健康生活TOP アレルギー

【アレルギーの分類】食物アレルギーを中心にアレルゲンを知ろう

アレルギーに悩まされている人は大変多く、その中でも花粉症と食物アレルギーは、とても多くの人に見られます。一方、その症状がアレルギーだとは気づかずに過ごしている人もいるかも知れません。

もちろん現れている症状に病名が付けば、それがアレルギーかどうかはどうでもいいのですが、例えばバセドウ病や一部の気管支喘息、血液型を間違って輸血したときの反応などもアレルギーの一種なのです。

そのようにして見ると、アレルギーであっても生命に関わることが多いと言えるでしょう。現在では、食物アレルギーや蜂刺されによって生命に関わるケースが有ることも、よく知られていますね。

アレルギーとは、は免疫反応の暴走事故

私たちの身体には、外部から異物が入り込んできた時に、それを排除するための免疫システムが備わっています。免疫とは「疫」(伝染性・流行性で悪性の病気のこと)を「免じる」働きという意味です。

一方、その働きの一部が、排除しないで良いものまで排除しようとすることでアレルギーが起こります。つまり、免疫システムが勘違いして暴れているということですね。

▼関連記事
え?清潔すぎたらダメなの?アレルギーの原因と間違った対処法
先進国の衛生仮説とは?我が子をアレルギーにする原因を除去するには

免疫によって炎症が起こる

毎年冬になるとインフルエンザワクチンの予防接種を受ける人も多いでしょう。これは不活化HAワクチンと言う、インフルエンザウイルスの構造の一部を接種しているのです。

そうすることによって、ヒトの免疫システムに「これは外敵だ」と教え、本物のインフルエンザウイルスがやってきたときに間髪入れず攻撃できるように準備しているのです。

一方、アレルギーでは、攻撃対象に含めないで良いものを、たまたま大量に取り込んでしまったために免疫システムがそれを攻撃対象とみなし、2回めにその物質が入ってきた時に炎症反応を起こして排除にかかるのです。

このとき何を排除対象にするかというのは、人によって反応が異なります。それには、遺伝的な要素が関係する場合もあります。しかし、全体としては要因が特定しにくいため、個々の症状に応じて原因究明が行われます。

アレルギーは大別すると2種類

アレルギーというのは「免疫反応によって身体に障害が現れた状態」のことを指します。そして「アレルギーは

  • 液性免疫反応
  • 細胞性免疫反応

に大別される」とされています。

実際にはこの大別された2つの下に、4~5タイプの分類が行われていますが、それは次の章でお話します。

抗原になる異物が体内に入り込んできたとき、自然免疫を担当するマクロファージなどが、それを取り込んで食べてしまいます。そして、その異物をアミノ酸の小さな集まりであるペプチドレベルにまで分解します。

このマクロファージなどは、抗原提示細胞とも呼ばれます。これは分解したものを専用の標識に乗っけて、伝達役であるヘルパーT細胞に「こんなパーツを持ったやつは敵だ」と情報を提示するからです。

この情報を受け取ったヘルパーT細胞は、次に同じ抗原を提示されると活性化して、2つの流れで異物の排除にかかります。

まず、B細胞と言うものに指示を飛ばして、B細胞からその異物に対する専用の抗体を生み出させます。抗体によって異物を攻撃し排除するこの働きを「液性免疫」と言います。

アレルギーでも、この液性免疫に属するものが多いです。花粉症や食物アレルギーも液性免疫によって引き起こされます。

一方、ヘルパーT細胞は、同じT細胞の仲間であるキラーT細胞(細胞傷害性T細胞)にも指示を出します。キラーT細胞は、ウイルスに感染してしまった細胞やがん細胞に接近して攻撃します。

パーフォリンというたんぱく質をターゲットに吹き付けて細胞膜を溶かし、そこからグランザイムというたんぱく質を内部に送り込みます。すると送り込まれた方の細胞は、細胞死に導かれるのです。

この方法だと、感染細胞の中に潜り込んだウイルスも一緒に死んでしまうため、感染が抑えられるのです。自然免疫のナチュラルキラー細胞も、この攻撃方法で異物の排除を行っています。

