TOP > > 子供に予防接種を受けさせる?こんなにある予防接種で防げる病気

子供に予防接種を受けさせる?こんなにある予防接種で防げる病気

子どもを持つ親として、健康を常に考え病気にならないように食生活に気を配るのは当たり前のこと。最近ではアレルギーも増えているため、親たちの心配は多方面に及びます。

子どもたちの病気を防ぐもう一つの手段として、予防接種があります。多くの予防接種は「努力義務」という位置づけになっていて、中には副作用があるから接種させないという親が多いのも事実です。ところが世界から見ると日本は予防接種の考え方に対して、かなり遅れをとっていると言われています。

予防接種の目的って何?

予防接種の役割には、1つ目に「自分が病気にかからないように予防するため」、2つ目は「周りの人たちに蔓延させないため」が挙げられます。ですから感染力が強く、かかってしまうと死亡率が高いといった病気に予防接種が設けられています。

将来を担う子どもたちの健康を守ることは、その後に生まれる子どもたちの健康にもつながることなのです。

世界の予防接種に対する考え方

予防接種は多くの人たちに接種すれば、必ず何かしらの副作用が出ることがあるそうです。これは医学の世界では、ある意味当然の結果に近いことで、世界はそれよりも「予防できる病気があることを重視」して予防接種を積極的に行っています。

日本では副作用が大きく取り上げられることが多く、予防接種のためには細かい決まりがあります。親としては副作用の報道がされると、自分の子は大丈夫だろうかと心配するのは当然のことです。

ただ怖いのは、予防接種を受けないでいることで、感染力の強い病気にかかり、命が危なくなったり、重い後遺症が残ったりすることです。これだけは絶対に避けなければいけません。

こんなにある予防接種で防げる病気

予防接種の中でも、百日咳、ジフテリア、破傷風、結核、ポリオ、はしかや三日はしかなどは、予防接種法に基づき副作用が出た場合は、医療費が公費負担になるなど救済措置があります。

けれどもこういった定期接種をせずに病気になってしまったら、治療費などはすべて自己負担です。それどころか大事な子どもたちの命に関わる危険性もあるのです。

任意接種では、子宮頸がんや水疱瘡、おたふくかぜ、など他にもいろいろとあります。予防接種で防げる病気は実にたくさんあるのです。

世界では、国が無料で定期接種するワクチンの種類が、日本よりずっと多いのも特徴です。自己責任において予防接種を受けないのは自由ですが、それにより大きなリスクを背負うことをしっかりと認識してほしいですね。

ページ上部に戻る