TOP > 紫外線

紫外線の予備知識と予防

太陽からの光線は波長によって5種類に分けられます。波長が長い順に赤外線と可視光線、紫外線、X線、ガンマ線に分けられます。波長が短いほど人体に害があります。

ということはX線、ガンマ線も人体に影響があるので紫外線よりもX線、ガンマ線を気にしなければならないのでは?となってしまいますが、X線とガンマ線はオゾン層のおかげで地上には届きません。

紫外線には「A波」「B波」「C波」があり、A波が一番波長が長く順に短くなっていきます。

紫外線の中では「C波」が一番波長が短く有害ですが、「C波」もX線とガンマ線と同じく地上には届かないため、実際に気にしなければいけないのは「A波」と「B波」になります。

・「B波(UVB)」
「B波」の方が波長が短く人体への影響は大きいのですが、地球に届く全紫外線量の10%です。
しかし、長時間「B波」を浴びてしまうと肌が真っ赤になり、水ぶくれができるなどのやけどに似た状態になります。肌の細胞を傷つけるのでシミ、シワ、皮膚がんの原因となります。

・「A波(UVA)」
比較的波長の長い「A波」ですが波長が長い分肌の奥まで達するため、潤いを保つコラーゲンに悪影響を及ぼすため、シワの大きな原因になります。

また、日焼けするとすぐに肌が黒くなるのはこの「A波」の影響です。「B波」よりも波長が長いため、窓ガラスや雲も通り抜けるので、曇りの日や屋内にいても影響を受けやすくなるので対策が必要です。

紫外線対策

・上手に紫外線をカットしましょう
ちょっとしたひと手間で紫外線を避けることができます。日焼け止めの数値や記号の意味などを知って、状況や自分の肌に合った日焼け止めを選ぶことも大切なポイントです。

白内障や皮膚がんの原因である紫外線をカットする3つの方法

・一年中紫外線対策を
ひと昔前までは、赤ちゃんでもしっかり日光浴を・・・というのが常識でした。しかし、今は状況が変わっています。今はフロンガスによってオゾン層がどんどん破壊されているため、有害な紫外線が昔よりもたくさん地上に降り注いでいます。

もちろん昔でも夏は紫外線が強かったかもしれませんが、夏以外の季節はそれほど気にしなくても大丈夫でした。しかし今は一年中紫外線対策をしなければならないほど紫外線が強くなっています。

紫外線対策は一年中必要です!体の中から始める効果的な方法とは?

・食事で紫外線対策を
その季節の植物にはその季節にあった防御機能が備わっていることが多いです。その植物を人間が摂ることでその植物の防御機能を取り込むことができるということがわかっています。

夏には体を冷やす機能のある植物が多く、冬が旬の植物は体を温める効果があったり、特に夏と冬は植物にとっては厳しい季節です。その厳しさを乗り越える術を身に着けた旬の食材を食べましょう。

日焼けや皮膚がんを食べて予防!意外と知らない紫外線対策食品

紫外線が原因で病気に!?

紫外線を浴びると体内に活性酸素ができます。その活性酸素は万病の元と言われています。活性酸素はDNAを攻撃し、免疫力が低下します。

皮膚に紫外線を浴びることで皮膚がんのリスクが高まり、目から紫外線が入ることで白内障、他にも体中に影響があるので紫外線はできるだけ避けたいものです。

シミやシワだけじゃない!紫外線が原因で起こる恐怖の病気

・ほどよい紫外線を
何かと紫外線は悪者にされがちですが紫外線にもよいところがあります。たとえば、体内でのビタミンDの合成、殺菌作用、うつの予防などがあります。何がなんでも避けなければと、極端に紫外線を避け続けるのもよくありません。

紫外線がピークになる夏はともかく、冬などは日照時間が短いため、紫外線が不足する地域もあります。日照時間が短い地方ではうつ患者が多いというデータがあります。紫外線を浴びる量を季節や日照時間などを考慮して上手に健康に役立てたいものですね。

紫外線は人体にも良い影響を与える!日光の丁度良い浴び方・避け方

・紫外線が体内で合成する
ビタミンDにはがん予防の効果があります。紫外線を直接浴びるだけでなく、普段食べる野菜を少し直射日光に当てて干すだけでもビタミンDが増えます。上手に紫外線の効果を取り入れてがんを予防しましょう。

紫外線も必要だった!?がん予防に紫外線が必要だと言われる理由

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る