健康生活TOP 飲酒 【体にいいおつまみ】飲酒の適量と肝臓に優しいつまみに最適な食べ物

【体にいいおつまみ】飲酒の適量と肝臓に優しいつまみに最適な食べ物

まぐろのやまかけ小鉢

忘年会や新年会、結婚式や同級会など「乾杯!」とグラスを傾ける機会は、一年に何回もありますよね。

おめでたい時や皆で集まった時は自然とお酒の量も増え、次の日には二日酔い。こんなに飲まなければ良かったな、なんて思う方も少なくないのではないでしょうか?

また、毎日晩酌をされている方は、健康診断の数値が気になったりはしませんか?健康診断の前日だけ禁酒しても、あまり効果は無いですよ!

そんなお酒を飲みすぎてしまったり、健康診断の数値が気になる方は、お酒の飲み方だけでなく、一緒に食べるおつまみにも気を使ってみてはいかがでしょう?お酒と一緒に楽しむおつまみには、肝臓のダメージを修復したり、悪酔いを防いだりする効果があるものもあるのです!

今回は、そんなおつまみをご紹介します。

お酒で悪酔いしたり肝臓が悪くなる理由はアセトアルデヒドにある

なぜお酒を飲むと肝臓に良くないと言われるのでしょうか?その原因は、お酒が肝臓で分解されることにあります。

お酒は、肝臓に分解される過程で「アセトアルデヒド」という物質を発生させます。このアセトアルデヒドは、人体にとって有害物質なので、吐き気や呼吸を早くしたりするなど影響を及ぼします。

お酒を飲んで悪酔いするのは、このアセトアルデヒドが体内に発生していることが原因なのです。

また、このアセトアルデヒドですが、肝臓が脂肪を分解することを抑制するので、肝臓に脂肪が溜まりやすくなり「脂肪肝」という病気を引き起こします。

これまで説明してきたアセトアルデヒドは、肝臓で生成されると書きましたが、肝臓はアルコールの分解だけでなく、他にも体内で重要な働きをしています。

肝臓の働き

  • 老廃物を代謝する
  • 栄養を貯蔵する
  • 消化を促進する胆汁をつくる
  • 解毒
  • 血液の赤血球の分解や血小板を合成する

アルコールの分解で生じた体内のアセトアルデヒドですが、肝臓でさらに分解されて最終的には人体に無害な、炭酸ガスと水に分解されます。

しかし、日々たくさんの働きを行っている肝臓に、多量のアルコールを分解することは難しいため、肝臓にダメージを与えてしまうのです。また、分解しきれなかったアセトアルデヒドがいつまでも体内に残ってしまうと二日酔いの原因になったりするのです。

お酒の適量って?ビール瓶なら中ビン1本が目安

では、どの程度のお酒ならば肝臓にダメージを与えないのでしょうか?その量は、体重や年齢など人によって異なりますが、一般的にアルコールは分解できる適量があると言われています。

アルコール摂取量の基準とされるお酒の1単位とは、純アルコールに換算して20gです。
この1単位を各種アルコール飲料に換算すると、ビールは中びん1本(500ml)、日本酒は1合(180ml)、ウイスキーはダブル1杯(60ml)、焼酎0.6合(110ml)が目安となります。

体重約60kgの人が1単位のお酒を30分以内に飲んだ場合、アルコールは約3~4時間体内にとどまります。2単位の場合ではアルコールが体内から消失するまで約6~7時間かかります。

 
あくまでも上記の量は目安なので、年齢や体質その日の体調などによって、酔い方に差があります。

自分のお酒の適量がよく分からない方は、ゆっくりしたペースで少しずつお酒を飲むようにしてください。急激で多量の飲酒は、急性アルコール中毒になってしまうことがあり危険です。

肝臓に良い栄養素は7つ!お酒と一緒に食べたいおつまみとは

お酒は飲みすぎないことで、アセトアルデヒドを体内に残さないことが一番です。さらに、一緒に肝臓を保護したり働きを助けたりする栄養素を含んだ食品をとることで、二日酔いや悪酔いを防ぐと良いでしょう。

▼、二日酔いや悪酔いを防ぐ栄養素と食べ物

 

 

 

 

 

タウリン 肝臓の機能を高める
ムチン 肝臓を保護する
メチオニン 肝臓の機能を保つ
タンパク質 肝臓の機能を高める
ビタミンB1 脂肪の代謝を助けるため、脂肪肝を抑制する
ビタミンC 肝臓を傷つける過酸化脂質から守る
ビタミンE 肝臓を傷つける過酸化脂質を分解する

肝臓に良い栄養素を知ったところで、いちいち栄養素を考えておつまみを作ったり注文したりしませんよね。でも実は、居酒屋さんでも定番のおつまみに、これらの栄養素が多く含まれていたのです!

