健康生活TOP ニキビ 背中のぶつぶつ!背中ニキビの原因と早くキレイに治すための治し方

背中のぶつぶつ!背中ニキビの原因と早くキレイに治すための治し方

きれいな背中

ドレス、水着、背中の大きく開いたファッションが似合うのは、毛穴の目立たないスベスベの背中です。

ところが着ようと思った肝心な時、背中に広がったニキビを発見することも…。「しまった、お手入れしておけばよかった!」と慌てても、もう遅いですよね。

背中のニキビは顔のニキビほどあまり意識されることもありませんが、一度できると治るまで少し時間がかかることもあるので、予防と早めの対処はとても大切なのです。顔のニキビとはまた違う背中ニキビの原因、直し方について説明してみたいと思います。

カビも原因に?背中は2タイプのニキビが出やすい場所

顔は1日に何回も鏡でチェックするので、1個でもニキビがあればすぐ気づきますが、背中は見えないのでニキビが出ているかどうかなんてあまり気にしないことが多いものです。

ある時お風呂などで自分の背中にニキビのブツブツが出ていていることを知り、そこで初めて慌てる…ということが多いのではないでしょうか。

実は、顔の次にニキビが出やすい場所は背中なんです。

顔とニキビの原因は同じで、背中は皮脂の分泌が活発なため毛穴に皮脂や汚れが詰まってニキビができやすいのです。また、背中は角質が厚く皮膚が硬いので毛穴が広がりにくく、皮脂が詰まりやすくなります。

背中ニキビは、皮脂でふさがった毛穴の中に「アクネ菌」または「マラセチア菌」が増殖するために起こります。

アクネ菌とマラセチア菌は、誰の皮膚にも存在する皮膚常在菌の一種です。

どちらも普段は、ほかの皮膚常在菌とバランスを取り合いながら肌を弱酸性に保ち、肌を皮膚病から守っています。

脂質を好む性質があるため、皮脂の分泌が活発になると毛穴の中に侵入します。

その時に体の免疫反応として放出される炎症性物質「サイトカイン」が毛穴に炎症を起こします。これが「ニキビ」の赤みや化膿の原因です。

顔のニキビはアクネ菌が原因で起こりますが、背中のニキビのほとんどはマラセチア菌によるものです。

マラセチア菌で起こるニキビは、アクネ菌で起こるニキビ用の治療が効かないんです。背中にニキビができたら、どちらの菌が原因なのか確認してから治療する必要があります。

顔のニキビと同じ、アクネ菌が原因で出る背中ニキビ

赤く腫れるニキビ、触ると痛い背中ニキビはアクネ菌によるニキビの可能性があります。

アクネ菌は、脂質を好み酸素を嫌う性質があります。そのため、皮脂の分泌が過剰になって毛穴がふさがると、酸素が入らず脂質が豊富な状態になるので、アクネ菌が喜んですみついてしまいます。

アクネ菌が原因で起こるニキビは、いわゆる思春期に出る一般的なニキビ「尋常性ざ瘡」です。

皮脂の分泌が活発になる思春期にはほとんどの人がニキビを経験し、大人になると自然と出なくなります。中には、大人になってから皮脂の分泌が過剰になって「大人ニキビ」の出る人もいます。

アクネ菌による背中ニキビの症状

背中にできるニキビは顔のニキビと同じです。

初期はアクネ菌が炎症を起こしていない小さな「白ニキビ」「黒ニキビ」の状態で、痛みやかゆみはありません。

しかしアクネ菌が毛穴に増殖して炎症を起こすと大きく腫れる「赤ニキビ」、化膿を起こす「黄色ニキビ」に。そして凸凹した跡の原因となる重症の「紫ニキビ」進行していきます。

アクネ菌が原因で起こるニキビはこのように進行度によって炎症度が異なるので、ニキビが出ている時にはニキビの大きさや色もバラバラということがあります。

背中ニキビは、手で触った時の肌のブツブツ感や触れた時の圧痛で気づくことが多く、その段階ではアクネ菌が炎症を起こした赤ニキビに進行している可能性が高くなります。

アクネ菌による背中ニキビの治療法

白ニキビや黒ニキビは毛穴を清潔に保てば、皮膚のターンオーバーによって自然に治せることもありますが、赤ニキビより重症の場合はアクネ菌の増殖を抑える抗菌薬で炎症をしずめる治療が必要になります。

