TOP > > 紫外線が原因でグロテスクな目の病気に!正しい目の紫外線対策とは

紫外線が原因でグロテスクな目の病気に!正しい目の紫外線対策とは

サングラスをかけた女性

キャンプや海水浴にでかけた後、目が痛くなったり疲れたりすることがありますよね。これは紫外線の影響です。

でも、紫外線が目に与える影響はこれだけではありません。紫外線によるダメージが蓄積すると、白目部分が広がって黒目にかぶさってしまう「翼状片(よくじょうへん)」などの恐ろしい病気につながります。

「紫外線の恐ろしさはよくわかってるし、夏はサングラスしたりしてちゃんと対策しているよ」という人も要注意。目の紫外線対策は、夏意外にもやるべきなんです。

夏以外にも目は多くの紫外線を浴びています。もちろん、冬の紫外線は夏よりもかなり弱くなりますが、なんと、紫外線の強さと目が受ける紫外線の量は比例しないんです。

冬は夏よりも太陽高度が下がるので、目が太陽から直接の紫外線を浴びやすくなり、多くの紫外線を浴びているという実験結果が出ています。  

この記事では、目の紫外線対策を1年中やるべき理由と、効果的な紫外線対策グッズを紹介します。今日から実践して、あなたの目を紫外線から守りましょう。 

【閲覧注意】記事中紫外線が原因で起こる目の病気の症例写真があります。

紫外線が原因で引き起こされる目の病気

「海水浴場など、紫外線が強いところでは、サングラスや帽子で目の紫外線対策をしている」という方も多いでしょう。

しかし、目にダメージを与えるのは、アウトドアやレジャーで受ける強い紫外線だけではありません。日常生活で受ける紫外線ダメージが蓄積することで、白目の組織が広がる「翼状片(よくじょうへん)」など、慢性的な目の病気になってしまうこともあるのです。

紫外線によって引き起こされる目の病気についてご紹介します。

海水浴やスキー場でなりやすい!ビリビリ痛い電気性眼炎

海水浴場やスキー場などの日差しが強い場所にいて、目が痛くなったり疲れたりする症状は、「電気性眼炎」と呼ばれる眼の角膜の炎症です。

スキー場などで、雪面から反射した紫外線で目が痛くなってしまう「雪眼(ゆきめ)」もこの症状のひとつです。

角膜は黒目の部分で、紫外線の一部を吸収してくれる役割を持っています。目が強い紫外線を浴びると、角膜の細胞が大量に死んでしまい、炎症が起こります。

通常であれば、細胞が死んでも自然に再生して傷を治します。しかし、強い紫外線を浴びて細胞が大量に死んでしまうと、再生が間に合わないので、炎症が起きてしまうのです。

紫外線を浴びた日の夜、以下の症状がみられる場合は電気性眼炎になっている可能性があります。

  • 寝ていると強い痛みを感じる
  • 涙が出てくる
  • 目が充血している

電気性眼炎になってしまったら、眼科で角膜を守る目薬を処方してもらいましょう。通常は2日程度で治ります。

夜間に痛みがひどく出る場合が多いので、冷湿布で目を冷やして朝一番で受診するのが良いでしょう。

紫外線ダメージで白目が増殖!手術しないと治らない翼状片

強い紫外線を集中して浴びた時ではなく、日常生活で受ける紫外線ダメージが蓄積して引き起こされる慢性的な病気もあります。

その中でも「翼状片(よくじょうへん)」は、紫外線との関連性が高いと考えられています。白目の組織(結膜)が黒目に覆いかぶさってきて、乱視になったり、最悪の場合には失明してしまう病気です。

翼状片の症例写真

紫外線のせいで白目に慢性的な炎症ができてしまい、炎症が続くことで白目の組織が異常に増殖することが原因だと考えられています。

翼状片になってしまったら、目薬で治すことはできません。増殖した白目の部分を切って取り除く手術が必要になります。しかし、若い人ほど再発する可能性が高いことが知られています。