おつまみの代表選手「枝豆」「冷ややっこ」

すぐに出てくるおつまみの代表的なのは枝豆ですね。この枝豆は、タンパク質を多く含んでいるので、肝臓の機能を高めてくれます。

また、タンパク質も動物性のものと植物性のものがあるのですが、お酒と一緒にとるならばカロリーや脂質が抑えることができる植物性タンパク質の方がベストでしょう。

植物性タンパク質が豊富な冷ややっこもおすすめです!さらに、ビタミンB1の吸収を助けるアリシンが含まれるネギと、メチオニンを多く含むかつお節を薬味として一緒に食べると、非常に良い組み合わせになります。

お刺身を食べたいなら「山かけマグロ」や「貝類」

マグロには、タウリンが多く含まれています。そこに、ムチンを含む山かけを一緒にとると、肝機能を保護し肝機能を高めてくれる最強コンビになります。

また、タウリンは貝類に非常に多く含まれているので、サザエや牡蠣、アサリやハマグリなどの貝類をおつまみに選択してください。お刺身が好きな方は、ホタテやバイ貝もタウリンが豊富ですよ。

がっつり食べたい人には「豚肉」がおすすめ

豚肉はビタミンB1が豊富です。がっつりしたおつまみが欲しい時には、豚肉を選択しましょう。ビタミンB1は加熱しても壊れにくい栄養素なので、ポークソテーや生姜焼きなど食べると良いですね。とんかつなどの揚げ物は、カロリーや脂質が多くなってしまうので、避けましょう。

ビタミンB1が豊富な食材に生ハムもあります。ワインに生ハムとチーズは良く合いますが、ビタミンB1が豊富な生ハムとタンパク質が豊富なチーズは、栄養素的にも非常に合っている組み合わせですよ。

さっぱりした味わい「しらすおろし」や「のり」

メチオニンを多く含んでいるしらすに、ビタミンCを含んでいる大根おろしを乗せたしらすおろしは、おつまみに適しています。また、大根おろしは脂肪の消化を助けるジアスターゼという成分も含んでいるので、こってりしたおつまみを食べた後におすすめですよ。

のりもメチオニンを多く含む食材です。薬味として登場することが多いのりですが、たまには、渋く焼きのり単体でお酒のおつまみにしても良いかも知れませんね。

ビタミンEを多く含む食材「ナッツ」「卵」

ビタミンEは、ナッツ類に含まれています。火を通さずに食べることが出来るので、保存のきくおつまみとしても重宝しますね。特にビタミンEは、アーモンドに多く含まれています。

また、卵もビタミンEを多く含む食材です。様々な料理に使われる卵ですが、卵単体で味わう定番のだし巻き卵も良いですね!

肝臓に良い栄養素を含むおつまみは、意外に多いですよね。料理についている薬味は、おいしさだけでなく栄養素的にも良い組み合わせのものが多いのです。意識していたのかは定かではありませんが、おつまみには肝臓に良い食材の組み合わせが多くあります。

楽しく飲んで、健康も守りましょう!

お酒が好きな人や飲み会が好きな人に、それを禁止することは難しく、またストレスにもなりますよね。しかし、お酒を多量であったり長期間飲むことは、確実に健康に悪いことなのです。

お酒を飲むことを禁止するのは難しいかもしれませんが、例えばお酒をロックでなく水割りにしたり、お酒とお酒を飲む間にお茶を飲むなど、飲み方の工夫は出来るのではないでしょうか。

また、同様にお酒のおつまみも肝臓に良い栄養素を含むものを意識してとることで、楽しくお酒を楽しみつつ自身の健康も守ることが出来るのです。今度、お酒を飲むときには、是非ご紹介したおつまみを選んでみてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る