この免疫反応を細胞性免疫といいますが、実は、この方法でもアレルギーが起こることがあります。有名なのはツベルクリン反応です。また、ウルシにかぶれるのもこのタイプのアレルギー反応なのです。

▼関連記事
あなたのアレルギーはどれ?種類で異なるアレルギー症状と改善法

アレルギーとアトピーは同じ意味

アトピー性皮膚炎という厄介なアレルギー性の病気があります。アトピーという言葉は、もともと1920年台に「異常な過敏反応」という意味で使われたのが始まりです。

一方、アレルギーという言葉はその10年余り前に「変形した反応」という意味で作られた造語です。

さらに、その少し前には生体防御反応の喪失を意味する言葉として、アナフィラキシーという言葉も用いられています。これもアレルギーの話題では必ず出てきますね。

現在では、アトピーはアトピー性皮膚炎に代表される、あるタイプのアレルギーを指し示す言葉として使われています。一方で、アレルギーを引き起こす抗体を作りやすい体質を、アトピー素因と呼んでいるため、少し混乱があるようです。

もちろんアトピー素因があるとアトピー性皮膚炎も起こりやすくなることもありますが、他のアレルギー症状も起こりやすくなりますし、逆にアトピー素因がなくてもアトピー性皮膚炎は起こるので、直結して考えてはいけないものなのです。

そうした関係から、ヨーロッパの方ではアトピー性皮膚炎をアレルギー性皮膚炎と呼び替えるようになっていると言うことです。

アナフィラキシーは、本来アレルギーによって広範な症状が出ることを指す言葉ですが、現在ではその中で最も重症な、ショック症状を伴って生命の危険がある「アナフィラキシー・ショック」と同義語になっているようです。

言葉としてはアナフィラキシーが最初に生まれ、続いてアレルギー、そしてアトピーの順番だったんですね。いずれも20世紀の初め頃のお話です。

アレルギーは4~5タイプに分けられる!メジャーなのはI型

アレルギーは「ゲル・クームス分類」と言う、提唱したお医者さんの名前からつけられた分類法でI(1)型からIV(4)型に分類されています。また、近年別の研究者からの提言として、II(2)型の一部をV(5)型として分離する案が示されています。

今回は、このV型を分離した分類でお話しすることにしましょう。

I型アレルギーが一番メジャーなものである

私達がアレルギーという時にイメージするものは、ほとんどがこのI型アレルギーです。花粉症も多くの食物アレルギーも気管支喘息もこれに当てはまります。先に紹介した液性免疫の代表でもあります。

I型アレルギーは即時反応と言って、アレルゲンが体内に入ってきて15分から30分で皮膚・粘膜症状がピークに達します。I型アレルギーはアナフィラキシー型と呼ばれることもあります。

抗体としては免疫グロブリンE(IgE)が中心になって関与していますが、一部のIgG(短期皮膚感作性IgG・IgG4)も関係しているのではないかと疑われています。

▼関連記事
大人の牛乳アレルギーは治る?原因除去の解除も可能な定期検査の勧め
大人の食物アレルギーの原因や症状は?要注意食品と検査方法
ゼラチンアレルギーに注意!誤ったコラーゲンの摂り方をしない
その疲労感、「グルテン過敏症」かも?自己診断でまずはチェック
食後に運動したら蕁麻疹が!食物アレルギーかもしれないケースとは?

I型アレルギーには、食物アレルギーの多くが含まれますが、食物アレルギーが全部I型というわけではありません。食べて数日後に症状が現れるものはIV型アレルギーで、I型の場合は食べてすぐに症状が出ます。

アナフィラキシー型とも言われますから、例えばそばや小麦、卵などで重篤なアレルギー症状が出るようなものはI型アレルギーです。

また、蕁麻疹やアレルギー性の鼻炎・皮膚炎・結膜炎などもI型アレルギーですので、花粉症はI型アレルギーです。

▼関連記事
猫が大好きなのに猫アレルギー!一緒に住める対策は?

