TOP > > ゼロではない“わきが手術”の後遺症!おすすめ治療法とは?

ゼロではない“わきが手術”の後遺症!おすすめ治療法とは?

一般的には“わきが”と呼ばれることの方が多いわけでありますが、正式名称は「腋臭症(えきしゅうしょう)」と言います。もし仮に、わきがの遺伝子を親から受け継いでしまったとしても、その症状がすぐに現れるわけではないのです。

わきがの症状が現れてくるのは多くの場合、脇毛が生えてくる思春期なのであります。人生の中で最も傷つきやすい時期に、わきがの症状が出てしまいますと、本人にとっては大きな悩みを抱えてしまうことになります。

わきが治療で最も効果が高いのは手術ですが、後遺症の可能性はというのは、けっしてゼロではありません。ここでは、わきが治療におけるススメの方法についてご紹介いたします。

そもそもなぜ“わきが”になるのですか?

前述した通り、生まれてすぐに、わきがの症状が現れるわけではありません。それこそ、ある日ある時、突然わきがの症状が出てしまうんですね。それは、まるでいきなり何かしらの病気を発症したかのように感じるかもしれません。

しかし、わきがは病気ではありません。体質なので突然わきがになるということはあり得ないのです。それでは、なぜわきがの症状が突然表面化するのでしょうか?

※わきがは、病気と認められるケースとそうでないケースがあります。端的に言いますと、医師が病気と判断すれば、治療において保険が適用されます。仮に認められなければ、病院に行って治療を受けようとしても実費となる可能性があります。

わきがの原因となるアポクリン腺

人間の皮膚には、汗を分泌する腺である汗腺があります。この汗腺には2つの種類がありまして、それがアポクリン腺とエクリン腺なのであります。エクリン腺から出てくる汗は、ほとんどが水分ということもあって、本来は無臭です。

(※エクリン腺から出てくる汗も、汗腺の機能が低下することで、悪臭の原因となることがありますが、思春期に発現する“わきが”とは趣旨が異なりますので、ここでは触れないことを予めご了承ください。)

ところがアポクリン腺から出てくる汗は、悪臭の原因となってしまうのであります。アポクリン腺から流れ出てきた汗には、エクリン腺から出てくる汗と異なり、糖類、脂肪酸、タンパク質、アンモニア、脂質などのような色々な成分が含まれているからなんですね。

この汗が、皮膚に存在する雑菌などによって分解される時、悪臭が発生してしまうのであります。したがいまして、例えばいわゆる汗っかきと言われる人であっても、エクリン腺からの分泌量が多く、アポクリン腺からの分泌量が少ないということであれば、悪臭はしません。

ところがアポクリン腺からの分泌量が多いと、エクリン腺からの分泌量に左右されないで、悪臭となってしまうのであります。そしてこのアポクリン腺が集中的に存在するのが脇の下なのであります。これが、わきがの正体なんですね。

思春期に“わきが”が発現する理由

わきがは、アポクリン腺から分泌される汗が悪臭の原因になるわけでありますが、実はアポクリン腺は、性ホルモンの分泌と関わりがあるのです。もともとわきがの臭いというのは、異性を引きつけるためのフェロモンと言われていますので、当たり前といえば当たり前のお話かもしれませんね。

そして、この性ホルモンは思春期を迎えるころから活発に分泌が始まりますので、アポクリン腺から分泌される汗の量も増えてしまうわけであります。これが、思春期にわきがが発現する理由なのです。

低年齢化する“わきが”の発現

その昔、農耕民族であり、動物性タンパクは魚介類から摂取していた日本人には、わきがの人はほとんど存在していませんでした。ところが食生活の欧米化とともに、日本人にもわきがの悩みを抱える人が急速に増えてしまったのであります。

それは一緒に暮らす子供たちも同様です。親の食生活は、子供にも大きな影響を与えてしまいますからね。そして今の時代、わきがを発現する年齢が、どんどん下がっているのであります。

ということで、最近では子供の発育が良いことから、小学生なのにわきがに悩まされるケースが増えているんですね。小学生で悪臭を漂わせてしまったら、イジメの対象になりかねませんので、速やかなる“わきが対策”が必要です。

