健康生活TOP ニキビ 場所によって違うニキビの原因と対策を解説!正しいケアで美人肌

場所によって違うニキビの原因と対策を解説!正しいケアで美人肌

shutterstock_1951136962

誰しも一度や二度は『ニキビ』に悩まされた経験があるのではないでしょうか?

一言にニキビと言っても、できる場所によって原因や対処法が異なり、間違った処置を行えばそのトラブルは悪化してしまう可能性が大なのです!

あなたはなんとなくで対応していませんか?しっかり正しいケアをして、もうニキビに悩まないお肌づくりをしましょう。

ニキビは立派な皮膚疾患!甘く見ちゃいけません

shutterstock_1339672672
そもそもニキビとは何なのでしょうか?10代の頃に悩まされる方が多いので『若さのシンボル』と軽く捕らえられがちです。

ですが実はこのニキビ、立派な皮膚の疾患です。ニキビの正式名称は『尋常性ざ瘡』と言います。

いわゆる青春ニキビは成長期で皮脂分泌が過剰になることで毛穴が詰まり、炎症を起こしている状態です。13~18歳位の年代に多く見られます。

それ以降のニキビはホルモンバンスの崩れや食生活や体調のによってできることがほとんどです。

それではさっそく、場所ごとのニキビについて見ていきましょう。

顔にできるニキビ

  • おでこ
体にできるニキビ

  • 背中・胸
  • お尻

顔にできるニキビ

shutterstock_1379613532
ニキビができる頻度が最も多いのはやはり顔です。顔の中でも部位によって異なる原因が考えられることをご存知ですか?

ニキビができる場所ごとにその原因と対策法を紹介していきます。

おでこ

おでこのニキビで考えられる原因は、

  • 前髪の長さや汚れ
  • シャンプーの洗い流し不足
  • 整髪料の影響
  • 胃腸の不調

などです。前髪が長めの方は特にニキビができやすいので注意が必要です。

対策法としてはなるべく前髪を短く、そして清潔を心掛けることです。整髪料も控え目にし、痒みやニキビなどの症状が出たらすぐに使用を中止しましょう。

自宅にいる時やスポーツ時はヘアバンドやピンで前髪をまとめておくのも有効です。

頬にニキビができた場合は胃腸の不調が原因となっている可能性が考えられます。

暴飲暴食や便秘の心当たりはありませんか?また脂質の多い食事をした場合も頬ニキビとなって現れることがあります。

対策法は食生活の改善です。バランスの良い食事を心掛けチョコレートなど脂質の多い食べ物は控え目にします。頬のニキビや肌トラブルはすぐに現れるので分かりやすいです。ニキビができたらここ数日の食事内容を振り返ってみましょう。

頬杖えや頬を触る癖がある方は、なるべくそのような行為を控えましょう。手の平には様々な汚れや雑菌が付いています。そのような手で頬を触ると当然ニキビができやすくなり、また既にある場合は悪化の恐れがあります。

鼻ニキビの原因は

  • 毛穴の詰まり
  • 不衛生
  • 化粧品の影響
  • 内臓の不調

が考えられます。つい鼻を指で触ったり毛穴の詰まりを押し出すクセはありませんか?鼻が不衛生な状態だとニキビができやすくなります。

対策法はしっかりと洗顔をして清潔を心掛けることです。お化粧をしている場合はクレンジングも忘れずに行います。

普段から鼻を触るクセがある人はニキビができやすいので直していきましょう。

あご

あごにニキビができる人も多いと思います。
あごニキビの原因は

  • ストレス
  • 寝不足
  • メイクの落とし忘れ
  • 不衛生
  • ホルモンバランスの乱れ

などが考えられます。男性の場合はあごにニキビができやすい傾向にあります。

対策はあごまでしっかりとメイクを落とすことです。あごはつい見落としがちなので普段から意識して洗いましょう。

また頬杖えやあごを触るクセを直すだけでも、あごニキビの改善を期待することができます。

体にできるニキビ

shutterstock_746589132
ニキビは顔だけでなく体中の様々な部分に発生します。そしてこちらもニキビができる場所によって原因も対処法が異なってきます。

背中・胸

背中や胸のニキビを気にしている女性は大変多いと思います。背中は自分では見つけにくい場所なので余計に気を遣いますね。

特に水着やキャミソールを着ることの多い夏場になると気になって仕方ないという方も多いのではないでしょうか?

