TOP > > 普通の汗っかきとワキガの違いが分かるチェック方法

普通の汗っかきとワキガの違いが分かるチェック方法

自分の臭いには自分で気付きにくいものですが、ワキガは他人から指摘するのも難しいものです。単なる汗っかきだと思っていたら、実はワキガだったと大人になってから気付いたという人もいて難しいところがあるものです。もしかしたら、と思ったら、自分でチェックしてみませんか?

普通の汗っかきとワキガとの違い

そもそも、普通の汗っかきとワキガって何が違うの?という疑問がありますね。単純に言えば臭いの違いで、臭いがきついのがワキガ、そんなにしないのが汗っかき、と判断している人も多いと思いますが、なぜ臭いがそんなに違うのでしょう?

実は、普通の汗とワキガでは、分泌されている汗腺が違うのです。普通の汗はエリクリン汗腺などから出て来るのですが、ワキガはアポクリン汗腺から出る汗で、アポクリン汗腺から出る汗が臭いを発してしまうのです。

ですから、ワキガを持っていて、しかも汗っかきでもあるとなると、もともと臭いのないエリクリン汗腺から出た汗がアポクリン汗腺から出た汗と混ざってしまって、臭いをより強くしてしまうので注意が必要になるのです。

ワキガのチェック方法

何と言ってもこれは自分で自分の臭いを客観的に知ることです。いくつかの簡単な方法をご紹介しましょう。

・耳あかが乾いているか湿っているかを確認する

耳掃除をした時に、耳あかが湿っている場合にはワキガの可能性があります。ねっとりとした粘りのある耳あかや、常に湿っていて、カサカサと乾くことがないタイプです。耳と脇には同じアポクリン汗腺があるために、ワキガの人は耳の汗腺も活発に動いているのです。

・お風呂に入る前にサランラップなどで脇をこすり、臭いを嗅いでみる

腕を上げて鼻を脇に近づけて臭いを嗅いでも、実はあまり分からないのです。客観的に判断するためには、他のものに汗をつけてから嗅ぐ方が分かりやすいです。

・脇汗をかいたら服が黄色くなるかどうかを見る

これは白いシャツだとすぐに分かりますから、アンダーシャツを白の半袖にしてしばらく着てみることをお勧めします。それで黄色くなるならアポクリン汗腺からの汗が出ている証拠です。

・お風呂に入る時に脇毛に透明な塊がついていないか確認する

これは全ての人に言えるわけではありませんが、ワキガを持っていて、かつ脇のケアがしっかり出来ていない場合に、アポクリン汗腺から出た様々な分泌物が結晶化してくっついてしまう現象です。エリクリン汗腺から出る汗は結晶化しません。

・親がワキガかどうか確認する

ワキガは遺伝しやすいのです。両親とも、もしくはどちらかの親がワキガだった場合には、高い確立で遺伝します。

チェックした結果ワキガだった時は脇のケアをしっかりしよう

仕事や育児、毎日の色々な用事で、人と会わずに済ませることは難しい世の中です。特に夏の汗をかきやすい季節には、満員電車やバスに乗ることさえもおっくうになってしまうでしょう。近くに臭いの強い人がいると、周囲の人もやはりなかなか落ち着けなかったりして、上手にケアすることが望ましいと言えます。

例えばですが、男性の場合は脇の毛を剃らない人が大半を占めます。しかし、ワキガであったらすぐにきれいにした方が良いでしょう。脇毛は汗を絡めとり、雑菌が繁殖する場所となりがちです。臭いの元となる場所をすっきりさせると、他のケアもしやすくなります。

体臭を消す効果のある石鹸などを使うのも良いですし、お風呂から上がったあとに消臭効果のあるミョウバン水を脇にふっておくなども効果があります。消臭グッズは効果が高いものが色々と出ていますから、自分に合っているものを見つけておきましょう。

ワキガの場合は、上から香りのものを重ねて誤魔化そうとしても難しい場合がありますから、なるべく臭いを軽くする方向でケアする方が良いようです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る