TOP > > 尿路結石のよくある疑問!5つのQ&Aで徹底解説

尿路結石のよくある疑問!5つのQ&Aで徹底解説

尿路結石に関する疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、よくある尿路結石の疑問をQ&A形式で5つご紹介します。これを読む事で、尿路結石に関する疑問が、すっきり解消するかもしれません!

Q:そもそも尿路結石とはどんな病気?

A:尿路結石とは、簡単に説明すると、尿路と呼ばれる尿の通り道を結石が塞いでしまう病気です。そして、お腹や背中に激痛がはしります。その痛みは、「死ぬほどの痛み」「出産と同等の痛み」といった表現をされる事があります。

しかし、病院で治療を受ける事で症状は良くなります。放っておくと腎臓の病気に発展する可能性もありますので、とにかく病院で治療を受けて下さい。

Q:結石はどうして作られる?

A:結石はなぜ作られるのでしょうか?それは、尿中のカルシウムとシュウ酸が増えすぎるからです。カルシウムとシュウ酸が増える事で、結晶化します。このカルシウムとシュウ酸の結晶が結石となるわけです。

ですから、シュウ酸をたくさん含むホウレンソウを食べる際には、必ず茹でてから使って下さい。ホウレンソウに含まれているシュウ酸は、茹でる事で溶け出します。つまり、下茹でしてから使う事で、シュウ酸を恐れずに食べる事が出来るのです。尿路結石予防の為、ホウレンソウを食べる際には、必ず下茹でする事がお勧めです。

Q:尿路結石はどのくらいの人がかかる病気?

A:尿路結石は、どのくらいの人がかかる病気なのでしょうか?実は意外に、尿路結石にかかる人は多いです。日本人男性は約7人に1人。日本人女性は、約15人に1人程度だと言われています。

意外に多くの方が、尿路結石にかかっているのです。つまり案外身近な病気なのです。ですから、尿路結石をしっかり予防して病気にかからないようにしましょう。

Q:尿路結石にかかる原因とは?

A:尿路結石の原因は、食生活や遺伝、体質など様々あります。しかし主な原因は、食生活だと言われています。特にシュウ酸を多く含む食べ物を食べると、尿路結石にかかるリスクがアップします。

シュウ酸を多く含む食べ物とは、ホウレンソウ、タケノコ、レタス、ナス、ピーマンなどです。しかし、シュウ酸は茹でる事で溶け出す事が多いので、ホウレンソウやタケノコなどは、あらかじめ茹でてから調理する事がお勧めです。

また、動物性タンパク質や脂質、砂糖、塩なども尿路結石にかかりやすくなる要因と言われています。ですから、こういった栄養の摂りすぎにもご注意ください。

Q:尿路結石は何科を受診すれば良い?

A:尿路結石は、急に襲いかかる恐ろしい病気です。では、尿路結石にかかった際には、いったい何科を受診すれば良いのでしょうか?

尿路結石は、泌尿器科が最もお勧めです。しかし、お近くに泌尿器科が無い場合は、まず内科を受診して下さい。ただ、病状が進んでいる場合や、結石が大きい時などは、専門の泌尿器科にかかった方が安心です。

以上が尿路結石に関する5つのQ&Aです。尿路結石に関する疑問をお持ちの方は、ぜひ参考になさって下さい!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る