背中や胸は皮脂の分泌が盛んな部位なので、毛穴が詰まりやすくニキビができるリスクも大変高いです。夏場には大量の汗をかくので蒸れてニキビが余計に増殖しやすくなります。ボディーソープや日焼け止めの影響も受けやすいです。

対策法としてできることは、

  • こまめに汗を拭くこと
  • 通気性の良い下着を着ること
  • しっかりと体を洗い流すこと

など。日焼け止めやボディソープを十分に洗い流せていないとニキビにもなりやすいので注意しましょう。

首のニキビは成人女性に多く見られます。
原因は

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 化粧品やボディケア用品によるもの
  • 紫外線

などが考えられます。首に日焼け止めやファンデーションをつける機会が多い方はニキビができるリスクも高いです。

首に日焼け止めや化粧品をつける方は、首までしっかりとクレンジングで汚れを落とすことが重要です。また紫外線も首ニキビの大きな原因の1つなので、帽子やストール等で首をガードしてあげましょう。

お尻

赤の他人に見せることはない場所ですが、やはり気になってしまうのがお尻にできたニキビです。お尻にニキビができる原因は他の箇所より皮膚の角質が厚いことにあります。

また背中ほどではありませんが皮脂の分泌が盛んな部位でもあります。

下着や生理用品の刺激によってニキビができたり、もちろん不衛生な状態だとそれも大きなリスクとなります。

  • きつい下着を履かない
  • 清潔な状態を心掛ける

などの心がけだけでニキビができるリスクを減らすことは可能です。

全てのニキビに共通してある…絶対NGなタブー行為!

shutterstock_1858824952

顔や体、部位によってニキビができる原因も対策も様々です。

ですが全てのニキビに共通してやってはいけない『ニキビのタブー』が存在します。悪化してしまうと治りも遅くなるので要注意です。

洗いすぎる・油とり紙の多用

ニキビ対策としてしっかりと洗顔をするというのは常識となりつつあります。確かに汚れやメイクを落とすのは重要ですが、必要以上に洗顔すると逆にニキビを悪化させてしまう可能性があるのです。

必要以上に肌の皮脂を取り除いてしまうと、人間の体は余計に皮脂を分泌しようと試みます。 結果としてニキビができやすい環境を作ってしまう可能性があります。同じ理由で油とり紙の多用も控えましょう。

ニキビを潰す・無理に芯を取り除く

ニキビを潰したり無理やり芯を取り除くのは絶対にやめましょう。ニキビを悪化させたり痕が残ってしまう可能性があります。芯が簡単に取れる場合は自分で取り除いても大丈夫ですが、ピンで無理やり推すのは控えましょう。

ニキビはどんなに酷い状態でも、時間が経てば綺麗に痕が残らず治るケースがほとんどです。ですが完治する前に潰したり過度に触っていると痕が残ってしまうリスクが高まります。清潔な状態を保ちつつなるべく放置することをお勧めします。

タバコ

ニキビとタバコ、一見関係なさそうなこの2つですが実は密接な関係があるのです。

タバコを吸うことで体中の血流が悪くなり肌にも大きな影響を与えます。肌が荒れたり回復能力が落ちるので当然ニキビの治りも悪くなります。

またタバコにはビタミンCを破壊してしまうという弊害があります。ビタミンCはニキビの予防や改善に重要な栄養素となります。いくら食べ物から積極的にビタミンCを摂取していても、タバコを吸うことで無駄になってしまいます。

ニキビができる部分によって原因も対処法も全く異なることが分かりました。顔だけでなく背中やお尻などにも注意が必要ですね。

とにかく不衛生はお肌にとって大敵です!ニキビでお悩みの方はもちろん、そうでない方もお肌について少し気を付けてあげてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る