背中のニキビは「マラセチア毛包炎」の可能性が高い

マラセチア菌で起こるニキビには「マラセチア毛包炎」という病名があります。ですから正しくはニキビとはまた別の病気ということになります。

毛包炎とは、毛包(毛穴の中にある毛根を包んでいる組織)に細菌が感染して炎症を起こす病気です。

マラセチア菌は、ヒトの体幹、頭部、首などにいる真菌の一種です。真菌はカビの仲間なのですが、マラセチア菌は誰の皮膚にも当たり前のように存在していて、アクネ菌同様に増殖しなければ体に悪い影響を及ぼすものではありません。

しかしマラセチア菌は蒸れた環境を好んで増殖する性質があり、皮脂や汗で肌が蒸れるとアクネ菌と同じメカニズムで毛穴に増殖して炎症を引き起こすようになってしまうのです。

背中は、皮脂の分泌が活発な上に面積が広く、汗腺の数も多いので発汗量が多い場所です。服を着ているのですぐに蒸れ、マラセチア菌が増殖しやすくなっています。

マラセチア毛包炎は、汗で蒸れやすい夏に多発しているのですが、近年は冬でも暖房で温かいので季節はあまり関係なくなっているのかもしれません。

年齢関係なく発症します。スポーツをする人、更年期障害で背中に汗をかいてしまう女性も発症しやすいようです。

また背中は目につきにくいことから、予防に意識が届きにくいことも発症の原因につながっています。

マラセチア菌は5種類あり、どの菌も数が増え過ぎると皮膚に炎症を起こす可能性を持っています。中でもマラセチア・ファーファという菌が増殖して毛穴に入った時には、免疫反応によってサイトカインが炎症を起こし、マラセチア毛包炎に進展しやすくなります。

マラセチア毛包炎の症状

毛穴にできる赤いポツポツは、アクネ菌による通常のニキビによく似ています。しかし、よく観察すると通常のニキビとは少し症状は異なることが分かります。

マラセチア毛包炎の症状

  • 発疹はニキビより小さく、先端に少し光沢がある
  • 均一な大きさの発疹が分布する
  • 背中、胸、肩、二の腕に出やすい
  • かゆみは少ないことが多い

マラセチア毛包炎の治療

マラセチア毛包炎を治療するには、増殖し過ぎたマラセチア菌を殺菌する必要があります。ただしマラセチア菌はアクネ菌と違うタイプの菌なので、通常のニキビ治療をしても症状は改善されません。

マラセチア毛包炎かもしれないと思ったら、皮膚科を受診しましょう。抗真菌薬(抗カビ薬)を処方してもらう必要があります。

マラセチア毛包炎かどうかは見た目でもわかることがありますが、マラセチア毛包炎と判断するには、皮膚科で発疹の組織を顕微鏡で観察し中にマラセチア菌の姿を確認する必要があります。

マラセチア毛包炎の治療には、ニキビ用の抗菌薬とは全く異なる、イミダゾール系の抗真菌薬「ケトコナゾール」などの外用薬を用います。発疹が多発している場合には「イトラコナゾール」などの内用薬も処方されます。

洗い過ぎやストレスも大いに影響!背中ニキビができる原因は

アクネ菌やマラセチア菌によって背中ニキビができる主な原因は次の3つです。

  • 皮脂の過剰分泌
  • 毛穴の汚れ
  • 洗い過ぎ

背中ニキビに、生まれつきの体質はあまり関係ないのですね。実は、私達は生活習慣や間違ったお手入れによって、これらニキビの原因を作り上げていることが多いのです。

背中のニキビを予防・治療するためにはニキビ用化粧品や薬での対処が有効なのですが、その前に生活習慣や肌のお手入れ法を見直し、ニキビの原因をなくしていくことが必要となります。

皮脂の分泌が過剰になる理由

背中は体の中でも皮脂腺が発達している場所なので、個人差はあるのですが誰でも皮脂の分泌は活発になります。

皮脂が活発に分泌しても、入浴などで体を清潔にしていれば毛穴が詰まってニキビが出ることはありません。

皮脂の分泌量は体調によっても変化するもので、男性ホルモンの影響や栄養の偏りが原因でも一時的に過剰分泌が起こりやすくなります。

男性ホルモンの影響
男性ホルモンの分泌量が増えると皮脂の分泌が過剰になり、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

男性ホルモンは男女の体で分泌されており、男性は分泌量が多いので女性よりニキビが出やすくなります。一方、女性は男性ホルモンの分泌量はわずかですが、ホルモンバランスが乱れやすく、男性ホルモンの分泌量が増えるとニキビができやすくなります。

「男性ホルモンの分泌量が増える=男らしさ」とは限りません。男女ともストレスを受けると皮脂が活発に分泌されるようになるのです。

私達の体は、ストレスを感じると抗ストレスホルモン「コルチゾール」の分泌量が増えたり交感神経が緊張したりして、男性ホルモンの分泌が刺激されるようになっているのです。

