TOP > > 紫外線も必要だった!?がん予防に紫外線が必要だと言われる理由

紫外線も必要だった!?がん予防に紫外線が必要だと言われる理由

紫外線と聞くと、「絶対悪」というイメージがありませんか?シミ、シワ、皮膚がんなどたくさんの負のイメージがあります。ですから、最近は盛んに日焼け対策について講じられています。

その為、1年を通して日焼け止めを使っている人が多いですし、冬でも日差しがある日は、日傘をさす人がいます。それほど紫外線対策は一般的に浸透しているのです。でもドクターの中には、ある程度の紫外線は必要だという考えの方もいらっしゃいます。

紫外線を浴びる事で、消化器癌のリスクを軽減する事が出来ると考えられているからです。でもなぜ紫外線を浴びると、消化器がんのリスクを減らすことが出来るのでしょうか?

それは、肌は紫外線を浴びるとビタミンDを作り出すからです。ビタミンDには、癌予防効果があります。血中ビタミンD濃度が低い人は、高い人と比べ、乳がんや大腸がんにかかるリスクが約2倍だと言われています。それほどビタミンDは、重要な栄養なのです。

では、ビタミンDはどのような食品に含まれているのでしょうか?ビタミンDが豊富に含まれている食べ物には、乳製品やキノコ類です。こういった食品でビタミンDを摂取する事も出来るのですが、食品だけでは十分に補えていない人も多いです。

ですからやはり日光を浴びて、ビタミンDを皮膚が作り出す必要があります。十分に皮膚がビタミンDを作り出すことが出来れば、消化器癌などのリスクを減らすことができます。ただ、「本当に日光を浴びるとがんが予防できるの?」と疑う方もいらっしゃいます。

しかし統計的に、東北や北陸など日照時間が少ない地域の人ほど、消化器癌での死亡率が高くなっています。対して九州など日照時間の長い地域の人は、消化器癌での死亡率が低い事が分かりました。

そのため、日光を浴びる事で消化器癌の予防が出来ると考えられるようになったのです。ただ、紫外線を浴びすぎる事はやはり危険です。皮膚がんのリスクがアップしますので、真夏に海や山に行く際には、しっかりと日焼け対策をしておきましょう。

でも紫外線量の少ない日は、日光を浴びて体内にビタミンDを取り入れても良いかもしれませんね。紫外線は絶対悪と考えられがちですが、ビタミンDを作り出すといった良い側面もありますので、過度に怖がる必要はないという事です!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る