TOP > めまい

めまいの症状、原因別の対処法!病院の受診は何科?

めまいとは、まっすぐに立つことを保つのが難しい状態のことを言います。平衡感覚、視覚、物を見る感覚がうまく保てないことで現れる症状です。

人によって、自分がぐるぐる回っている、まわりの物や人が回っている、物が揺れて動く、頭がくらくらするなど、めまいの種類が違っています。

めまいと言っても、その症状の裏には血管障害による病気が隠れている場合もあり、激しい嘔吐、体のバランスを保てずに倒れるなどの症状の場合は、脳出血や脳梗塞などの可能性があります。

すぐに病院で診察が必要な場合もあるということです。

こちらのカテゴリでは、めまいの原因と改善策について、めまいの種類とその対処方法、めまいに効果がある食品について、などをご紹介していきます。

めまいがおこる原因とそのメカニズム

脳出血などの危険な病気の可能性もあるという「めまい」。

そもそも、めまいには種類があることはご存知でしょうか。めまいの種類から、めまいが起こるメカニズムについて見ていきましょう。

私たちの体にはバランスを保つ機能が備わっています。その機能に異常がある場合に起こるのがめまいです。

体のバランスを保つ役割を担っているのは、耳の中にある内耳の三半規管と耳石器です。

三半規管は体の回転、耳石器は体の傾きを感知する器官です。内耳と脳が平衡を保てるように連携しているため、体を動かしても姿勢やバランスを保つことができます。

ところが、内耳や脳が何らかの異常を起こすと、体の平衡を保つ仕組みが乱れ、めまいが起こるのです。

めまいの3種類

めまいは大きく3種類に分けることができます。

  • 回転性のめまい
  • 浮動性のめまい
  • 目の前が真っ暗になるめまい

回転性のめまいとは、目の前の景色がぐるぐる回るような感覚になるものです。耳鳴りや嘔吐を伴うこともあります。突然激しい症状が出るので不安になりますが、内耳が原因なので、命に関わるような緊急性はありません。

しかし、

  • 良性発症性頭位めまい症
  • メニエール病
  • 突発性難聴
  • 前庭神経炎
  • 内耳炎

などによりめまいが引き起こされている可能性があるので、長期間放置せず、落ち着いたら病院を受診することをお勧めします。

浮動性のめまいとは、雲の上を歩いているようにふわふわするめまいです。回転性のめまいと違い、耳鳴りなどの耳の障害は起こりません。

まためまいの他に、

  • 片側の手足が動かしにくい
  • 手足がしびれる
  • 物が二重に見える

などの症状を伴うことが特徴です。

浮動性のめまいは、脳出血、脳梗塞、高・低血圧などが原因となる他、ストレスや睡眠不足などにより、心や体が疲れているときに起こりやすいと言われています。

精神的なストレスによる自律神経の乱れ、パソコンやスマートフォンなどを長時間使うことでの肩凝りが原因で浮動性のめまいを感じることもあります。

脳の異常が原因で起こっている場合は命の危険があります。このような症状が出た場合は、できるだけ早く病院へ行きましょう。

目の前が真っ暗になるめまいとは、つまりは立ちくらみです。立ち上がったときにくらくらするもので、血流の変動が関係しています。血圧の急激な変化に体がついて行けず起こるものです。

このようなめまいの場合、耳や脳に障害があるわけではありません。過労や睡眠不足、食生活の乱れといった生活習慣の乱れなどによる自律神経の乱れ、また強いストレスが原因で、立ちくらみのようなめまいが起こることがあります。

意外なめまいの原因

首のこりが原因でのめまい症状もあります。ひどい方は、整形外科などでの治療が必要になりますが、首のこりをほぐすストレッチなどを適度に取り入れ、自分でも予防に取り組みましょう。

▼関連記事
めまいの原因は首こりにある!?頚性めまいを起こす首こり解消法

耳は聴覚だけでなくバランス感覚をもコントロールしている大事な器官です。ですから、耳の中の耳石器にある耳石がはがれて三半規管に入り込むことで、めまいが起きるとされています。

