TOP > 心室細動

心室細動はなぜ起こるのか

なにも意識していなくても内蔵というのはしっかりと動いているものですが、突如として心臓については動かなくなる突然死する可能性を秘めているのです。

心室細動はその突然死を起こす原因の一つで、そうなった場合動かなくなった心臓を再び動かす必要があります。

心室細動とはなにか

心室細動とはなにかですが、心室と呼ばれる心臓から血液を送り出す部分が細かく動くことをいいます。

本来であれば決まった用にしっかりと動いている心臓が細かく動くようになってしまうのです。脈拍で言えば200近くまで上がると言われています。

心室細動が起こるのはなにも不健康な人たちだけではありません。

例えば強い衝撃を胸に受けるようなことがあっても、心室細動が起こる事はありますし、心臓病を持っている人が起こる場合もあります。脱水などによってカリウム不足から起こることもあるとされています。

心室細動を治すために

突如として起こる心室細動を治すために、今では当たり前になっているAEDを使うという方法があります。

AEDは一般人も使えるものであり、専門家も使っているものです。電気ショックを与えるような機械が病院ではありますが、一時的な心室細動にはAEDが有効です。

およそ心肺停止をしてから3分間で半分の確率で死亡すると言われていますから、早くに心肺停止状態から復帰させる必要があります。

AEDなどが町中のいたるところに置かれるようになったのも、このスピーディーな対応が求められるからです。

自分がなった時には心室細動から復帰するために、AEDを使ってもらいましょう。周りの人が心室細動で倒れた時にはAEDを使って上げてください。

・突然死を回避する
突然死につながる心室細動とは?知っておきたい公共の場での救命法

出来る限り治療のために使い方はある程度覚えておいたほうがいいのです。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る