TOP > > 誰にでもかかり得る潰瘍性大腸炎!今から知っておきたい4つの事

誰にでもかかり得る潰瘍性大腸炎!今から知っておきたい4つの事

年々患者さんの数を増やし続けている、潰瘍性大腸炎。原因がいまだに解明されておらず、誰がかかってもおかしくない病気となっています。

つまり、私たちにとっても、他人事ではないのです。そこで今回は、潰瘍性大腸炎に関して、知っておきたい4つの事をご紹介します。いざ病気にかかった時の為、ぜひチェックしてください!

潰瘍性大腸炎の症状について!

1つ目の潰瘍性大腸炎に関して、知っておきたいことは、「症状」についてです。潰瘍性大腸炎にかかると、いったいどのような症状が現れるのでしょうか?主な症状としては、血便、下痢、腹痛、貧血、発熱などが現れると言われています。

また重症化すると、症状が悪化したり、他の病気を併発するリスクもあります。潰瘍性大腸炎の悪化を防ぐため、ストレスを溜めないようにしたり、消化の良いものを中心とした食生活を送ったりしてください。

潰瘍性大腸炎を悪化させない食生活について!

2つ目の潰瘍性大腸炎に関して、知っておきたいことは、「悪化させない食事」についてです。潰瘍性大腸炎は、原因不明の難病です。その為、効果的な予防法などは見つかっていません。しかし、症状を悪化させないための方法などは、ある程度確立されています。

中でも食事は、潰瘍性大腸炎を悪化させない方法として、重要視されています。潰瘍性大腸炎を悪化させない為、刺激の強い肉の脂、香辛料、アルコール類の摂取を控える事が必要だと言われています。

また食物繊維の摂り過ぎを控えた方が良いと言われています。そして、暴飲暴食など腸に負担をかける食べ方をやめ、よく噛んで食べる事が大切になります。

潰瘍性大腸炎にかかった場合、病院から食事に関する指導を受ける事が多いです。ですから、先生や看護師さんの指示に従って、潰瘍性大腸炎を悪化させないようにしていきましょう。

潰瘍性大腸炎にかかりやすい人について!

3つ目の潰瘍性大腸炎に関して知っておきたいことは、「かかりやすい人」についてです。潰瘍性大腸炎は、原因不明の難病として国から指定されています。しかし、原因は不明であっても、潰瘍性大腸炎にかかる人には、ある特徴が見受けられます。

それは、発症年齢です。潰瘍性大腸炎は、20代~30代の患者さんが圧倒的に多いです。もちろん、40代以上の人でも、潰瘍性大腸炎にかかる人はいます。しかし、年齢が上がるにつれて、発症リスクは低くなっていきます。なぜ若い世代に潰瘍性大腸炎が多いのかについては、良くわかっていません。

しかし、データ状20代・30代の人が潰瘍性大腸炎にかかりやすいと言う事は間違いないようです。ですから、20代・30代の人は、食生活に気を付けるなどして、なるべく潰瘍性大腸炎にかからないように気をつけましょう。

潰瘍性大腸炎と大腸がんの関係について!

4つ目の潰瘍性大腸炎に関して、知っておきたいことは「大腸がんとの関係」についてです。潰瘍性大腸炎にかかると、大腸がんのリスクがアップすると言われています。

正確には、潰瘍性大腸炎を7年~10年といった長い期間患った場合、大腸がんにかかるリスクがアップするということです。

ですから、長く潰瘍性大腸炎を患っている方は、定期的に大腸がん検診を受けた方が安心です。大腸がんも早期発見できれば、治る可能性が高いです。その為、しっかり大腸がん検診を受けて下さい。

このように、潰瘍性大腸炎に関して知っておきたいことは、たくさんあります。万が一ご自身や、ご家族が潰瘍性大腸炎にかかった時の為、ぜひ覚えておいてください!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る