健康生活TOP 飲酒 酒を飲むと起こる筋肉痛!?アルコール筋症の原因と解消法

酒を飲むと起こる筋肉痛!?アルコール筋症の原因と解消法

飲酒寝込む男性

飲酒した翌日に、身に覚えのない筋肉痛の起こったことがありませんか?

運動したわけでもないので不思議ですよね。しかしそういった経験が何度も繰り返されるうちに「どうやら飲酒すると筋肉痛が起こるらしい」と気付く人も多いようです。

この現象には「アルコール筋症」というれっきとした病名もあるのです。あまり聞き慣れない疾患、アルコール筋症が起こるメカニズムと解消法について説明していきます。

中には強く痛む人も…アルコール筋症で起こる筋肉痛とは?

飲酒した時にアルコールのせいで起こる筋肉痛を「アルコール筋症」または「アルコール性ミオパチー」といいます。

これは、アルコールが筋繊維を破壊するために痛みが起こっているのです。ちなみにミオパチー(ミオパシー)とは、筋肉(=ミオ)に起こる障害(=パチー)という意味の用語です。

飲酒がきっかけで次のような症状が起これば、まずアルコール筋症と考えて良いでしょう。

  • 腕や足に筋肉痛が起こる
  • 全身がだるい
  • 関節痛が起こる
  • 体に力が入らない
  • 飲酒中または飲酒した翌日に発症する

アルコール筋症はビタミン不足で起こっていた

酔いの弊害でおなじみの嘔吐や頭痛は、アルコールの分解中に生じる有害な「アセトアルデヒド」が起こす障害で、アルコール筋症が起こるメカニズムとはまた異なります。

アルコール筋症はアルコールを摂取した時に体内のビタミンが一時的に不足して筋繊維の破壊が起こる現象です。

アルコールは体内で分解され最終的に無害な水・炭酸ガスに変わって排出されていくのですが、その過程で大量のビタミンが消費されます。そのため筋繊維の生成に必要なビタミンが不足して筋繊維の破壊が起こるのです。

飲酒で筋肉痛になりたくない!予防法・解消法は?

中には起き上がれなくなるくらいひどい筋肉痛を起こす人もいます。楽しいお酒の後に辛い痛みが待っているなんて、嫌ですよね。

しかしアルコール筋症は簡単に予防したり解消したりすることができるもので、その方法さえ知っておけば心配いりません。アルコール筋症の原因は「ビタミン不足」と「アルコールの摂り過ぎ」です。つまり、

  • 飲酒量を控える
  • ビタミンを補充する
  • 水分を大量に補給してアルコールの分解を促進させる

といった対策によって回避することができます。

飲酒量を控える

まずは、アルコールの摂取量を控えることが一番です。アルコール筋症はアルコールに弱い人や大量飲酒する人ほど起こりやすく、症状も強くなりがちです。

ビタミンを補充する

ビタミン不足を予防するため、飲酒時にはビタミンが豊富なおつまみを一緒にとることをおすすめします。

ビタミンが豊富でおつまみにおすすめしたい食品は

  • 果物
  • 豆類
  • ナッツ類

です。アルコールが分解される際には特にビタミンB1が大量に消耗されます。そのため、ビタミンB1を豊富に含む

  • 豚肉
  • ハム
  • 鶏レバー
  • 大豆製品

を意識して食べるのが良いでしょう。

アルコールの分解を促進させる効果があるという点で特におすすめしたいのは大豆製品の冷奴や枝豆です。カロリーも控え目な食品ですので、おつまみには最適です。

アルコールに強い人でも普段からビタミンが不足していれば、少量のアルコールを摂取しただけでアルコール筋症が起こる場合もあります。

どなたも普段から栄養バランスの良い食生活を心がけ、ビタミン不足にならないようにしましょう。

水分を補給する

水分を補給するとアルコールの分解が早まり、アルコール筋症の予防・解消に効果があります。

飲酒中または飲酒後にはしっかりと水分を補給しましょう。水または体内に素早く浸透するスポーツドリンクがおすすめです。

  • 飲酒はほどほどに
  • 豆類・ナッツ類・冷奴などの大豆製品・豚肉をおつまみに
  • 飲酒時、飲酒後には水分を補給する

で予防・解消しましょうね。

冷奴や枝豆はおつまみの代表格と言えますが、理にかなっていたんですね~。私は冷奴に練り梅を乗せて食べるのが好きです。

筋肉痛はすぐに治るけど飲酒の常習で慢性化する恐れも

飲酒によるアルコール筋症は急性の一時的な疾患で、筋繊維の損傷も軽いのでそれほど心配する必要はありません。

しかしアルコール摂取を長期間続けていると、慢性アルコール筋症に陥いりやすくなります。

筋肉が痩せ衰えたり全身の倦怠感が続いたりと、急性よりも症状は重くなるので注意が必要です。

ちなみにアルコール依存症患者の約半数が慢性アルコール筋症を引き起こしているともいわれています。

謎の筋肉痛の原因が分かってひと安心…しかしお酒はほどほどが一番!

運動していないのに起こる筋肉痛の謎が解明して、スッキリした方もいるのではないでしょうか。

私自身も以前は飲酒すると腕がズキズキ痛むため、自分は特異な体質なのかと心配していました。しかし意外と多くの人が経験していると知ってからは安心し、気をつけて飲酒しております。

アルコール筋症はすぐに治せる筋肉痛でもありますが、アルコールそのものは肝機能の低下や生活習慣病などさまざまな病気のリスクを高めるものです。お酒は、飲み過ぎに注意し上手に付き合っていくようにしたいですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る