TOP > > 紫外線によるシミを防ぐ!肌の奥のメラニンを取り除くには?

紫外線によるシミを防ぐ!肌の奥のメラニンを取り除くには?

シミができてしまっても、決してあきらめる必要はありません。シミの正体を理解して、正しい対処をすれば、どんなシミでも取り除くことは可能です。シミを取り除き、美白を取り戻す方法をご紹介します。

シミの正体とは?

シミができる原因のほとんどは、紫外線の影響によるものです。紫外線は、浴びすぎると皮膚の細胞を破壊して病気をもたらしたり、皮膚がんを発生させたりと、人間にとっては有害なものです。その有害な紫外線から皮膚や体を守るために、肌の中にあるメラノサイトという細胞でメラニン色素が作られ、紫外線が体内に入らないようにブロックする働きをします。

この時、メラニン色素が増えすぎたり、皮膚の中で炎症が起きたりすると、色素が肌の奥にある真皮にまで落ちていき、そこにとどまります。真皮に沈着したメラニンは、真皮の代謝速度が遅く、なかなか落ちないため、シミとして跡が残ってしまうのです。シミの正体は、肌を守るための防御反応であるメラニンが真皮にまで入り込んでしまったものなのです。

シミを消す方法は?

シミの下には、新しい皮膚細胞があるので、新陳代謝を活発にして、シミとなっている皮膚細胞を新しい細胞と入れ替えれば、シミが消え肌が元通りの色に戻るのです。しかし、加齢によって皮膚の新陳代謝が弱くなったり、シミの部分にさらに紫外線があたったりすると、シミになっている部分の皮膚が生まれ変わりにくくなるので、シミがなかなか消えないということになります。

シミを消すためのポイントは、とにかく肌の新陳代謝を活発にして、シミになった部分の皮膚を新しい細胞と生まれ変わらせることと、シミの部分が紫外線などでダメージが起こらないように保護することの2つにあるのです。

シミを治すポイントはビタミンBにある

一般的に、シミを消すためには、ビタミンCを摂ると良いといわれるます。確かに、ビタミンCはチロシンというメラニン色素を作り出す細胞の働きを阻害して、メラニンの合成を阻害するのですが、問題はその量です。

シミを消す効果を期待する場合、ビタミンCは1日2000mg以上摂ることが必要です。一般的なサプリメントなどでは、1日の摂取目安は500mg程度なので、かなり多めに摂る必要があるのです。そして、シミを消すために最も必要な栄養素は、実は、ビタミンBです。

特にビタミンB2は、メラニン色素を作り出すチロシナーゼという酵素を阻害する働きがビタミンCよりもはるかに強く、活性酸素の除去や傷ついた細胞の修復なども同時に行うので、シミとなった細胞を修復したり、新しい細胞との交換をスムーズに行うように働きます。

お肌といえばビタミンCだと思い込んでいる人が多いのですが、ここが盲点となっていて、実は、できてしまったシミを取り除くには、ビタミンB2が必要なのです。

シミを消すLシステインの効果的な摂り方

シミを消す化粧品や薬などには、必ずといっていいほど、Lシステインという成分が入っています。Lシステインは、お肌の生まれ変わるスピードを早くして、シミを消す働きをします。このLシステインは、昼よりも寝る前に摂るようにするのが効果的です。

肌の生まれ変わりが最も進むのは、夜、寝ている間ですから、寝る前にLシステインを摂るようにすれば、成分が夜中の肌の新陳代謝に使われ、最も効果的にシミを消すことにつながります。Lシステインは夜飲むことが鉄則です。

また、Lシステインは水溶性のため、1度にたくさん摂るよりも、一日に何回かに分けて摂ったほうが効果的です。ですから、普段の食生活から、こまめにLシステインを摂るようにすると良いのです。Lシステインを多く含む食品には次のようなものがあります。

・豚肉 ・卵 ・にんにく ・タマネギ ・ブロッコリー ・唐辛子 ・はちみつ 

美白化粧品の効果はどうか?

美白化粧品は、紫外線を防ぐ効果は期待できますが、すでにできているシミを薄くする効果としては、あまり期待できません。美白化粧品として使われている成分は、あくまでも新たに作られるメラニンを減少させる効果であって、すでに作られたメラニンを取り除く働きではありません。

また、ビタミンCの吸収が良くなるように、ビタミンC誘導体が入っていることが多いのですが、実は、ビタミンCは空気に触れると壊れてしまう性質があることや、ビタミンC誘導体といえども、真皮より奥には届きにくいので、化粧品として肌の上から塗りこむよりも、体の中から取り込んだほうが、皮膚の再生には効果が高いのです。

実際にシミを取り除くには、とても時間がかかります。最低でも3ヶ月、半年~1年は、しっかりと続けなければ効果はあがりません。根気強く、あきらめないで続けることが何より必要です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る