増加傾向にある自己臭症の患者さん

わきがの臭いでお悩みの方の中には、実は“わきが”ではないのに悩んでいる方が、急速に増えています。結局のところ、わきがに関する情報が氾濫していることから、その情報に触れてしまって『自分も、わきがだ!』と思い込んでしまう方たちがいるということです。

もともとわきがではない人が、『自分は、わきがだ』と思い込んでいるわけですから、これを解決するためには、皮膚科などに行っても治療することはできません。

皮膚科などで『わきがではない』という診察結果をもらった上で、尚、悩みが続くようであれば、心療内科などで、心理療法を受けるべきでしょう。精神科医や、技量のある臨床心理士であれば、認知の歪み(間違った考え方)を修正してくれるでしょう。

おススメの“わきが治療”の方法

わきがの治療において最も効果を発揮するのは、手術という方法になります。特に、剪除法(せんじょほう)と呼ばれる手術は、全てのアポクリン腺を除去してしまう方法ですので、成功すれば再発率も低く抑えられますし、治療の効果は非常に高いものがあります。

しかしながら、傷跡が残るという後遺症の可能性は、けっしてゼロではありません。ということで、ここでは様々なわきがの治療方法について、ご説明してまいります。

食生活を改善しましょう

前にもご説明しました通り、昔の日本人には、わきがの人はほとんど存在しませんでした。農耕民族だった日本人は、コメを主食として野菜や魚介類を食べる食生活だったんですね。ところが、動物の肉類などを好んで食べるようになってから、わきがの人が増加してしまったわけであります。

ということは、わきがの臭いを改善するためには、昔の日本人が食べていた和食中心の食生活に戻してあげることが大切なのです。わきがの臭いを改善するということであれば、まずは食生活の見直しから始めましょう。

わきが用石鹸の効果とは?

わきがになる人が増加傾向にあるという時代を反映して、わきが臭の強い人でも効果があると言われる、わきが用石鹸が開発され、そして今は販売もされているわけであります。わきが用の石鹸には、いくつかの種類がありますが、実際に使った方たちから支持を得ている代表的なものを、下記にご紹介しておきますね。

【ミョウバン石鹸】

わきがというのは、アポクリン腺から出てくる汗が臭いの原因ではなく、脇の下で雑菌が繁殖することで、臭いがより強くなります。

ミョウバン石鹸には殺菌力があることから、雑菌から脇の下を守ることができますし、皮膚を弱酸性の状態に維持し、雑菌が住みづらい環境にしてくれる効果があるのです。このような働きのおかげで、わきが特有の臭いを抑える効果を期待できるわけですね。

【トルマリン石鹸】

トルマリンには、ヒドロキシルイオンと呼ばれるマイナスイオンを放出する性質を持っていますが、この特徴を利用した石鹸が、トルマリン石鹸なのであります。マイナスイオンのヒドロキシルイオンは、体臭の原因となっている過酸化脂質であるとか、加齢臭の原因にもなるノネナールを分解して、無力化する働きがあります。

さらには、毛穴に詰まった汚れまでも分解してくれるのです。このような効果のおかげで、わきがの臭いを強く抑えることができると言われているのです。

【炭石鹸】

炭石鹸といいますと、温泉などでもよく見かける人気の石鹸なわけですが、その効果には、毛穴に詰まった皮脂や老廃物を吸着することで洗い落として、お肌を清潔にしてくれるというものがあります。さらに炭には消臭効果もありますので、わきがの臭いに対して有効に働きかけてくれるでしょう。

以上のように、わきが用石鹸を使うことで、脇の下の臭いを抑えて清潔に保ってくれるはずです。

焼きミョウバンの効果とは?

