症筋無力症など

単にアレルギーと言ってもこれだけの種類と症状があり、様々な病気に関係していることが解ります。1型以外のアレルギーでは症状が重症化しやすく、また治療法も確立されていないものが多いもの特徴です。

特に膠原病などの難病は複数のアレルギー型が複雑に関係しており、一概に型を特定することは難しくなっています。

速攻型の反応が特徴のIgE抗体とは

クームス分類を見てみると1型アレルギーの原因である抗体が「IgE抗体」になっています。IgE抗体は即時性のアレルギー症状を引き起こす物質で、一般的に多く見られるアレルギーの原因はこの抗体によるものです。

IgE抗体は外敵である抗原(アレルゲン)ごとに作られる物質で、アレルゲンと結合することで「ヒスタミン」の分泌を促進させます。ヒスタミンの分泌はアレルギー症状である「痒み」「炎症」「血管拡張」などの症状を引き起こします。

つまりアレルギー体質の人の血液には、沢山のIgE抗体が含まれており、それにアレルゲンが結合することでヒスタミンを分泌し、アレルギー症状を起こしていたのです。

アレルギーの出やすい人はIgE抗体の種類と量が多い

IgE抗体はアレルゲンごとに作られており、「スギ花粉のIgE抗体」「ダニのIgE抗体」「乳製品のIgE抗体」などアレルゲンごとに様々なものがあると考えて下さい。

つまり「花粉症はあるが食べ物にはアレルギーは無い」人は、スギ花粉のIgE抗体は持っているがそれ以外の抗体は持っていないことを意味しています。

反対にスギもヒノキもダニもペットにもアレルギー症状が出る人は、それら全てのIgE抗体を持っていることになります。

さらにIgE抗体はその量も問題になります。花粉症があっても症状の軽い人は、IgE抗体の量が少ないことが想定されます。IgE抗体の量が少ないと分泌されるヒスタミンの量が少ないために、炎症などのアレルギー症状も軽くなります。

人によってスギ花粉は軽い症状であっても、シラカバ花粉では症状が重くなることがあります。このケースではスギ花粉のIgE抗体は少なく、シラカバ花粉の抗体を多く持っていることが予想できます。

IgE抗体はあっても量が違うことで、症状の強弱を表していると言えるのです。

一般的にアレルギーと呼ばれているものは1型アレルギーであり、これはIgE抗体の種類と量が重要なポイントとなっていることを理解して下さい。

アレルギー検査を無駄にしないために

先に説明した様々なアレルギー検査は、主に抗体を調べるもので、抗体の種類と量を調べることができます。中には症状の出ていない抗体もあるかもしれませんが、それはあくまで予備軍と思って注意する必要があります。

せっかくアレルギー検査を行っても、意味が理解出来ていないと日常生活で何を注意しなければいけないのかも解りませんよね。

まずは説明した通り「IgE抗体が抗原と結合しヒスタミンを放出し、身体に炎症作用(アレルギー反応)が出る」「アレルギー予防は抗原を体内に入れないことが大切」をしっかり理解して、検査結果を有効に活用して下さい。

重度のアレルギー症状の患者には軽度のアレルギーも出ることが多いようです。
ほとんどアレルギー患者が1型アレルギーを発症しています。

一度は受けておきたいのがアレルギー検査

春に鼻水が止まらない友人がいますが、彼女は花粉症で毎年春には病院で薬を処方して貰っています。そこで私が「何の花粉が酷いの?」と聞いたところ、「花粉としか解らない…」と答えていました。

そう彼女は花粉症で何年も薬を処方されているにも関わらず、アレルギー検査を受けたことがなかったのです。

このようなことは珍しくはなく、検査を受けずに「抗ヒスタミン剤」などの薬を処方されている人は大勢います。これでは抜本的な解決にはならず、アレルゲンを特定することで対処も可能になるのです。

花粉症だと思っていた人が実はダニが原因だったとか、卵アレルギーだと卵を食べていない人が実は小麦アレルギーだったなどの話は珍しい話ではありません。

始めに書きましたが厚生労働省もアレルギー対策の指針として、「自己管理」が重要としています。それを実行するためにはアレルゲンの特定こそが大切なのです。

「彼を知り己を知れば百戦殆からず」との言葉があります。これは「敵を知り自分を知っていれば戦をしても負けることが無い」と言う意味で使われている孫子の言葉です。

最後にこれをアレルギー流にアレンジしてみましょう。「アレルゲンを知り、アレルギー症状を知っていれば改善しないはずがない」

どうですか?やっぱりアレルギー検査は重要ですよね!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る