II型アレルギーは個別の病名がつくことが多い

例えば、輸血の際に血液型を間違えて輸血すると大変ですね。大丈夫な組み合わせもありますが、基本的には同じ血液型の血液を輸血するのが基本です。私達にとっていちばん身近なのはABO式血液型です。

これは、例えばA型の人は赤血球の上にA抗原と言うものを持っていて、血液中にはB抗原に反応する抗体βがあります。逆にB型の人では赤血球上にB抗原を持っていて、血液中にはA抗原に反応する抗体αがあります。

このため、A型の人にB型の血液を輸血したり、B型の人にA型の血液を輸血したりすると、抗体によって赤血球が破壊され溶血性貧血という症状が起こり、場合によっては生命に危険が及びます。

このように、細胞が障害されるタイプのアレルギーをII型アレルギーと呼んでいます。

同じ溶血性貧血で自己免疫性のものや、特発性血小板減少性紫斑病のほか、幾つかの病気が知られています。ただ、II型アレルギーはアレルギー性の疾患ではあるものの、「○○アレルギー」という名前のつくことがない物です。

III型アレルギーは糸球体腎炎がメジャーな存在

糸球体腎炎がアレルギー性疾患と言われると、違和感を覚える方もおられるかもしれませんね。でも、アレルギーが大きく関わっているのです。

感染などによって体内に入ってきた異物と抗体が反応して、免疫複合体というものが作られ、これに刺激されて分泌される物質によってI型アレルギーのような炎症反応が起こることもあります。

一方、この免疫複合体が腎臓に沈着すると、糸球体腎炎という病気が引き起こされるのです。そのほか過敏性肺炎やアレルギー性のアスペルギルス症などもこのIII型アレルギーに分類されます。

このアレルギーもII型と同じように「○○アレルギー」と呼ばれることはほとんどありません。

▼関連記事
しつこい発熱!夏場の扁桃腺炎はアレルギーを疑いましょう

IV型アレルギーだけが細胞性免疫反応によって起こる

I型からIII型までと、新しく提唱されたV型は、いずれも液性免疫反応によるアレルギーですが、このIV型アレルギーだけは、細胞性免疫反応によって引き起こされます。

細胞性免疫は、リンパ球が動員されることによって起こるものですから、アレルギーの場合でも抗原が入ってきてからリンパ球が動員され、症状が起こるまでに時間がかかります。このため、遅延型アレルギーと呼ばれることもあります。

▼関連記事
気付きにくい!後から症状が起こる食品アレルギーの疑われるケース
なんとなく体調が悪い……実は「遅発型フードアレルギー」の可能性
秋に急増中の遅延型フードアレルギーは、食生活見直しで改善する!

だいたい抗原が体内に入ってきてから、24時間~72時間後くらいに症状が現れ始めます。アトピー性皮膚炎は、I型とこのIV型の混合型ではないかと考えられています。

また、アレルギーの接触皮膚炎やIII型との関連も疑われる過敏性肺炎も、このIV型アレルギーではないかと考えられています。

さらに、「かぶれ」もIV型アレルギーであることが見られます。化粧品などのほか、うるしかぶれもIV型アレルギーですね。

▼関連記事
ヘアカラーアレルギーでかぶれる!死亡例もある症状と予防の方法は?
カラーリングの恐怖!パラフェニレンジアミンアレルギーで死の恐れも
季節性よりも注意したい通年性アレルギー性鼻炎の予防ポイント8

V型アレルギーはII型の変種

V型アレルギーは、II型アレルギーと同じように、細胞が障害されるタイプのアレルギーです。そのうちホルモンなどの受容体をブロックしてしまうことを、共通要素として持っているものをV型と分類したようです。

有名な甲状腺機能亢進症のバセドウ病や甲状腺機能低下症、一部の高血糖・低血糖、重症筋無力症などがこれに分類されています。

このアレルギーも「○○アレルギー」とは呼ばれないことが多いです。

以上のようなことから、アレルギーの中で○○アレルギーと言う名前で呼ばれるのはI型とIV型がほとんどだと言えるでしょう。

意外な病気がアレルギー性ですね。分類の都合ですが、抗原が外部からくるものをアレルギー性疾患、もともと体内にあるものを自己免疫性疾患と呼ぶこともあります。

アレルギー治療の基本はアレルゲンの特定から

アレルギーによって苦しめられるのは嫌ですよね。ならば、アレルギーが起こらないように原因物質を遠ざけておくことが重要です。

そのためには、何が原因で起こっているのかということを突き止めなければいけません。このアレルギーの原因になる抗原を「アレルゲン」と呼ぶことは、もう一般的になっていますね。

