健康生活TOP ニキビ 残暑厳しい季節に出来るニキビを改善する3つの習慣とは?

残暑厳しい季節に出来るニキビを改善する3つの習慣とは?

shutterstock_815532942

ジメジメした環境を好むニキビ!暑い夏が終わりスキンケアも怠りがちになる残暑や、秋へと移り変わる今の季節、実はニキビはこのような季節の移り変わり目が大好きなのです。

ということで、夏の終わりや秋の始まりという季節の変わり目にニキビを出来やすくしてしまうNG習慣と、このニキビを改善する習慣をご紹介します。

夏や夏の終わりにやってしまいがちなニキビを出来やすくするNG習慣3つ

ただでさえ肌トラブルのおこりやすい夏や、秋に切り変わるいわゆる季節の変わり目に、ニキビがを出来やすくするNG習慣をしてしまえばニキビがぽつぽつと現れるのも当然といえるでしょう・・・。

うっかり当てはまってしまっていないか、あなたの生活を振り返ってみてくださいね。

暑いからと言って冷たいものばかりを摂ってしまう

暑い季節などは特に、汗をかいたり火照った身体を冷やそうと、つい冷たいものを好んで摂取しようとしてしまいます。しかし、高い体温状態の中で冷たいものが急に胃腸に運ばれると、胃腸も急激な冷えに収縮を起こし、胃腸の働きを弱めてしまいます。

そうなると消化作用も弱くなり、体内に老廃物が溜まりやすくなります。そして、腸内に残った老廃物は血管に運ばれ、毛穴から皮脂を出すタイミングで、一緒に体内の老廃物も排出されるようになります。

この流れの中で老廃物が毛穴につまってしまうと、ニキビや吹き出物という厄介な現象を引き起こしてしまうのです。

空調がよく効いているところで長時間過ごす

2点目のNG習慣は、空調が良く効いている環境下で日常を過ごしてしまう事です。特に暑い季節は、冷房が効いた室内に長時間いることが多くなりますが、そのような環境下に長時間いると、皮膚表面に存在する角質層の水分が蒸発しやすくなるため、お肌の乾燥を招いてしまいます。

お肌の乾燥はやがて、毛穴付近の角質層によって毛穴をふさいでしまう現象を呼び込み、それによってニキビや吹き出物を発生させてしまいます。

シャワーだけで済まして湯船につからない

3点目のNG習慣は、お風呂で湯船を利用しない事です。暑い季節は汗を大量にかくためこれをスッキリ流したくなりますが、更に汗が噴き出るような湯船にゆっくり浸かるという行為を好む人が極端に少なくなり、手軽なシャワーだけで済ませてしまう人が多くなります。

すると、身体の中から温まる事が出来ず代謝も向上しないため、毛穴の中に潜む汚れも外に出て来にくくなり、これがニキビや吹き出物の原因となってしまうのです。毎日シャワーだけ、という行為は思っている以上にお肌のトラブルにつながってしまいますよ。

夏や季節の変わり目に二キビが出来にくくする生活習慣とは?

1242

では上記にて挙げた3点のNG習慣はどのように改善すればよいのでしょうか?答えは思っている以上に簡単です。NG習慣の逆を考えれば良いのです!

まず1点目の暑い夏に冷たいものを摂取する、ですが、これの逆である、身体を内側から温めてくれるような温かい飲み物を好んで飲むようにすればよいのです。

胃腸の働きも正常化し、ニキビを防ぐことが出来るでしょう。朝起きてからや寝る前にだけでも、毎日温かい物を摂って、意識して冷たい物だけにならないようにしてくださいね。

冷房を利用したり扇風機を利用する事をゼロにするのは難しいかもしれませんが、そのような環境下にいると夏であっても意外と肌は乾燥している、と認識し、肌の保湿をたもつお手入れをしてあげることで乾燥を防げるでしょう。

また、暑くて汗をかくのが嫌だ!という理由だけで湯船につかって身体を温める行為を拒否するのではなく、1日5分程度でも良いので湯船につかり、体内から温めてください。ぬるま湯(37~40度)でも効果はあります。

残暑厳しい季節のニキビなどの肌トラブルは非常に厄介ですが、このようなNG習慣を避け、逆にニキビが出来にくくなる生活習慣を取り入れましょう。ニキビが住みにくい身体をつくり、季節に振り回されない美肌を手に入れてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る