TOP > > しつこいめまいや疲れ!その原因は肉不足が引き起こす影響かも

しつこいめまいや疲れ!その原因は肉不足が引き起こす影響かも

季節の中でも蒸し暑い夏は、何となく身体もだるく睡眠をとっても回復しないように思えます。皆さんにも経験があると思いますが、このような感じ方は「夏バテ」と呼ばれており、慢性的な疲労感から食欲や睡眠にも異常をきたします。

さらに、このような状況が続くことは体調的にも影響を及ぼすことから、めまいや頭痛、吐き気などの症状へと進めてしまうのです。

夏バテについては、暑い季節を乗り切ることで回復が見られることから、一過性の問題とも考えられますが、最近では季節を問わずこのような問題を抱えている人がいるようです。いったい原因は何なのでしょうか?

栄養は足りていますか?栄養の偏りが原因かも

人間が生きていくためには、様々な栄養素が必要になります。三大栄養素とは「炭水化物」「脂質」「タンパク質」であり、それに「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」を加えたものが特に重要になります。

どの栄養素も人間が生きていく上で重要な物で、栄養の偏りは思ってもみない病気や不調を引き起こすのです。

特に暑い季節は食欲もなく、冷たいソーメンや蕎麦などを好んで食べてしまいます。脂っこい食べ物は敬遠しがちですよね。これでは栄養が炭水化物に偏ってしまい、本来必要なタンパク質やビタミンなどが不足してしまいます。

結果として疲れやすく、良く眠れない夏バテ症状が現れるのです。また栄養の偏りは夏の暑さだけが原因ではありません。ダイエットに挑戦している人も多いと思いますが、これもまた栄養の偏りを招いてしまう原因だったのです。

肉不足がそのめまいや疲れの原因だった

皆さんは「肉を食べる」ことについて、どのようなイメージを持っていますか?色々な人と話をしてみると、太る理由とは「食べ過ぎ」「運動不足」になります。そして食べてはいけない食品の代表が「肉類」と考えられているようです。はたして肉食は悪者なのでしょうか?

健康やダイエットに詳しい人であれば、ご存知の内容だと思いますが、肉を食べる行為だけで太ることはなかなかありません。これは栄養素として考えた時に肉はタンパク質や脂質が主成分であり、糖を主成分とする炭水化物とは構造が違うことが要因です。

タンパク質は筋肉を作る栄養素として有名ですが、それ以外にもホルモンや神経伝達物質の材料になるのです。つまりタンパク質が不足することで、筋肉は減少しホルモンなどの生成にも影響が出てきます。

このような状況では疲れやすく、なかなか回復しない身体になってしまい、めまいや立ちくらみなどが現れるリスクも出てきます。ダイエットにおいても筋肉が減少することは、代謝の低下から痩せにくくなりリバウンドの可能性も高くなるのです。

暑さで食欲がなかったり、ダイエットを行ったりしているからと言って、肉を食べるのを止めることは身体にとって良くないことだったのですね。

夏は肉を食え!の真実

実は暑さで身体がまいっている時こそ、タンパク質が重要になります。それはタンパク質が不足することで、身体の管理機能である代謝が乱れてしまい、体温調整や発汗作用にも影響が出るからです。

「夏こそ肉を食え!」はある意味では本当のことだったのですね。しかし、夏は暑さで胃も弱っている可能性があります。そこで、ちょっとした工夫でタンパク質を補給しましょう。

■冷たいソーメンや蕎麦には納豆を組み合わせましょう。納豆は植物性タンパク質で栄養も豊富です。麺類との相性も良いので、納豆ソーメンや納豆蕎麦にしてタンパク質を補給しましょう。

■冷やし中華にはたっぷりの錦糸卵を加えましょう。冷やし中華には錦糸卵やハムが定番です。動物性タンパク質をあっさり補給するにはピッタリのメニューですね。

■シリアルやグラノーラには、たっぷりの牛乳をかけて食べましょう。最近流行りのグラノーラなどのシリアル系には、ビタミンなどの栄養がバランスよく配合されています。牛乳をたっぷりと注いで食べることでタンパク質も補充されます。

■どうしても食欲のない人は、豆腐に頼るのが良いでしょう。冷奴は暑い夏でも食べやすいのでオススメです。動物性タンパク質の鰹節を、たっぷりかけて食べると効果アップです。

ここで注意したいことは、肉にはタンパク質と脂質が含まれており、過度の脂質の摂取は高コレステロールや高脂血症などの原因にもなります。やはりバランス良く栄養を摂ることが重要なのです。

貴方の疲れの原因は何ですか?もしかしたら最近、肉を食べていないのではないですか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る