症状で受診して血液検査を受けるのが早道

食物アレルギーのように、何か特定の物を食べたら必ず症状が出るという場合は判りやすいのですが、そうでない場合にはアレルゲンの特定が難しいこともあります。

そうした場合には、血液検査で、まとめて40種類ぐらいのメジャーアレルゲンについての検査が受けられるので、お医者さんに相談してみましょう。

加工食品で表示義務のある食べ物や様々な花粉、ペットや害虫、ハウスダスト、真菌類まで調べられますので、アレルゲン特定の入り口としては最適ですね。

▼関連記事
アレルギー検査は保険適用内?知っておきたい検査項目と費用の話

健康診断のオプション検査の場合では15,000円前後の費用がかかると思われますが、施設によってまちまちですので、あらかじめ調べておいて下さい。

症状が出ている時に、治療の一環として調べてもらった場合の費用については、事前に医療機関に尋ねて下さい。

▼関連記事
アレルギーになりやすい食品とアレルギーを起こす意外な原因

交差反応という厄介な性質も存在する

交差反応というのは、「Aという物質にアレルギーがあるとBという物質でも症状が起こる」と言うものです。このAとBが近縁の物であれば想像もつきやすいのですが、意外に離れた関係のものがあるのです。

割合よく見られるのは「花粉症と口腔アレルギー症候群」です。これは、花粉症のある人のIgE抗体が、野菜や果物に含まれる生体防御物質に反応してしまって症状が現れるのものです。

例えば、スギ花粉症の人がトマトを食べると口が痒くなったり、よもぎ花粉症の人がスイカを食べると口の中がイガイガしたりするものです。これは連想しにくいですよね。

さらに、口腔アレルギー症候群では全身性の症状は出ません。それは生体防御物質は簡単に分解されてしまうため、胃腸ではもうアレルゲンにならないからなのです。

▼関連記事
花粉症と果物アレルギーの原因は同じ!?意外なアレルギーの関係
ゴム手袋をしてアレルギー症状が出る人はマンゴー、メロンにも注意!
香辛料アレルギー、スパイスアレルギーの症状と注意すべき日常品とは
果物を食べたら口がかゆい!口腔アレルギーの症状と危険な食材

ブリックテストやパッチテストも行われる

複数のアレルゲンに対して陽性反応が出るなど、血液検査だけで完全に特定できない場合は、疑わしいものについて、試薬を含んだパッチを当てて貼り付けたり、皮膚に傷をつけて試薬を落としたりするテストが行われる場合もあります。

さらに、薬剤性アレルギーが疑われる場合には、疑わしい薬を少量服用して、症状が出るかどうかの検査をすることもあります。

もちろん医療機関で、体調を見ながら行う検査ですので、安全には充分配慮されるでしょう。

そうしてアレルゲンを特定したら、それを排除する方向で対策を行います。もちろん、その間にも症状が出ますから対症療法によって症状を抑えながら行うことは言うまでもありません。

▼関連記事
秋にも花粉症?秋の花粉症には春とは違う対策が必要になります
息苦しい症状はアレルギーが原因?秋は呼吸器に注意しよう
ダニのハウスダストアレルギーに注意して!夏より秋が危険な理由

花粉症や食物アレルギーでは比較的アレルゲンの特定が楽なことが多いでしょう。一方、アレルギー性の皮膚炎や喘息症状の場合、なかなか見つからないこともあります。

アレルゲンの基本はたんぱく質!あなたのアレルゲンは何?

ほとんどの場合、アレルゲンになるのはたんぱく質です。中には複合糖質や脂質、その他の無機質がアレルゲンになる場合もありますが、そうした場合は、たんぱく質と結びついた上でアレルゲンになることがほとんどです。

いわゆる金属アレルギーでは、汗などに反応した金属が、皮膚のたんぱく質と結びついてアレルゲンになっています。

▼関連記事
金属アレルギーの原因はアクセサリー以外にも!悪化の前に対策を
オシャレもできなくなる辛い金属アレルギーの予防策について
汗をかく時期は要注意!誰でも金属アレルギーになる危険要因は傷

