TOP > > めまいは脳内の地震?原因の一つは認識障害かもしれません

めまいは脳内の地震?原因の一つは認識障害かもしれません

めまいで悩む方は、めまいの症状を「まるで地震が起きたようだった…」と表現する事が多いようです。めまいと地震は全く違う物ですが、その一方でめまいに悩む人は、めまいと地震に共通する部分を感じています。

私自身もめまいに悩まされていますが、実際何度か地震か…と思った事が有ります。また東日本大震災の被災地では、めまいに悩む人が多いというデータも有ります。同じような事は阪神・淡路大震災の後にも有り、地震酔いと言われています。

地震酔い

東日本大震災後、かなり話題になってきています。主な原因は、地震発生による視覚情報と平衡感覚のずれや、ストレス等が考えられます。実際震災後、自宅のゆがんだ天井を見ていたらめまいがしてきたと言う方もいます。

地震酔いの場合は、時間とともに改善されることが多いです。適度な運動と休息をとり、規則正しい生活を心がけたり、ストレスを解消する事で、殆どの場合治っていきます。

地震の後遺症ではないめまい

しかし実際にめまいで悩む人は、大きな地震を体験している人とは限りません。国民の20%がめまいで悩んでいるとの事。また医者にかかっていない人まで含めると、めまいで悩んでいる人はもっと多いと言えます。

また、めまいの初期症状ではめまいと気づかず、眼科を訪れる人も多いようです。実はめまいの症状で目に関するものも数多く有るのです。例を挙げますと、

  • 目がチカチカする。
  • 光が飛ぶように見える。
  • 目が重い。
  • 物が二重に見える。
  • 目の奥が痛い。

など、他にもかなり多くあります。この例を見ますと、これがめまいにつながる症状と気づかない人も多いのではないでしょうか。例えば目の奥が痛い等はめまいより目の病気を疑ってしまいます。実際に白内障や緑内障を疑う症状でもあり、本人が気づかないうちに症状が悪化していく可能性も高いです。

脳の中で地震が起きている

めまいの原因の一つに、脳の中で地震と同じような現象が起こっているという考えも有ります。大脳の表層は灰白質、深層は白質と呼ばれています。この白質に何らかの原因で変異が起こり、それが積もり積もって耐えられなくなって噴出し、それが灰白質に変動を与え、めまいが生じるという考え方です。

これは、地球上で起こる地震のメカニズムとよく似ていますね。目がチカチカしたり、目の奥が痛くなったり、この症状が、白質に変異を起こす原因である可能性もあります。私自身、夜突然めまいに襲われたのですが、過去数年間目がチカチカしたり、目の奥が痛くなったりという症状は何度かありました。

眼科では角膜に少し傷が有るのでは…という診断で、実際治療を受けて治ってもいたのですが、その影でめまいの症状が進行していた可能性も否定できません。そして昼間眩しく感じたり、突然目が重くなる事もしばしば有りました。

そして突発性のめまいを感じてから、地震なのかめまいなのか分からない事がしばしばあり、視覚から来る様々な症状が白質に影響を与え、脳内の地震のきっかけになったように感じています。

めまいの正体は認識障害かも…

先に述べました、めまいの原因の可能性が有る目の症状は、「空間の認識障害」と言えるようです。人によっては、周りの物が自分にどんどん迫ってくるように感じる人もいるようです。殆どの方が、目の症状の時は眼科を受診されると思います。

間違いは無い選択だとは思いますが、少し注意していただきたいのは、めまいを経験されたことが有るか無いかです。それが軽度の物でも、めまいの原因、認識障害の可能性があります。めまいは非常に再発しやすく、慢性化する事もあります。

本人にとっては非常につらいものです。ご自身にめまいの経験が有り、上記の目の症状が有る場合は、一度内科でめまいの件を相談してみては如何でしょうか?また、めまいについて積極的に取り組む病院も増えています。

一般のめまいの治療薬は数も限られており、効果も必ずしも高いとは言えないようです。従来通りの治療では、限界が有るかもしれません。インターネットの普及により、情報も取り易くなった昨今。より良い治療を探すことが可能です。少しでも早くめまいから解放されることをお祈りしています。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る