ミョウバンの一種であるカリミョウバン(別名:硫酸カリウムアルミニウム)を加熱して、水分を完全に取り除いた状態のものを焼きミョウバンと言いまして、物自体は正八面体をしている無色透明の結晶体です。もともとカリミョウバンは、黒豆やナスなどの色落ち防止や、芋などの煮崩れを防ぐために使われている、食品添加物にも指定されているものなんですね。

そんなカリミョウバンなのですが、実は大変強い消臭と殺菌の効果があることでも有名な存在なのであります。ちなみに古代のローマ人は、ミョウバンを制汗剤や防臭剤として活用していたらしいですよ。

焼きミョウバンの使い方

焼きミョウバンは、通販などでも袋詰の状態のものを簡単に購入することができます。例えば、通販の大手でもある楽天市場では、500グラムのものを送料無料1,000円以下で入手することができるんですね。この焼きミョウバン50グラムを1.5リットルの水道水で溶かすだけです。

ただし、焼きミョウバンは水に溶けにくい性質がありますので、一晩つけ置きすると溶けてくれます。これを焼きミョウバンの原液として使うことになります。後はこの焼きミョウバンの原液をさらに10倍に薄めてから、お好みの大きさのスプレーボトルに入れて吹きつけて使うだけです。

ちなみにスプレーボトルは、100円ショップなどで販売されています。この焼きミョウバン水を使うシーンとしましては、お風呂あがりなどが効果的です。また、たくさん汗をかいて臭いがきつくなってしまった場合は、一度該当部位に吹きつけて汗とともに拭き取ってから、あらためて焼きミョウバン水を吹き付けると効果的です。

これは好みの問題になりますが、エッセンシャルオイル(精油)を加えてあげると、さらに使い心地が良くなるでしょう。ちなみに焼きミョウバン水は、ニキビやアトピーにも効果があると言われております。

米酢の効果とは?

米酢と言えば、これはもう皆さんもご存知の通り、米を主原料にした醸造酢のことです。日本における代表的な酢と言っても良いでしょう。そんな米酢なのですが、実は、わきが対策としても活用することができるのです。

米酢には強い殺菌効果があることから、アポクリン腺から分泌された汗が雑菌と混ざって悪臭を放つ要因となっている、この雑菌を駆逐することができるわけです。その結果として、わきがの臭いを抑えることができるわけですね。

使い方は至ってシンプルです。米酢をガーゼ、脱脂綿、コットンなどに染み込ませて、脇の下にすり込むだけです。これで4時間から5時間程度は、わきがの臭いを抑える事ができるはずです。また、米酢が持っている働きは殺菌作用だけではありません。

実は、汗腺を引き締めてくれるんですね。その結果、アポクリン腺からの汗の分泌量を減らすことができるのです。そうすると、必然的にわきがの臭いも抑えることができるわけであります。

わきがに効果のある薬

わきが対策として、薬を使うという方法もあります。ここでは、わきがに効果のある薬を幾つかご紹介しておきます。わきがの臭いを抑えることのできる代表的な薬には、下記のようなものを挙げることができます。

【オドレミン】

オドレミンは、わきがの臭いを抑えることに関して、大きな効果を期待することができますし、金額的にも通販などで25ミリリットル入りのものが、送料込みでも1,000円プラスアルファ程度で購入することができます。即効性はなく、継続使用の後、効果が現れてまいります。

ただし、オドレミンは酸性が強いという性質があることから、敏感肌などの皮膚が弱い方は、かぶれてしまう可能性もあります。通販大手の楽天市場では、200人以上の方からレビューが寄せられておりまして、高い評価を得ているという実績もあります。

【ラヴィリンクリーム】

ラヴィリンクリームは、イスラエルで開発されて1975年に販売されるようになった、世界的にも人気の高い薬用クリームです。そんなことから、イスラエル政府からも優良商品ということで表彰までされているそうです。

わきが対策としては、まさに画期的なデオドラントクリームと言って良いでしょう。このクリームの特徴は、何と言っても1回塗るだけで7日間も臭いを抑えることができるという、その持続性にあります。この7日間の間は、海水浴やプールもOKなんですね。

さらに言えば、入浴も可能なのです。ちなみに通販大手のアマゾンでは、12グラム入りのものを送料込み3,000円程度で購入することができます。また、アマゾンのレビューには100人以上の方がコメントを寄せていますが、概ね高い評価を得ているようです。

【テノール液】

塩化アルミニウムが配合されているテノール液は、脇の下の汗や臭いを抑えてくれます。入浴後、そして就寝前に塗るのがオススメです。ちなみに通販大手の楽天市場では、ロールオンタイプの30ミリリットル入りのもので、税・送料込み500円ちょっとで購入することができます。

また、楽天のレビューでは100人以上の方がコメントを寄せておりまして、やはり高い評価を得ております。

わきがに効果のある漢方薬はありますか?