分子量が小さいとアレルゲンになりにくい

たんぱく質でも消化されて、アミノ酸や小さなペプチドにまで分解されると、アレルゲンとしての性質を失います。たんぱく質が一定以上の大きさを保っている場合に、アレルゲンとして機能してしまうのです。

一方、ある程度消化されて小さくなっても、比較的大きな分子の状態のペプチドが吸収されて、それがアレルゲンになることはあるようです。

しかし、アレルゲンになる医薬品などは小さな分子のものが多いです。例えばアレルギー性のショック症状の副作用で知られるペニシリンは、アミノ酸であるグルタミン酸2個分ほどの分子量しかありません。

ですので、そのままではアレルゲンにならないのですが、体内に入って適当なたんぱく質と結びつくと、アレルゲンとしての性質が現れます。

こうしたものをハプテン、結びつくたんぱく質をキャリアと言います。ハプテンになる物質としてはニッケルなどの金属もそうですし、食品添加物にもその可能性が示唆されているものがあります。

さらに最近良く用いられる非ステロイド性抗炎症薬・NSAIDsも、ハプテンとしてキャリアに結びつきアレルギーを引き起こすことが知られています。ケトプロフェン(商品名:モーラステープなど・ジェネリックあり)の光感作性皮膚炎は有名ですね。

▼関連記事
注射のアルコール消毒で赤くなるのはアレルギー反応?代替薬と酒の話

アレルゲンの特定には自分の行動を把握すること

このハプテンのように「こんなものでアレルギーは起こらないだろう」と思えるようなものが、意外にアレルギーを引き起こしていることもあるのです。

ですから、アレルギーの原因を突き止めるときには、先入観無しで、症状が出る直前に触れたもの、自分のいた環境、食べた物をしっかり思い出して下さい。

場合によっては、特定の環境にいた時にだけ現れる場合は、その環境に何かがある可能性もあります。どこかのお店に行った時に必ず症状が現れると言った場合、飲食物だけでなくインテリアや、湿気の多い環境でのカビなどにも可能性が含まれています。

▼関連記事
アレルギー体質の方は要注意!梅雨時期のカビが引き起こす怖い症状
カビでアレルギーが起こりやすくなる。予防と対策のススメ
【閲覧注意】カビ・ダニと共に増殖!アレルギーの原因にもなるチャタテムシ

とは言うものの、アレルギーには必ず「物質」が介在します。例えば光過敏症であっても、何かの薬物を皮膚にのせた事があって、そのことで体内に抗体が作られ、光を浴びることで症状が出ます。

そして、その抗体が体内から消えるまでは、光を浴びるだけで症状が出ます。しかし、最初に薬物という「物質」によって引き起こされているので、これはアレルギーです。

例えばレモンやベルガモットを肌につけて日光を浴びると色素沈着が起こりますが、これは精油成分に含まれるフラノクマリンやその誘導体のもつ光毒性によるものですので、物質が介在してもアレルギーではなく、誰にでも起こり得る症状です。

▼関連記事
さんまやサバで蕁麻疹が!青魚でアレルギーになる、は本当?

一方、そうした薬物などの物質に依らずに起こる光過敏症や温度変化に反応する症状は、患者にわかりやすく説明するために○○アレルギーという言葉が使われることも多いのですが、厳密にはアレルギーではありません。

とは言え、そうしたきっかけになる環境変化を避けたほうが良いという意味では、アレルギーに似ているとも言えるでしょう。

▼関連記事
その鼻水は寒暖差アレルギーかも!花粉症とは違う症状や治療法とは
くしゃみ・鼻水は「風邪」?!実は「寒暖差アレルギー」なのかも?
暑さが厳しい今年は特に注意!寒くなると急増する寒暖差アレルギー
薬を使わずに温度差アレルギーを克服する方法

「あたし、部長アレルギーなのよね~」などという言い方もよくしますが、この場合もきっと、アレルゲンを遠ざけたいという気持ちがあるからなんでしょう。

アレルギー症状で受診するときの心得

アレルギー症状が出た時に、どの診療科を受診した良いかわからないとか、身近にアレルギー科のある病院がないとかの理由で受診をためらう人がおられます。

しかし、診療科というのはあくまで医療機関側の都合でその看板を上げているだけですから、患者は気になった症状に合いそうなところへ出かければ良いのです。もちろん、くしゃみが出たから肛門科へ行ったとか言うのはやめてくださいね。

