TOP > > 下肢静脈瘤を放置しても大丈夫か?予防や治療法などの紹介

下肢静脈瘤を放置しても大丈夫か?予防や治療法などの紹介

下肢静脈瘤は日本人では1000万人以上の患者がおり、女性に多く見られます。妊娠中に発症しやすく、高齢出産の増加で近年は増える傾向にあります。

良性の病気なので放置しておいても手遅れになったり死に至ったりする事はありませんが、自然に治ることは難しく少しずつ悪くなっていきますので悪化させない対策が大切です。

また、慢性的に足がむくんでいる方の中には外見から分かりにくくても下肢静脈瘤の可能性があります。ここでは、下肢静脈瘤の不快症状を少しでも改善する方法や主な治療法を紹介します。

下肢静脈瘤は放置して大丈夫?

下肢静脈瘤の症状は足の血管が膨らみ外見からも分かりやすいく、痛み・だるさ・かゆみ・こむら返りなどの不快症状などを伴うこともあります。放置して自然に治ることが希にあり、命に関わることも極めて希です。

悪性の病気では無いので治療を必ず必要とはしませんが色素沈着・潰瘍などの重い症状に発展する可能性もあります。潰瘍が出来る前には色素沈着が有りますので、この症状が現れたら病院での治療をお勧めします。

太っている方は下肢に静脈瘤の血管が浮き出る症状が外見に現れていなくても、静脈瘤の場合があります。下肢がかぶれたり潰瘍が出来たりした場合などは静脈瘤を疑ってみましょう。

静脈が弁不全を起こしている場合の下肢静脈瘤を改善する方法は手術と外来のみの硬化療法(硬化剤を注入し、問題になっている血管部分を塞ぐ手術不要の治療)が一般的です。硬化療法のデメリットは重症患者は治療期間が長くなることや合併症が起こりやすいリスクがある事です。

手術の治療法にはレーザー治療(カテーテルを挿入して静脈瘤にレーザーを照射して焼く)、高周波治療(高周波で静脈瘤を焼く)などが近年注目されています。

症状を緩和する為の日常生活

●弾性ストッキングの着用

圧迫療法の一つで、血管を圧迫し、血流を良くするので症状が軽減します。着用してしびれ・痛みなどを感じたら医者に相談してください。ただし、下肢動脈が血行障害を起こしている方は着用してはいけません。

●足を高くする

連続する立ち仕事は極力しない(仕事だと難しいですが・・)1時間に1度は足を心臓より高くします。デスクワークの方は足台などで足位置を高くします。夜眠るときは足枕で就寝します。

●足の筋肉を使う

足踏み、歩く、屈伸などの足の運動で筋肉を使い血流を良くします。水中ウォーキングは水圧が弾性スットキング代わりになり運動にもなりますのでお勧めです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る