東洋医学である漢方では、実は“わきが”と呼ばれる病名は存在しないことになっています。ということで、わきが対策として漢方薬を活用するということであれば、汗を抑えることのできる漢方薬を利用することになります。

ただし、漢方薬は体質を改善することで、その原因に対処することになりますので、その本人の今現在、体質や体重など置かれている状況を把握した上で、專門の医師なり漢方調剤のできる薬剤師に処方してもらう必要があります。そうでないと、せっかく服用しても効果を得られないこともあります。

そして、医師が医療行為として処方してくれれば保険の適用になりますが、そうでないと保険の適用外となってしまいます。この辺りのことは、わきがの手術と同様ですね。参考までに、汗を抑えることができると考えられている漢方薬を下記にご紹介しておきます。

  • 防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)
  • 五苓散(ごれいさん)
  • 桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)
  • 黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

ボトックス治療の効果とは?

食中毒の原因となるボツリヌス菌って、皆さんも聞いたことがありますよね。実はボツリヌス菌から生成されるA型ボツリヌスから抽出された毒素を、製剤化したものがボトックスなのであります。A型ボツリヌスには、筋肉を麻痺させてしまう働きがありまして、その毒性の強さは人間を死に至らしめるほどのものなのです。

この筋肉を麻痺させるという特性を利用して医療用に加工したのが、ボトックスということになります。人間の発汗システムの中で、重要な役割を担っているものにアセチルコリンという情報の伝達物質があります。この物質が交感神経の発汗を促しているのですが、ボトックスにはアセチルコリンの分泌を抑える働きがあります。

ボトックス治療とは、要するにボトックスを使って、わきがの臭いの元凶となっている汗の分泌そのものを抑えてしまうということなのです。全ての病院というわけにはまいりませんが、最近はボトックス治療も保険の適用が認められるようになりましたので、昔よりは利用しやすくなっているはずです。

ボトックス治療における注射は、1回につき10分から15分ぐらいの時間がかかりますが、けっして大掛かりな治療が行われるわけではありません。また効果の持続力については、かなり個人差があったりしますが、大方のところ6ヶ月程度になっています。

超音波治療法の効果とは?

わきがの超音波治療法は、皮下組織に超音波を照射することで、臭いの元凶となっているアポクリン腺を崩壊させて、除去してしまうという方法になります。超音波治療法で使用される超音波の振動が崩壊させるのは汗腺だけですので、血管や神経が損傷することはありません。

超音波治療法実施の流れは、数ミリの穴を該当部位に開けて、その穴から超音波を当てるだけですので、両脇実施の合計時間でも30分程度で終わります。開ける穴は非常に小さいものですので、痛みも心配する程のことはありません。

また、手術後も早く回復しますので、身体的な負担は小さくて済みます。めったにないことですが、心配なのは30分の手術ではアポクリン腺を破壊できなかったり、超音波を照射する治具を近づけすぎて火傷をすることです。

技量の高い医師がこの治療法を実施することで、脇の下に存在するアポクリン腺を100%取り除くことは可能ですし、再発の可能性もかなり低く抑えることができます。ただし、取りこぼしがあると再発することもあります。

これが、医師の技量の差ということになってしまいますね。超音波治療法もまた、医師が医療行為と認めてくれれば保険の対象になりますが、そうでないと保険は効きません。

わきが手術の剪除法(せんじょほう)

わきがの手術にはいくつかの方法がありますが、その中でも最も効果が高いのが剪除法になります。また剪除法であれば、ほとんどのケースで保険が適用されます。逆に言えば、剪除法と超音波治療法以外のわきが手術は、保険が効かないと考えたほうが良いようです。