ほとんどは内科・小児科で大丈夫

これまでアレルギーはなかったのに、なんだか花粉の予報が出始めた頃から、鼻がムズムズするし目も痒いという花粉症のような症状が出たとしましょう。

アレルギー症状で受診した経験がなければ、何科のお医者さんに行ったら良いのか迷いますね。基本は耳鼻咽喉科か眼科なのですが、内科や小児科でも問題ありません。

鼻と目に症状があるので、耳鼻咽喉科と眼科のどちらに行こうか迷っているという場合も、行きやすい方のどちらでも構いません。まずは花粉症であって、なんの花粉に反応しているかを知ることが大事です。

そのことについてはどの診療科でも検査してもらえます。ただ、アレルギー科の看板を上げていても、アレルギーは非常に幅の広い症状ですから、一人のお医者さんが全部のアレルギーを見ることは不可能です。

実際のところ、例えば耳鼻咽喉科でスギ花粉症だと診断された場合、眼科に紹介されて、そちらで目の重症度を測るといった形になることもあります。

花粉症程度であれば、ワンストップで診てもらえることのほうが多くなっているとは思いますが、まだまだ総合アレルギー医師といった人はおられないのです。

ありのままを診てもらうことが正確な診断に繋がる

これはアレルギーだけではなく、すべての病気について言えることなのですが、受診する際にお化粧をすることは良くありません。

お医者さんは顔色や皮膚の状態など、あらゆる情報から患者を診察します。もちろん血液検査や画像診断も大事ですが、初見で患者の顔色を見て、何の検査を選ぶかというのがドクターの腕の見せ所です。

受診の際に、顔色が悪いからとお化粧していたり、肌の荒れがある時にクリームを塗っていたりすると、お医者さんに情報を与えないことになります。

体臭についても同様で、シャワーなどで清潔にしておくことは良いことですが、香料の強いせっけんや、香水・コロンの類を、さらには匂いの強い柔軟剤を使った衣服を付けて受診することは良くありません。

アレルギー症状があるときは、お医者さんには、ありのままの状態を診てもらうことが、正確な診断に繋がると意識しておきましょう。

そもそも、そんな匂いを撒き散らした状態で医療機関へ入ること自体が非常識ですね。世の中には化学物質過敏症で、香料に耐えられないから病院通いをしている人もいるのです。

アレルギー治療と原因除去

アレルギーに対する治療は様々なものがあります。花粉症の治療で行われる減感作療法は、アレルゲンに身体を慣らす治療で、有効性は高いですが、少なくとも2年、一般的には3年以上の時間が必要です。

▼関連記事
卵アレルギーが治るかも?経口免疫療法で卵が食べれるようになる話

同時に、対症療法として抗炎症薬や抗ヒスタミン薬などを使って、症状を軽く済ませる方法も一般的です。

重症の食物アレルギーで、うっかりアレルゲンを摂ってしまったら、アナフィラキシーショックで生命にも関わりかねないと言う場合、非常用の自己注射薬で時間を稼ぎながら救急車を呼ぶと言った対策が取られることもあります。

一方、民間療法や漢方薬を使った「体質改善」が有効である場合もありますが、そうしたことを行う前には一度受診して原因を突き止め、対症療法用のお薬の処方は受けておきましょう。詳しくは関連記事をどうぞ。

▼関連記事
ヨーグルト+蓮根は最強コンビ!花粉症に美味しい対策をしよう!
摂り過ぎでアレルギーに!?リノール酸は体に良い油じゃなかった
アレルギー悪化の原因は植物性油にも!悪化させない摂り方とは
アレルギー体質の方は必読!薬だけではなく正しい掃除方法や生活を!

その他のアレルギー関連の記事は以下からどうぞ。

▼関連記事
天然石鹸は安全か?実は肌への深刻なアレルギーの原因成分が!
敏感肌やアレルギーは自分で作っている?スキンケアの注意点
【アレルギー改善】<唾液力>をつけて免役アップ!
【おうち断食】腸内環境をリセットして<アレルギー>に勝つ!

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る