TOP > > トランス脂肪酸を含む食品ランキング!代替品で美味しく健康に

トランス脂肪酸を含む食品ランキング!代替品で美味しく健康に

shutterstock_798433662

体に様々な悪影響を与えると言われているトランス脂肪酸。現在、世界中で規制の動きが広がっています。

今回はトランス脂肪酸が多く含まれる食品ランキング、さらにお勧めの代替品を紹介していきます。

アメリカでも規制された!トランス脂肪酸とはどんなもの?

トランス脂肪酸とは油脂に含まれる不飽和脂肪酸のことを言います。油脂を加工する際に発生されるものですが、一部天然のものにも微量のトランス脂肪酸が含まれている場合があります。

このトランス脂肪酸、一時期は大変話題になったので名称を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。『狂った油』などと表現されることもあり世界中で規制の動きが広がっています。日本はやや出遅れた印象が否めません。

トランス脂肪酸が問題視されるのは、悪玉コレストロールを増やし結果的に体に様々な悪影響があることが確認されているからです。

  • 心臓疾患
  • アトピー性皮膚炎
  • ぜんそく

などを発症、悪化させるリスクがあると言われています。

トランス脂肪酸を多く含む食品ランキング・ワースト食品3つはこれだ!

トランス脂肪酸を多く含む食品の上位3つをランキング形式で紹介します。

第一位: ショートニング

shutterstock_1100275312

第一位はお菓子や菓子パン作りによく使われるショートニング。

ショートニングは植物油由来の半固形の食用油脂です。『サクサクにする』という意味があるように、クッキーなどのお菓子類に使われることが多いです。

お菓子作りをする方以外にはあまり馴染みのないショートニングですが、市販品にも含まれてるので知らず知らずのうちに口にしているのです。ショートニングが多く使われている可能性のある商品は以下のものがあります。

  • クッキーなどの焼き菓子
  • ドーナツ
  • 菓子パン
  • ハンバーガー

第二位: マーガリン

shutterstock_1766462422

トランス脂肪酸を多く含む食品の代表格と言えばマーガリンです。毎朝食パンに塗って食べている方も多いと思います。

バターよりも安価なので購入しやすい、またマーガリンのほうがヘルシーで健康的と思っている方もいるそうです。

マーガリンは第一位のショートニングより幅広い食品に使われています。お菓子やパンだけでなく洋食メニューにも使われていることが多いです。近年バターが高騰している背景も大きいでしょう。以下のリストを参考にしてみてください。

  • ケーキ
  • パン
  • クッキー等の焼き菓子
  • グラタン・オムライス等の洋食メニュー

第三位: 味付けポップコーン

shutterstock_1978163452

第三位は映画館のお菓子の定番、ポップコーンです。他のお菓子に比べてカロリーが低いイメージがあるかもしれません。確かに原材料がトウモロコシなので、小麦粉を使ったお菓子よりカロリーは控えめになる傾向があるのは事実です。

しかしポップコーンを作る過程では沢山のトランス脂肪酸が生成されてしまいます。さらに仕上げの味付けにもたっぷりの油脂を使用する可能性があります。ちなみに最近ではトランス脂肪酸に気を遣ったポップコーン専門店も登場しています。

お勧めの代用品を使ってみよう!味を落とさず…むしろ美味しく!?健康に

shutterstock_1935331222

お勧めの代用品を紹介します。お菓子作りの際など、是非参考にしてみてください。

ショートニング → オーガニックの商品に

自宅でのパンやお菓子作りはショートニングなしでも可能です。オリーブオイルを使用するなど工夫をしてみましょう。多少食感や味は落ちますが、素朴な手作り感が出て美味しくいただけると思います。

どうしてもサクサク感を出したいときには、トランス脂肪酸を含まないオーガニックのショートニングというものが販売されています。これは特殊な技法でパームオイル等を固形化したものとなります。

マーガリン → バターやオリーブオイルに

トランス脂肪酸を多く含む食品の中で最も身近なのがマーガリンです。トランス脂肪酸の含有量ということであればバターのほが断然少ないので、どちらかということであればバターのほうをお勧めします。

またオリーブオイルなどトランス脂肪酸を含まない健康的な油で代用するのもお勧めです。パン作りや料理はオリーブオイルでも大丈夫ですし、バゲッドなどであればパンに直接食べても美味しくいただけます。

味付けポップコーン → 手作りおやつに

味付けポップコーンの代替としてポテトチップスを食べるというのは間違いです。ポテトチップスにもそれなりのトランス脂肪酸が含まれている可能性があるからです。市販のお菓子には同じような危険性があるので注意が必要です。

そこでお勧めしたいのが手作りおやつです。もちろんここでマーガリンやショートニングを使用するのでは本末転倒です。ジャガイモを薄くスライスして電子レンジで過熱する手作りポテトチップスなど、健康的なおやつを目指しましょう。

どうしても味付けポップコーンを食べたい時は、ポップコーン専門店をお勧めします。最近ではトランス脂肪酸不使用を売りにしているお店も多いので事前にチェックしてみましょう。材料を全部公表しているお店が安心です。

トランス脂肪酸を自然と減らしていく為にオススメしたい食生活

shutterstock_264842183

いちいち食品表示を見ながら買い物をするのは大変ですね。あまり神経質になりすぎるのもよくありません。そこで今日から自然にできるお勧めの心掛けを紹介します。

和食メインに

一番お勧めな方法は、食事もおやつも手作りを心掛けることです。トランス脂肪酸を多く含む食材を避けながら自分で手作りをすれば安心して毎日の食事・おやつをいただくことができます。

和食メインに献立を考えると自然にトランス脂肪酸を控えめにすることができます。ご飯や味噌汁、焼き魚等にはトランス脂肪酸は含まれません。一汁三菜のバランスの良い和食を心掛けましょう。

オーガニック食品を使う

オーガニック食品を取り入れることで、ストレスなくトランス脂肪酸からサヨナラすることができます。先ほど紹介したようにオーガニックのショートニングも販売されています。お菓子などもあるのでお子様にも安心です。

最近ではオーガニック食品を専門に扱うお店が増えてきました。普通のスーパーでもオーガニック食品のコーナーを設けているお店もあります。近くにそのようなお店がない場合はネット通販がお勧めです。

あまり神経質になる必要はありませんが、なるべくトランス脂肪酸を摂取しないような心掛けが必要ですね。特にお子様がいる家庭は気をつけたいものです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る