TOP > > 手術をしなくても気になる腋臭を予防することができる5つの対策法

手術をしなくても気になる腋臭を予防することができる5つの対策法

腋臭とひとことで言っても、単なる汗臭さと腋臭症(えきしゅうしょう)、いわゆる「ワキガ」とに分類されます。汗臭さにおいては、清潔を保つ事で解消されますが「ワキガ」の匂いはそう簡単に消えてくれないのが事実です。

「ワキガ」を疾患と捉えると治療が必要になります。現在は保険の適応もされていて、「保存療法」と「手術療法」を選択することが可能です。

手術が必要かどうかは症状の強さや、自身の要望によって医師との相談によって決めてく事になりますが、やはり手術となると不安が付きまとってしまいます。なるべくなら手術による治療ではなく症状を軽減させたいものですね。そこでご紹介したい対策法方を5つの項目にしてみました。

1.清潔

脇の清潔を保つ事が大変重要になってきます。そして汗を脇に留めておかないことがポイントです。こまめにふき取るほか、消毒をして雑菌の繁殖を防ぎましょう。重ねて制汗剤を使うことで汗をおさえて少々のにおいは香水などの香りで隠してしまいます。

2.食事

本来は人種的に体臭の少ない日本人。ワキガ人口が近年多くなりつつあるのは食生活に原因があります。ファーストフードをはじめ、簡単に食べられるものを好むようになり、匂いのもととなる成分が多く含まれる動物性脂肪を摂取する機会が増加している傾向にありますね。。

動物性脂肪は肉や乳製品に多く含まれていますので、体質が欧米化してきているといえるでしょう。野菜中心の和食を心がけると共に、臭いのキツイにんにくや香辛料を控えましょう。

3.投薬

医療機関を受診するとお薬の処方がある場合が多いですね。手術を希望しても体質や健康状態を理由に行えない場合や、手術自体希望していない場合など、医師と相談の上の投薬となります。

汗を抑える薬、漢方薬等の内服薬のほか、脇に直接塗布する外用薬があります。医薬品ではありませんが、介護用品の種類に体から発する様々な匂いを消す食品というのもあります。

4.ボトックス法

ボトックスという薬を脇に注射する方法です。「アポクリン腺」「エクリン腺」の両方の汗腺の働きを抑制する作用を以って臭いの対策とします。

5.脱毛処理

脇の毛を処理して、雑菌が留まるのを防ぎます。男性ですと抵抗があるかと思いますが、清潔を保つ為のお手入れが格段としやすくなります。ツルツルとまでいかなくても短くしたり毛量を減らすために梳いたりするだけでも良いでしょう。

中でもエステ脱毛は効果的です。エステティックサロンで施術される永久脱毛は電気を流して毛根の働きを止めます。その際、毛穴にある汗の出口が破壊されるため発汗が軽減されますので、予防としての効果は抜群といえます。

日本人は奥ゆかしさを持つ文化ゆえ無臭を好み、尚且つ匂いに敏感でもあります。脇臭でお悩みの方はどうかお試しあれ!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る