この辺りのことは、実施する病院によって異なるんですね。わきが手術の剪除法とは、脇の下の皮膚に数センチ程度切込みを入れて皮膚をひっくり返すことで、医師が視認しながら実施されますが、医師が直接目で確認しながらはさみを使って切り取る作業になりますので、確実性は非常に高いものがあります。

色々ある手術の中では、最も効果が高く、そして再発率が低い方法と言われております。心配な傷跡が残るのではないか、という後遺症についてなのですが、多くの方は傷跡も消えるのですが、それでも手術を受けた方全員が消えたのかといえば、やはり100%ではないんですね。

メスは、シワの流れに沿って入れることになりますので、傷が残ったとしてもそれほど目立たないはずです。しかし、傷跡が目立つか目立たないかは、医師の腕にもよりますが、それ以上に患者さんの体質に影響を受けてしまうそうです。あなたの場合は大丈夫なのでしょうか?本当に手術をうけるということであれば、よく主治医と相談しください。

オススメできない“わきが対策

わきが対策といいますと、ネット上には実に色々な方法が取り沙汰されております。その中には、首を傾げざるを得ないようなものまで存在します。それでも、実際にその方法で効果があった方がおられるようですので、参考程度にご覧いただければと思います。その他のわきが対策には、どのようなものがあるのでしょうか?

レーザー脱毛で、わきがが改善されますか?

レーザー脱毛は、特殊なレーザー照射器を使うことになるのですが、この照射器は黒い色素のみに集中してレーザーを照射することができるんですね。これを使って、毛根と毛包を焼ききることで永久脱毛する方法です。1回の治療時間は5分程度ですし、傷が残ることもありません。

もちろん、日常生活に支障が出ることもありません。脱毛することで、脇の下には雑菌が繁殖し辛くなりますし、また、レーザー照射で一部のアポクリン腺を破壊することになります。その意味ではわきが対策としての効果は、それなりにあるはずです。

しかし、せっかく施術をするのに、根本的にアポクリン腺を崩壊させるわけではありません。また、レーザー脱毛は美容ですので保険が効きません。したがって、わきが対策として考えた場合、経済的にもあまりオススメできる方法ではないでしょう。

コロン&制汗剤の効果とは?

コロンや制汗剤というのは、わきが対策として非常にたくさんの方が利用しているはずですが、どちらも持続時間が短く、特にコロンは時間の経過とともに、わきがとコロンの臭いが混ざって、言葉では表現できないような臭いになってしまうことがあります。

制汗剤にしても、殺菌作用で一時的に効果はありますが、やはり持続性が非常に低いので、あまりオススメできません。あくまでも一時しのぎで良ければ、効果はあります

クロレラの効果とは?

クロレラには、人間が生きていくために必要とする栄養素の全てが豊富に含まれております。例えばざっと挙げるだけでも、タンパク質、ビタミン、ミネラル、炭水化物、葉緑素、食物繊維、核酸などがあります。

クロレラを摂取することで、栄養バランスが取れて体質が改善された結果、わきがの臭いも抑えられるようになる可能性はあるかもしれません。しかしクロレラには、わきがに直接的に働きかける改善手段がありません

クロレラで、わきがに効果のあった方がいらっしゃるのかもしれませんが、やはり、積極的にオススメする方法ではありません。もちろん、健康のために摂取するという趣旨であれば、大いに結構なことだと思います。

わきが対策はご自身にあった方法を選びましょう

わきがの治療において最も効果があるのは、剪除法という手術になります。しかし前述した通り、後遺症の残る確率はゼロではありません。他の治療方法に目を向けた時、わきがは人それぞれ症状や程度に差があります。色々な改善方法にしても、効果や持続性において同様に差があるのが現実です。

多くの方はいくつかの方法を試して、試行錯誤の上で、より自分にあった方法を選んでいます。けっして一つの方法にこだわることなく、色々試してみることで、ご自身にあった方法を見つけ出してください。それが最も良い“わきが対策”ということになるでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る