TOP > 静脈瘤

下肢静脈瘤を学ぶ

下肢静脈瘤は足の静脈が膨らみ、そこに血液が滞る病気です。特に長時間の立ち仕事をされている女性に多く発症します。

特徴として脚の血管が浮き出たり、こぶができたりします。最初は見た目が悪いだけで症状はほとんどありませんが、ひどくなってくるとかゆみや痛み、むくみ、こむら返りなどにもなりやすくなります。

日常生活に支障をきたすほどひどくなる前に早めの治療をすることが大切です。

下肢静脈瘤の原因と予防

・原因
下肢静脈瘤の原因は血液を心臓に送り返す静脈にある血液の逆流を防ぐ弁が機能しなくなった時に、血液の逆流が起こり、血管内に血液がたまっていきます。
その血液がたまることで血管が太くなり、こぶができてしまいます。

・下肢静脈瘤になりやすい人は・・・
ひどいと脚がボコボコに!こんな人は下肢静脈瘤になりやすい!

下肢静脈瘤になりやすい要因
・女性
・立ち仕事をしている
・ハイヒールを履いている
・30代後半以降
・妊娠、出産後
・近親者に下肢静脈瘤が見られる (遺伝的要素)
・肥満
このうような要因を持っている方は特に気をつけたいですね。

・予防

ふくらはぎを揉む健康法が最近はやっていますね。ふくらはぎを揉むことで血流がよくなりいろいろな症状が改善されるという健康法です。下肢静脈瘤を防ぎながら他の不調も改善しつつ全身健康になれると得した気分になりますね。

また、運動などで脚の筋肉を鍛えることで脚のポンプの作用が強くなり、脚に滞っている血液を全身に送り返すことができます。まずは気軽にできるウォーキングから始めてみましょう。

下肢静脈瘤の予防には運動とふくらはぎのマッサージがベストな訳

ふくらはぎから下の皮膚に赤紫の細い血管が見えていませんか?静脈瘤は太くて青い血管だけではありません。細い血管でも立派な静脈瘤です。

脚に浮いているクネクネ血管・・・危険な静脈瘤の予防・改善方法

静脈瘤になりやすい要素を持っている方は特に注意が必要です。普段からマッサージや足の筋肉を使ったり、足を高くしたりすることで血流が改善され、予防できます。

下肢静脈瘤は初期の段階では気がつきにくい病気です。下肢静脈瘤の要因を持っている方は普段から意識して予防をすることが大切です。

治療方法

痛みなど生活に支障がなければ放置していても大丈夫ですが、自然に治ることは難しいため、悪化しないように努力することが大切です。

やはり脚の血管がふくらんでボコボコになってしまうのは見た目にも悪いため、そうなると手術や治療をしてこぶをなくす方法もあります。

下肢静脈瘤を放置しても大丈夫か?予防や治療法などの紹介

治療には外来と手術の二種類があります。

外来・・・硬化剤を注入し、問題の血管を防ぐ硬化療法
手術・・・カテーテルを挿入して静脈瘤をレーザー照射で焼きます。
     弁が機能しなくなった静脈を抜く手術

硬化剤治療の場合のメリットは手術をすることなく、外来だけで気軽に治療できることです。

ただ、重症の場合、治療期間が長くなったり、合併症が起こりやすくなるというデメリットがあるので治療をする場合は治療期間、リスクなどを考慮し、治療法を選択するのが賢明でしょう。

レーザー照射での手術の場合は20分ほどの治療で、皮膚を切開しないため傷跡も残らずすぐに歩行でき、体への負担が少なく、再発しません。

静脈を抜く手術は従来からされている方法ですが、レーザー治療の適応にならない方の場合こちらの手術をすることが多いようです。

こちらのデメリットは術後の痛みがあることと数箇所に傷が残ること、術後の合併症などがあります。

ただ、手術で再発の可能性が減ったと言っても手術した部分以外の静脈で弁に不具合が出た場合、別の場所で再発する可能性はありますので、手術や治療で完治しても油断せず、静脈瘤になりにくい生活を送りましょう。

突然死に注意

この病気の特徴としてあまり症状がないことが挙げられるのですが、症状がないために放置されることも多くなります。放置することで血管内にできた血の固まりが、心臓や肺に入って突然死を招く場合もあります。

すぐに対処しなければならないという緊急の病気ではないため、稀にこういった合併症を起こしてしまう場合があります。

時には命の危険も!足の血管が目立つと感じたら下肢静脈瘤に注意

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る