TOP > > 日焼けや皮膚がんを食べて予防!意外と知らない紫外線対策食品

日焼けや皮膚がんを食べて予防!意外と知らない紫外線対策食品

「日射しが強くなれば紫外線対策を」と言われ、そんな深刻に考えなくてもいいだろうと思う人もいるでしょう。実際に私たちの身体の中では、紫外線を浴びることでビタミンDの生合成が行われています。しかしだからと言って紫外線を浴び続けると、様々なリスクが生じてくるのです。

紫外線が病気を引き起こす?

我々日本人は日焼けすることが当たり前だと感じていますが、実は白人は日本人ほど日焼けすることがありません。彼らの皮膚は長時間紫外線にさらされると赤くなり、褐色になることはあまりありません。これは皮膚のメラニン色素の量と関係しているのです。

紫外線は細胞のDNAを傷つけるということが知られています。DNAが損傷するということは、その後正常な働きを行えなかったり、正常な増殖を行えないということになります。これが、紫外線が皮膚がんを引き起こすと言われている理由なのです。メラニン色素はその紫外線を吸収し、DNAへの刺激を軽減してくれています。

紫外線は目にも強い影響を及ぼします。目は常に光(可視光)を取り入れてそれを電気信号として脳に送る役割を果たしています。

しかし当然、目には紫外線も入り込んできます。屋外で仕事をする時間が長い人や、急激に紫外線を浴びたときは、目にも紫外線の影響が出るのです。特に日本人に多い皮質内白内障は紫外線との関係性が強いといいます。

先に説明したように、日本人はメラニン色素が多く、皮膚がんの発症率や死亡率は他の国(オーストラリアやニュージーランド)と比べて非常に低いです。しかし、むやみやたらに日焼けするのは、皮膚がんの危険性を上げるため、注意が必要です。

紫外線の影響を食品で防ぐ

紫外線は皮膚に炎症を引き起こします。この炎症が他の症状へ繋がることもありますし、シミやしわの原因にもなります。こうしたことを防ぐため、また紫外線によって生じた良性、悪性の腫瘍の増殖を防ぐために、推奨されている食品を紹介しましょう。

一つはトマトです。リコピンが注目されているトマトですが、このリコピンはカロテノイド色素の一種です。カロテノイド色素は植物自身が紫外線から身を守るべく産生している色素だと分かっており、ヒトでいうところのメラニン色素のようなものです。これを摂取することで紫外線への抵抗力増加が期待できます。

また、皮膚組織に蓄えられたリコピンは紫外線によって生じた活性酸素を除去することが分かっています。他にも、余分なメラニン色素の生成抑制、コラーゲン合成の促進など、紫外線が原因となって生じた様々な皮膚のトラブルを解消する力が、リコピンには含まれているのです。

ブロッコリー(特にスプラウト)には皮膚がんを抑制するスルフォラファンという成分が豊富に含まれています。スルフォラファンは細胞を発がん物質から守る働きをしてくれ、免疫力や新陳代謝を上げる働きがあります。強い抗酸化作用を持っており、持続性が高いのも特徴です。紫外線対策にはもってこいの食材と言えるでしょう。

魚等に含まれる多価不飽和脂肪酸(n-3系)も皮膚がん予防に効果があるされています。かつてDHAが一世を風靡しましたが、これもn-3系脂肪酸の仲間です。サバやイワシ、マグロ、サケなどに多く含まれているので、積極的に摂っていくと良いでしょう。

紫外線対策には日焼け止めを塗ったり、帽子を被ったりすることが大切ですが、塗り薬は汗で流れてしまいます。内側からの対策もしっかりとしておくことが大切と言えるでしょう。紫外線対策に良い食品を摂取して、紫外線に強い身体を作っていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る