まばたきができない!白目に黄色いふくらみができたら瞼裂斑

その他にも、紫外線との関連を指摘されている病気があります。白目部分にシミのような黄色っぽい盛り上がりができてしまう「瞼裂斑(けんれつはん)」です。

眼科に通院しても「目薬をさしながら様子を見ましょう」と言われることがほとんですが、盛り上がりが大きくなり、まばたきにも支障が出るようになると、手術が必要です。

瞼裂斑の症例写真

瞼裂斑は20代以下の人に発症することは稀です。紫外線のほか、ハードコンタクトレンズによる摩擦も原因になります。

なんと白内障にも紫外線が関係している!

また、紫外線は水晶体を傷つけ、「白内障」の原因になるとも言われています。水晶体は目の中になるレンズのようなもので、これが白く濁ってしまうのが白内障です。最悪の場合には失明します。

白内障が進行して、日常生活に支障が出てくると、手術を行うことになります。
 
このように、目に蓄積した紫外線のダメージはさまざまな病気を引き起こす可能性があるのです。

冬でも油断禁物!太陽高度が低いと目は多くの紫外線を受ける

強い紫外線だけではなく、日常生活で受ける紫外線ダメージが原因で、慢性的な目の病気になることをご紹介しました。

ここで注意しておきたいのは、紫外線の強い夏の日常生活にだけ気を付けても、病気を防げないということです。

紫外線が弱くなる冬でも、太陽高度が下がることによって、目は多くの紫外線を浴びています。同じ理由で、昼間だけでなく、朝や夕方も目は多くの紫外線を浴びているのです。

紫外線の強さと目が浴びる紫外線の量は比例しない

下の2つのグラフを見てください。

青色のUVインデックスは、紫外線が人体(皮膚)に影響を与える度合いの強さを示す指標で、天気予報の紫外線注意報などに活用されています。

一方、赤色の眼部UVインデックスは、まだ一般的な指標となっていませんが、目が浴びる紫外線の量を示しています。

UVインデックスと眼部UVインデックスのグラフ夏
UVインデックスと眼部UVインデックスのグラフ2冬

このグラフによると、夏の12時のUVインデックスは7、眼部UVインデックスも7です。それに対し、冬の12時のUVインデックスは1であるも関わらず、眼部UVインデックスは4となっています。

つまり、冬は、紫外線の強さが夏の1/7になるのに、目が浴びる紫外線の量は半分も減らないのです。

絶対量では夏より低いとはいえ、冬でも目は多くの紫外線を浴びていることがわかります。一般的な「紫外線の強さ」と、目が浴びる紫外線の量は比例しないのです。
 

冬でも目が多くの紫外線を浴びる理由は太陽の高さ

どうして、冬でも目は多くの紫外線を浴びてしまうのでしょうか。その理由は、太陽の高度にあります。

夏には高いところから光が差すので、目は頭や眉のおかげで陰になり、太陽から直接届く紫外線から守られます。

しかし冬には、低いところから光が差すため影ができず、目が太陽から直接届く紫外線を浴びてしまうのです。

同じ理由で、朝や夕方も、目は直接紫外線を浴びてしまいます。朝から夕方までしっかりと紫外線対策をする必要があります。

曇りでも日陰でも紫外線はあなたに降り注いでいます

紫外線が弱い季節・時間帯でも、注意が必要であることをお伝えしました。

では、天気はどうでしょうか。実は、曇りの日でも油断は禁物です。

薄曇りと快晴を比べてみると、紫外線量は10~20%しか減らないのです。曇りの場合でも、紫外線量は快晴に比べ半分も減りません。

快晴時のUVインデックスを100%とした場合の天気毎のUVインデックスの割合

さらに、日蔭でも紫外線を浴びているということにも注意が必要です。紫外線は、大気に反射して地上に降り注ぎます。日蔭は、直接の太陽光は防いでくれますが、大気に反射して地上に届く紫外線は防いでくれません。

直射光と散乱光

季節、時間帯、天気を問わず、空が見えるところにいる場合には、目の紫外線対策を行うべきです。

おすすめ紫外線対策グッズ!サングラスは機能とフィット感で選ぶ

サングラスの写真

では、紫外線を防ぐためには、どのような対策グッズが効果的なのでしょうか?