要は「ストレスがニキビを作る」ということになりますね。

栄養の偏り
食事の栄養バランスが偏っていると、皮脂の分泌が過剰になってしまうことがあります。

まず、摂取不足に注意したいのはビタミンB2・B6です。

これらの栄養素は、食事から摂取した脂質を効率良く代謝し、摂取した脂質が皮脂になるのを抑制する作用があります。そのため不足すると代謝できなかった脂質が皮脂にまわり、ニキビができやすくなってしまいます。

油っぽい物の食べ過ぎはニキビの原因になると言われますが、もちろん、食べ物から摂取した油がそのまま毛穴から出てくるわけではありません。

摂取した脂質の代謝に大量のビタミンB2・B6が消費されるため、油をたくさん摂取するとビタミンB2・B6が不足し、代謝しきれなくなった脂質が皮脂に変わりやすくなるのです。

また、糖質(甘い物、パン、ご飯、麺類など)の大量摂取も皮脂の過剰分泌につながります。

糖質の代謝にはビタミンB1が必要なのですが、ビタミンB1は脂質の代謝にも関与しているため、糖質を代謝でビタミンB1を消耗してしまうと脂質が代謝されず体内に余りやすくなってしまいます。

ビタミンB群は水溶性で尿と一緒に排出されやすく、比較的不足しやすい栄養素です。外食、ファストフード、スナック菓子などをよく食べる人は不足しやすいので注意が必要です。

毛穴の汚れが溜まる理由

背中は汚れが溜まりやすい場所なので、お手入れが不適切だとすぐ毛穴が詰まってニキビに変わってしまいます。

背中は見えにくく洗いにくいので、汚れが残りがちな場所です。体をよく洗わない人は肌に皮脂や古い角質が残って毛穴が詰まりやすくなります。

また髪を洗った時にはシャンプーやトリートメントのすすぎ水が背中にかかりやすいので、その時に背中をよく洗い流しておかなければシャンプーなどに含まれる成分が肌に残ったままとなって、毛穴の詰まりの原因になってしまいます。

洗い過ぎが背中ニキビに良くない理由

毛穴を清潔に保つことはとても大切なのですが、洗い過ぎもかえって良くないのです。

洗い過ぎると肌の保湿に必要な皮脂まで洗い落としてしまい、乾燥してしまいます。皮膚は、油分が欠乏すると肌を保湿しようとして皮脂を分泌させます。

そのため洗い過ぎて乾燥すると皮脂の分泌量が多くなり、かえって毛穴が詰まりやすくなる場合があるのです。

また、洗い過ぎによって皮膚のpHが変わってしまうと、皮膚に常在する善玉菌と悪玉菌のバランスが変わり、アクネ菌やマラセチア菌のような悪玉菌が増殖してしまいやすくなるのです。

