TOP > > 頻尿や尿失禁はどうやって治す?自宅ケアVS病院での治療

頻尿や尿失禁はどうやって治す?自宅ケアVS病院での治療

頻尿や尿失禁を経験する方は、とっても多いです。こういった症状は、放っておいても自然治癒する事は難しいです。そこで、自宅ケアと病院での治療では、どちらが効果的なのでしょうか?

今回は、頻尿や尿失禁の、「自宅ケアVS病院での治療」についてご紹介します。どちらかが優れているかを知るためには、両者のメリットとデメリットを把握する必要があります。その為、まずはそれぞれのメリットとデメリットをご説明します!

頻尿や尿失禁を自宅ケアするメリット・デメリット

頻尿や尿失禁を自宅ケアするメリットは、手軽だという事です。例えば、骨盤底筋を鍛える体操などを行う事で、尿失禁を改善する事が出来る可能性があります。これでしたら、治療費、通院時間、精神的な負担などが一切かからないという利点があります。

では、頻尿や尿失禁の自宅ケアによるデメリットは、いったいどんなことがあるのでしょうか?それは、自宅ケアではカバーしきれない尿失禁がある事です。

尿失禁は、腹圧性尿失禁、溢流性尿失禁(いつりゅうせいにょうしっきん)など、たくさんの病気が原因となっておこります。腹圧性尿失禁の場合は、骨盤底筋のゆるみが原因ですから、骨盤底筋を鍛える事で改善する事もあります。

しかし、溢流性尿疾患などは、病院での投薬治療を受ける必要があります。その為、すべての尿失禁を自宅ケアできるわけでは無いというデメリットがあります。

頻尿や尿失禁を病院で治療することのメリット・デメリット

頻尿や尿失禁を病院で治療するメリットは、何と言っても安心感がある事と、早期解決が期待できることです。やはり病院で治療を受ける場合、様々な検査が行われます。その為、自宅ケアと比較すると、安心感があります。

また、投薬治療などを受ける事で、比較的早く症状が落ち着くことも多いです。その為病院で、頻尿や尿失禁の治療を受けている方は、とっても多いのです。

では、頻尿や尿失禁を病院で治療するデメリットは、いったいどのような事があるのでしょうか?それは、お金がかかる事、通院が面倒な事、尿失禁の相談をする事に抵抗がある人がいることなどです。

自宅ケアVS病院での治療

尿失禁は、自宅ケアと病院での治療では、いったいどちらが良いのでしょうか?上記で説明した通り、どちらにもメリットとデメリットが存在します。しかし尿失禁が長引く場合などは、病院での治療を受ける事をお勧めします。

つまり、頻尿や尿失禁の「自宅ケアVS病院での治療」の戦いは、病院での治療に軍配が上がるという事です。やはり、病院で治療を受ける事は、とっても大切です。なぜならば、尿失禁が長期化する場合、もしかしたら他の病気が隠されている可能性もあるからです。

しかし、頻尿や尿失禁は、病院での治療の方がお勧めだからと言って、自宅ケアを全くしなくていいわけではありません。骨盤底筋を鍛える体操などを地道に行うと、一定の効果が必ず出てくるはずです。

ですから、病院の治療と並行して、自宅ケアを行う事がお勧めなのです。両者を並行して行う事で、より早く頻尿や尿失禁が解決する可能性が高いです。ぜひお試しください。しかし、まずは病院で検査を受けた方が良いでしょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る