TOP > > 秋は紫外線で疲れた目のケアが大切!活性酸素対策にルテイン

秋は紫外線で疲れた目のケアが大切!活性酸素対策にルテイン

暑い夏が通り過ぎると紫外線による日焼けの跡が気になりますよね。十分にUVケアを行ったつもりでも、良く見てみれば浅黒くなった肌。強い紫外線を完全に遮断することは、とても難しいことが理解できます。しかし、紫外線による影響は目に見える肌だけなのでしょうか?肌以外の部分は大丈夫なのでしょうか?

紫外線による日焼けは肌以外に目にもあった

あまり知られていませんが、紫外線による日焼けは肌以外に目にも起こります。「えーでも目は黒くなっていないよ」と言われるかも知れませんが、目の日焼けは一見して分からないレベルで進行しており、場合によっては重大な病気を発症させる危険性があるのです。

もともと肌の日焼けは紫外線が直接肌にあたることで起こると思われていますが、実はそれだけではなく目で光を浴びることでも起こります。これは、太陽の強い光が目に入り込むと、紫外線の影響で目の細胞に負荷がかかります。その状態を察知した脳は肌を紫外線の影響から守るために、メラニン色素を作り出す指令を出すのです。

メラニン色素は肌を黒くして紫外線から肌を守る物質です。一般的には肌に直接紫外線があたることで作られると思われていますが、実は目に入り込む紫外線でも同じことが起きることがあったのです。秋は肌と同じく紫外線の影響で目にもダメージが残っている可能性があり、十分なケアが必要だったのですね。

目の日焼けはこんなに怖い

多くの人は目が日焼けすると言っても、あまりピンとこないのではないでしょうか?実際に目は日焼けしており、白目の部分が濁った感じの色になることもあります。これは目にメラニン色素が発生しているのではなく、炎症が起きたサインと考えて下さい。

目に入った太陽光は角膜、水晶体、網膜と到達しますが、網膜に到達する光はわずかになり、大部分がその前の水晶体で吸収されます。目の日焼けは主に角膜、水晶体のダメージによるものですが、光の強さによっては網膜を傷つけることもあるようです。目の日焼けは気が付かないうちに進行することがほとんどですが、以下の症状がサインとも言えるでしょう。

  • 目がしみてショボショボした感じになる。
  • 目薬をさすと痛み(しみる)で暫く目を開けられない。
  • 白目の色が濁ったように見える。進行すると白目の表面がデコボコに見える。
  • 眼精疲労が酷く、集中して物を見ることができない。
  • 夜、光が滲んで見える。対向車のヘッドライトを見ると目が痛くなってしまう。

目の日焼けケアにはルテインを摂取しよう

目の日焼けを放置すると「角膜炎」「白内障」「黄斑変性症」などの病気が発症する可能性があり、十分なケアを行うことが必要です。そのためには、ルテインで紫外線対策を行ってみてはいかがでしょうか?目の細胞のダメージは、紫外線によって作られる活性酸素が原因と言われています。

ルテインはこの活性酸素の働きを阻害して、細胞の酸化を防ぎ紫外線によるダメージを減少させます。もともと目の水晶体にルテインが含まれていることから、ルテインは紫外線カットのフィルターとして役目があるとの指摘もあるのです。

また、目のダメージを回復させる作用も期待できることから、目の日焼け対策にはルテインは最も重要な成分だと言えるのです。ルテインは植物由来のカロテノイドであり、強い抗酸化作用が特徴になります。

ほうれん草、ブロッコリー、レタス、グリーンピースなどの緑黄色野菜に多く含まれており、特にほうれん草はルテインの量も豊富で手軽に摂取できる野菜と言えます。ルテインは脂溶性(脂に溶ける性質)なので、酸化しにくい油で炒めて食べるのがオススメです。

オリーブオイルのソテーなどはオススメしたい調理法です。夏の間の紫外線により、目に含まれているルテイン濃度は減少していることが考えられます。いつまでも綺麗な目であるために、ほうれん草を食べてルテイン補給を行って下さいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る