良かれと思ってしっかり洗っているはずがニキビの原因を増やしてしまうことになるので、洗い過ぎにはくれぐれも注意が必要です。

正しいお手入れが必要!背中ニキビを早くキレイに治すには

背中ニキビを早くキレイに治すには

  • 治療で炎症を抑えること
  • 肌をニキビのできにくい環境に改善すること

の2点がポイントです。基本的には、顔にできるニキビの治し方と同じです。

ただ、背中はお手入れがしにくい場所なので、意識しないと行き届かない可能性が出てきます。大切なお顔と同じくらいの意識をかけ、丁寧に対処していきましょう。

背中は角質が厚くターンオーバーに時間がかかりやすい場所なので、焦らず根気よくニキビを治していってくださいね。

背中ニキビの対処法:薬で治療する

適切な治療を始め、少しでも早く背中ニキビの炎症をしずめます。

ニキビは小さいうちのほうが治りやすく、炎症が進むと組織の損傷が深くなって跡が残りやすくなってしまうので、放置するのは良くありません。

一番良いのは皮膚科を受診してニキビの原因を特定し、アクネ菌またはマラセチア菌を殺菌する薬を処方してもらうことです。

特にマラセチア毛包炎は自然治癒や市販薬での治療が難しい病気なので、受診は必要です。

毛穴に均一な小さいニキビが出ているようならマラセチア毛包炎の可能性が高いので、皮膚科を受診して抗真菌薬で治療してください。

マラセチア毛包症治療中の人は、真菌に対して抗菌効果を持つ市販のボディソープ(持田製薬持田ヘルスケア「コラージュフルフル」など)を使うと、より効果的です。

アクネ菌による通常の背中ニキビならば、白ニキビや黒ニキビは適切なスキンケアで、軽症の赤ニキビは市販薬によるセルフケアで治すことも可能です。

ただし、腫れて痛む重症の赤ニキビ、黄色ニキビ、紫ニキビはセルフケアでキレイに治すことが難しいので皮膚科で適切な治療を受けるようにしてください。

マラセチア毛包炎の治療は1~2ヶ月間、通常の背中ニキビは症状にもよりますが、早ければ1か月以内、それより時間のかかる場合は半年以上に及ぶ場合もあります。

背中ニキビの対処法:正しい方法で背中を洗う

背中ニキビの出やすい人は、背中の洗い残しによる毛穴の詰まりが原因になっていることが多いのです。

ちょっと間違った入浴法が背中の洗い残しにつながっています。背中ニキビ対策のための正しい体の洗い方をおさらししておきましょう。

丁寧に洗う
背中は面積が広く平坦なので「ゴシゴシゴシ、終わり!」といった感じで大ざっぱに洗ってしまいがちです。しかし手が届きにくい場所なので、それではどうしても洗い残しが起こりやすくなってしまいます。

背中ニキビを予防するためには、首、肩、腕、肩甲骨周辺、腰とパーツごとに意識しながら、ゆっくり丁寧に洗いましょう。

体の上から下に向かって、手のひらまたは絹や木綿の柔らかいタオルによく泡立てた石鹸の泡をつけ、ゴシゴシこすらずにやさしく洗います。

手で洗うのが一番おすすめです。手では洗いにくいかもしれませんが、右の手、左の手、と洗いやすいほうの手を使いながら、時には手首を裏返して手の甲で背中を洗うと、意外と広範囲に手が届きます。 お試しください。

すすぎも丁寧に行なってください。

洗い過ぎも禁物
洗えていなくても洗い過ぎても、背中ニキビには良くありません。毛穴の皮脂を洗い落とすことはとても重要ですが、逆に洗い過ぎると肌の保湿に必要な皮脂まで奪って乾燥を招き、皮脂の過剰分泌を引き起こすことにつながってしまいます。

洗い過ぎの原因の多くは、ナイロンタオルやブラシによるこすり洗いです。汚れはしっかり取れますが、硬い素材で肌を強く摩擦するため角質層や角質層に含まれる皮脂といった肌のバリア機能に必要なものまで落としてしまいます。

背中は皮膚が厚くて固く、多少こすっても痛くないのでついゴシゴシこすってしまいがちです。また男性は汗や皮脂の分泌が活発なため「背中は硬いナイロンタオルで洗い上げないとスッキリしない」いう人も多いようです。

しかし汗はお湯で洗い流すだけで、肌の汚れはこすらず石鹸の泡でやさしく撫で洗いすれば落とせますので、こすり洗いは特に不要なのだと覚えておきましょう。

「どうしても背中のザラツキが気になり、こすり落としたい」という場合は1週間に1回程度、麻や綿など天然素材のタオルを使って背中の「垢すり」をする程度にとどめましょう。

その場合は、湯船に15分くらいつかって角質を柔らかくしてから、快い強さで背中を一周こすります。 入浴後は十分な保湿が必要です。

こうした角質除去は適度に行えば、血行促進とターンオーバーを高め、ニキビのできにくい肌に導くことも期待できます。(炎症のある時は 控えてください。)

熱いお湯を使わない
熱いお湯は肌の保湿に必要な皮脂を奪い乾燥をまねくので、ニキビが出る人は特に使わないようにしたいものです。

シャワーや湯船の設定温度は40℃以下がおすすめです。冬など気温が低くてぬるめのシャワーで体を洗うのが寒いと感じる場合は、先に湯船にじっくり浸かって体を温めておくと良いでしょう。

体は最後に洗う
体を洗った後にシャンプー・トリートメントをしている人はいませんか?シャンプーなどの成分が背中に残り、毛穴の詰まりを悪化させてしまいます。

先にシャンプー・トリートメントを済ませてから、体を洗いましょう。体を洗う順番は、体の上から下に向かって足先が最後です。

その際は背中にシャンプー・トリートメント・石鹸の泡が残らないよう、入念に洗い流してください。最後に背中を指で撫でて、ヌルヌル感が残っていないかチェックすることをおすすめします。

