TOP > イボ

イボかなと思ったら

いつの間にか出来ていたイボに、不快な気持ちになった経験はありませんか?

痛みを伴わないけれど、日々大きくなるイボが気になってしまうという方、年齢を重ねるごとにイボの数が増えている気がするとお悩みの方も多いでしょう。

特に女性は、他人の目が気になる・メイクの妨げになる・ネックレスをする時に引っかかるなど、イボがあることでさまざまな不具合を感じることも少なくはありません。

しかしながら「こんなイボ、すぐにでにも取り除いてしまいたい!」と自分で切り取ったり、無理やり削ってみるようなことは絶対に止めて下さい。

・自己判断は危険
子供の足にできたイボは放置したり家で削ったりせず病院で受診しよう

首にポツポツできる小さなイボの正体は?予防や除去は可能?

イボの正しい処置

正しい方法で、治療していかないと跡が残ったり、炎症を起こしたりと厄介な事態になりかねません。

昔は子供の足にイボが出来ると、寝ている間にハサミで切り取って処置していたなんて話も聞きますが、そのような方法は大間違い!

跡が残ってしまうだけではなく、無理に切り取った部分が炎症して赤くなったり、化膿してしまう可能性もあるからです。

・自宅でのケア方法

イボで悩んでいませんか?イボを治す簡単な方法をお教えします!

大人よりも皮膚の弱い子供にイボが出来てしまった場合は、大人の方が正しい治療法で対処するか、病院を受診することが1番です。

イボと見間違えやすい症状

イボは、ニキビ・魚の目・タコとは別のモノですから、皮膚に出来た吹き出物を全て一緒に考えて対処せずに、イボに合った治療法を行いましょう。

・区別の仕方を学ぶ
別モノなので治療法を間違えないで!魚の目とたこの違いを見分ける
こちらのカテゴリでは、イボについてより具体的にお話をさせて頂きます。

30歳以上の方に出来やすい首のポツポツイボ・イボを治す簡単な治療法・イボと魚の目とタコを見分ける方法・子供の足にイボが出来た場合の治療法などをご紹介します。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る