この耳石がはがれやすくなる原因として、カルシウム不足が上げられます。耳石は炭酸カルシウムから出来ているので、カルシウムが不足するとはがれやすくなるのです。骨粗しょう症の方にもめまいの症状が多く現れます。

また、塩分の不足も脳への酸素不足が起こり、めまいの原因になってしまいます。

カルシウムと塩分の不足がめまいの原因になっているかもしれません。

▼関連記事
意外?!良性発作性頭位めまい症の原因はカルシウム不足かも
めまいの原因は塩分不足!?塩分過多は危険という誤解を解こう

「胸郭出口症候群」と聞くとなんだか難しく考えてしまいそうですが、めまいや頭痛の原因として、この胸郭出口症候群という症状が増加している傾向があります。

病院に行ってめまいの症状を訴えても原因が分からないという方は、この胸郭出口症候群である可能性があります。

めまいや頭痛、指先の痺れ、など様々な症状が出るにも関わらず、この症状の原因は、鎖骨付近にある神経や血管が、姿勢の悪さや骨格の未発達さによって圧迫され、症状が出るのです。

残念なことにまだ治療薬というものはありませんが、姿勢を正すことと、腹筋を鍛えることで症状が緩和されるとされています。

▼関連記事
めまいや頭痛の原因となる胸郭出口症候群。日常でできる改善策とは

めまいが起きたら!自分でできる対策

めまいは体のバランスを崩し、転倒などの危険性もあるため、まずはとにかく安静にしてください。ベルトやネクタイなど体を締め付けているものを外し、自分が一番楽だと思う姿勢で休んでください。

光や音などの刺激で症状がさらに悪化することもあるため、日陰に入る、カーテンを閉める、テレビなどを消すなどして、できるだけ外部からの刺激を遮断してください。

また、めまいが起きているときに、興奮作用のあるカフェインを多く含むコーヒーやチョコレートは避けてください。タバコもニコチンが血管を収縮させ、血流が悪くなるので吸わないようにしましょう。

めまいに深刻な病気が潜んでいるかも!受診が必要なめまいとは

めまいというと、一時的なものですぐに治まるから心配ない…と思ってしまいがちですが、そのめまいは本当に大丈夫なめまいでしょうか?

めまいには、血管障害が隠れている場合があり、脳と密接な関係を持っている場合があります。

めまいと同時にしびれや頭痛を伴う場合は、病院で検査を受けてください。

▼関連記事
そのめまいは心配ない?それとも実は危険な病気のサインかも?

「めまい」で受診するなら何科に行けばいいの?

回転性のめまいの原因の多くは、内耳にある三半規管の異常です。回転性のめまいを感じる場合には、メニエール病、前庭神経炎などの病気の可能性もあるので、耳鼻科を受診してください。