背中ニキビの対処法:肌を保湿する

背中は顔に比べ、あまりお手入れの意識が届かない場所ですが、にきびが気になる人は、背中も丁寧にスキンケアをしましょう。

大切なのは保湿です。乾燥を防ぎ、硬くなりがちな背中の角質を柔らかくして、皮脂による毛穴の詰まりを防ぎます。

背中はべたつきやすいのですが意外と乾燥も起こりやすい場所。特に乾燥しやすいのは体を洗ってお風呂から出た後なので、入浴後は顔だけでなく背中もすぐに化粧水をつけておきます。

ニキビの出ている人は、ノンコメドジェニック化粧品(ニキビ用の化粧品)を、ニキビを予防したい人は低刺激性で保湿力の高い化粧水を使いましょう。 マラセチア毛包炎対策としては、胸や肩もケアするのがおすすめです。

保湿するといっても、皮脂腺の多い背中に油分の多いボディクリームを塗ると毛穴が詰まりやすくなってしまい逆効果です。毛穴に油分が詰まりやすくなるので背中ニキビ対策には、化粧水かボディミルクがおすすめです。

背中ニキビの対処法:ホルモンバランスを整える

皮脂の分泌を活発にする男性ホルモンの分泌も抑えましょう。

男性ホルモンの分泌を促進しているのはストレスです。ストレスの解消法を見つけて実践し、ストレスが溜まらないようにしていきましょう。

また、規則正しい生活、十分な睡眠、適度な運動もホルモンバランスの安定には欠かせません。

ホルモンバランスは形が目に見えないので、自分の体でどのようにはたらいているのかピンとこないと思いますが、こういった基本的な健康管理を心がければ自然と体全体の調子が良くなるものです。肌が持つ治癒力も高まるので、是非生活習慣を見直してみてください。

背中ニキビの対処法:栄養バランスの良い食事を

背中ニキビの出やすい人は、規則正しい食生活を心がけ、栄養素ではビタミン・ミネラルをしっかり摂取しましょう。

ニキビ対策におすすめの栄養素は次の食品に多く含まれています。

栄養素 食品名 効能
ビタミンB2
  • レバー
  • 納豆
  • まいたけ
  • 脂質の代謝を促進させる

(脂質の摂取量が多いほど必要になる)

ビタミンB6
  • レバー
  • まぐろ
  • 鶏ささみ
  • 牛肉
  • たんぱく質・脂質の代謝を促進させる

(余分な脂質が蓄積するのを防ぐ)

ビタミンC
  • ピーマン
  • キウイフルーツ
  • イチゴ
  • かんきつ類
  • コラーゲンの生成を促進させる
  • ストレスに抵抗する力を高める
ビタミンB1
  • 豚ヒレ肉
  • レバー
  • 玄米ご飯
  • えだまめ
  • 糖質、たんぱく質、脂質の代謝を促進させる

(糖質の摂取量が多いほど必要になる)

亜鉛
  • 牛肉
  • 牡蠣
  • レバー
  • ホルモンバランスを整える
  • ターンオーバーを促進する

食生活では、皮脂の分泌を活発にする刺激物(カフェイン、香辛料、お酒、煙草)も控えましょう。

糖質、脂質が直接皮脂に変わることはありませんが、ビタミンB1・ビタミンB2・B6が不足すると皮脂の分泌が抑制できなくなるので、糖質や脂質の多いスイーツの食べ過ぎにも注意してください。

背中ニキビの対処法:通気性の良い衣服を着る

マラセチア菌の増殖を防ぐため、通気性の良い衣服を選んで体の蒸れを抑えます。

肌着は肌触りが良く通気性の良いものを。綿100%の肌着がおすすめです。

「ヒート○○」など蓄熱性の高い肌着は化繊なので、人によっては乾燥または逆に蒸れを起こし冬の背中ニキビを引き起こす可能性があります。個人的な感想でも、やはり化繊より綿のほうが肌の調子はかなり良くなるので、綿肌着への切り替えをおすすめします。

また肌にフィットした服、締め付けるようなデザインの服も蒸れの原因になるので、ニキビ対策のためには通気性の良いゆったりめのデザインの服を選ぶようにしましょう。

背中ニキビに縁のない背中美人を目指してお手入れを!

今すぐに背中を露出する機会がなくても、背中はニキビができやすく治りにくい場所なので、普段から背中のニキビ対策も忘れないようにしましょう。

「バックシャン」というちょっと古い言葉をご存知でしょうか?現代では「後ろ姿だけは美人」という皮肉的な使われ方もあるようですが(笑)、もともとは昭和初期に流行した「後ろ姿も美しい」という意味の誉め言葉なんです。

背中がきれいな人って素敵だと思います!背中美人を目指して(男性も)背中をお手入れしてくださいね。 

キャラクター紹介
ページ上部に戻る