金沢医科大学の佐々木洋教授は、

  • UVカット機能付きサングラス
  • メガネ
  • 帽子
  • 日傘

を使って、目への紫外線を防ぐ実験を行いました。

その結果、単独でもっとも紫外線を防ぐ効果が高かったのはサングラスで、もっとも効果が低かったのは白い日傘でした。

しかし、サングラスが顔にフィットしていないと、隙間から紫外線が入ってきてしまいます。紫外線は、太陽の方向からだけではなく、地面、大気や建物に反射して、さまざまな方向からあなたの目に届いているからです。

紫外線の特性を知り、サングラスなどの対策グッズを正しく選びましょう。

まずはサングラスの紫外線カット率と紫外線透過率を確かめましょう

サングラスを選ぶ際、「濃い色のほうが、紫外線対策にはいいのかな」と考える方も多いですよね。でも、色と紫外線カットの性能には関係がありません。

大事なのはレンズの「紫外線カット率」または「紫外線透過率」です。次のようなサングラスを選んでください。

  • 紫外線(UV)カット率が高いもの
  • 紫外線(UV)透過率が低いもの

特にレンズの色が濃いサングラスを選ぶときには注意が必要です。眼は、暗いところでは瞳孔を開いて、光をより多く取り込もうとする性質があります。

UVカット機能がない濃い色のサングラスをすると、瞳孔が開いて紫外線を多く取り込んでしまい、逆効果です。サングラスを選ぶ際は、レンズの色ではなく、紫外線を防ぐ機能に注目してください。

フィット感とテンプルで思わぬ方向からの紫外線を防ぐ

レンズの紫外線防止機能を確認したら、次は実際にかけてみて、フィット感を確認します。サングラスをかけたときに、顔とサングラスの間が大きく開いていないか確かめてください。

さきほども紹介したように、紫外線は、地面や大気に反射して、さまざまな方向から目に届きます。サングラスと顔が離れていると、隙間から紫外線が入ってきます。

また、サングラスはテンプルが太いものを選ぶ必要があります。

サングラスのテンプルの場所

テンプルが細いタイプのサングラスだと、目の横から紫外線が入ってきますが、テンプルが太ければ紫外線をブロックしてくれます。

眼とサングラスの間が大きく開かず、テンプルが太いサングラスを選べば、さまざまな方向からやってくる紫外線を防ぐ効果が高くなります。

紫外線カット効果をさらに高めたい方は、サングラスとつばの広い帽子を併用するのがおすすめです。

肌と同じくらい大切!今すぐ目の紫外線対策を始めましょう

目の紫外線対策は大事だとわかっていても、肌の紫外線対策ほど熱心に取り組んでいる人は少ないのではないでしょうか。

しかし、目への紫外線ダメージが蓄積すると、ひどい場合には失明につながる病気を引き起こします。眼の紫外線対策は、本当に大事なんてです。

さらに、目の紫外線対策は、季節、時間、天気に関係なく必要なものです。その理由は以下の通りでしたね。

  • 太陽高度が低い場合、目は直接太陽からの紫外線を受ける(冬、朝夕)
  • 薄曇りの日でも、快晴の日の8~9割の紫外線が降り注ぐ
  • 日陰に入っても、大気に反射した紫外線を浴びる

紫外線対策に効果的なのは、顔の形に合う、テンプルの太いサングラスです。自分に合うサングラスを選んで、あなたも、今すぐ目の紫外線対策をはじめましょう。

眼の紫外線対策に有効なのはサングラスです。色なしのクリアレンズサングラスを選べば、通勤通学時にも使いやすいですよ。帽子や日傘と併用すると、なお良いですね。

眼の紫外線対策は1年中だということを、ぜひ肝に銘じてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る