浮動性のめまいは、

  • 手足がしびれる
  • 手に力が入らない
  • 意識がぼんやりする

などの症状を伴う場合は、脳に何らかの異常がある可能性もあります。

脳梗塞や脳出血などの命に関わる重大な病気の可能性もあるので、浮動性のめまいの場合は神経内科、または脳外科を受診しましょう。

目の前が真っ暗になるめまいは、緊急性はありません。

しかし、頻回に起こる場合や症状が改善しない場合は、脳の病気や心臓病が原因で引き起こされている可能性もあります。一度かかりつけの病院や内科で相談してみてください。

また最近は「めまい外来」という専門の科がある病院もあります。原因が自分でよくわからない場合は、めまい外来を受診するといいでしょう。

めまいを訴える人が増えている原因

昨今、検査をしても理由がはっきりとわからないめまいを訴える患者が増えているといいます。

内耳や脳などに異常が見られないにも関わらず、疲労やストレス、生活習慣の乱れなどが原因でめまいが起こることもあるのです。

実は今、めまいを訴えて病院を受診する方の中で、こういった特に体の異常は見られない、いわば原因不明のめまいを訴える人が増えているといいます。

めまいの原因はいろいろとありますが、近年めまいを訴える人が増えている理由は、ストレスが関係していると言われています。

ストレスが原因で自律神経失調症になり、めまいを起こすケースです。

ストレスと聞くと精神的なものを思い浮かべがちですが、それだけではなく、

  • 暑さ寒さや湿度変化
  • 長時間の勤務
  • 偏った食事
  • 運動不足

などが原因の肉体的なストレスもあります。

便利な生活が当たり前になったことで、環境への順応が鈍くなり、現代人はストレスに弱くなっていると言われます。

精神的なものや肉体的なもの、様々な種類のストレスが少しずつ蓄積していくことで、自律神経のバランスを崩し、めまいを訴える人が増えているのです。

また職場でも家でも、長時間パソコンやスマートフォンを使用する機会が増え、肩凝りによる血流悪化が原因となっている場合もあります。

それだけでなく、めまいは睡眠不足が原因で起こることもあります。睡眠不足により低血圧の状態になると、めまいが起こりやすくなります。

寝不足による血圧の低下は、めまいだけでなく、動機や吐き気、頭痛をも引き起こします。

めまいの種類別に見る対処方法

あなたが感じるめまいの症状は、どんなものでしょうか?立ち上がったときに起きる、生理中に起きる、これらのめまいは一時的なものであればそう心配することはありませんが、続発するようでしたら、一度病院で検査を受けられた方がいいでしょう。

このような症状のときは、耳が原因で起きている場合が多いので、まずは耳鼻咽喉科を受診されるとよいと思います。

ただ、めまいから

  • 意識障害
  • 頭痛
  • しびれ

などの症状がある場合は、一刻を争う場合があります。必要であれば、救急車を要請してください。

▼関連記事
簡単チェックで”めまい”の原因と適切な処置を解説

めまいにも種類があり、ふわふわと浮遊しているようなめまいの場合は、ストレスや自律神経の乱れから起きている場合が多く、それほど心配されなくてもよいとされています。

ですが、めまいの症状が治まらない、続けて起きるなどの場合は、脳に障害が起きていることも考えられますので、神経内科などを受診されるとよいでしょう。めまいの症状によっては、耳鼻咽喉科、脳神経外科の受診をご検討ください。

▼関連記事
フワフワ?グルグル?めまいの特徴で分かる、それぞれの原因と対処方法

めまいを予防するトレーニングと食べ物

三半規管を鍛えることでめまいを予防することができます。三半規管は加齢によっても衰えるものですが、衰えた平衡機能は鍛えることができます。

簡単にできる三半規管を鍛えるトレーニングは、後ろ向きに歩くことと目を閉じて片足立ちをすることです。慣れてきたら、でんぐり返しや逆立ちなども効果的です。無理せず少しずつ慣らしていきましょう。

三半規管を鍛えるトレーニングは、車に酔いやすい人にも効果的です。

肩凝りが原因でめまいが起きている場合は、首から背中にかけての筋肉を伸ばすストレッチを行ってください。

腕を肩から大きくぐるぐると回すストレッチは仕事中でも手軽に行えます。血流を良くすることを心掛けて行ってください。

また睡眠不足が原因の場合は、当然のことですがゆっくりと休むことで症状が改善します。

どうしても休めない場合は、上記のストレッチや入浴などで血行を促進する、鉄分やビタミンEを摂取する、有酸素運動を行う、なども効果があります。

めまいに欠かせない栄養素として有名なのは、ビタミンBです。

  • ウナギ
  • 豚肉
  • 納豆

に多く含まれ、おすすめの食材です。

また、血行を良くすることも、めまいには良いとされていますので、血行促進作用のあるアーモンドや青魚は、積極的に取りたいものです。

逆に

  • カフェイン
  • 香辛料
  • アルコール

は、めまいを引き起こす原因になるとされていますので、めまいに悩まれている方は、極力避けられた方が良いでしょう。

▼関連記事
「めまい」を予防する食品がある?3つの食べても良いものと悪いもの

日頃のちょっとした心がけでめまいは改善できる

様々な原因で起こるめまい。その症状はとても辛いものですが、日頃のちょっとした心がけやトレーニングで症状を改善できることもあります。

たかがめまいと放置せず、できることから改善していきましょう。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る