TOP > > 貴方はパンに何を塗りますか?マーガリンに潜むトランス脂肪酸の現状

貴方はパンに何を塗りますか?マーガリンに潜むトランス脂肪酸の現状

皆さんはパンを食べる時に何を塗っているでしょうか?私の家ではずーっとマーガリンを愛用しており、バターよりもソフトな口当たりが自分的には好みでした。しかし、数年前からこのマーガリンに含まれている、ある物質が注目されています。

「トランス脂肪酸」をご存知の方もいらっしゃると思いますが、この物質が心臓疾患や発がん性を持つと言うのです。そこで、トランス脂肪酸の今を調査してみました。

トランス脂肪酸とは危険な物質なの

もともとトランス脂肪酸の問題は2003年ごろにアメリカ合衆国で表面化してきました。私達が生きていく上で様々な形で活用される、脂質は重要な栄養素になります。脂質の中に脂肪酸が含まれており、その脂肪酸の一種類がトランス脂肪酸なのです。

トランス脂肪酸は脂肪酸の中で不飽和結合している不飽和脂肪酸(トランス型)であり健康被害が疑われています。

トランス脂肪酸は人工的に作られるマーガリンやショートニングに多く含まれており、自然界には牛や羊の反芻動物に若干含まれる程度になります。アメリカでは州によってトランス脂肪酸の使用を禁止したり、表示義務を課したりする対策を行っています。

他の先進国でも様々な取り組みを行っていますが、日本では国が音頭を取った取り組みは行われていません。

トランス脂肪酸の健康被害とは何なの

トランス脂肪酸を多量に摂取することにより、身体のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させる作用が確認されています。さらに、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を減少させる効果も確認されており、それらにより様々な病気が発症すると言うのです。

特に悪玉コレステロールが増加すると動脈硬化のリスクが向上することになり、心臓疾患や脳疾患などの重大な病気を招く要因となるのです。

トランス脂肪酸は植物油から作られるマーガリンやショートニングに多く含まれていますが、それらを使ったパン類やお菓子類(クッキー、ビスケットなど)にも含まれている身近な食品と言えます。ヨーロッパの国では食品中のトランス脂肪酸の量を規制したり、流通を禁止する国もあります。

日本の健康被害に対する取り組みとしては、特に法律においての規制は設けず、食品メーカーの努力によりトランス脂肪酸の保有量を減らす対策を行っています。

日本ではなぜ規制しないの

もともと食品に含まれている物質による健康被害は、食べる量によってリスクが違ってきます。日本におけるトランス脂肪酸の摂取量を調べた結果、WHO(世界保健機関)が定める基準より大幅に低いことが判明したのです。

もともと欧米人の食生活は脂肪分の多い食生活であり、日本人の炭水化物中心の食生活とは違いがあります。この調査により、日本人がトランス脂肪酸による健康被害を受けるリスクは小さいと判断され、各種の規制対象にはならなかったのでしょう。

しかし、日本人の中でも特に若い世代では、欧米に近い食生活を送っている人も多く、一概に日本人は安全と考えるのも如何なものかと思いますね。

トランス脂肪酸の自主対策による新たな問題

各メーカーは消費者団体による圧力もあり自主的な対策を行っています。あるメーカーのマーガリンは、一時期と比較してトランス脂肪酸が半減しており、これはこの問題が製品の売上に繋がる重要な問題と認識した結果だと思います。

しかし、これによって新たな問題も指摘されています。トランス脂肪酸を減らすことにより、飽和脂肪酸が増加していると言うものです。飽和脂肪酸も摂取しすぎると同じような健康被害が発症する恐れがありますが、この問題に対する解決策は未だにありません。

これはメーカー側の怠慢ではなく、マーガリンとはそのような食品だと理解した方が正しいと思います。所詮マーガリンは油の塊なのですから。

このトランス脂肪酸の問題は、あくまで摂取量の問題と考えて良いのではないでしょうか?脂質を含む食品は全てにおいて、大量摂取により高コレステロールを招く結果になります。

毎日のようにお菓子や菓子パンなどを制限なく食べ続けていると、トランス脂肪酸があるないに関わらず高脂血症が発症するでしょう。正しい食生活を心がけた生活を送っていれば、マーガリンやお菓子を適量食べても問題ありません。

一部の成分に囚われた食生活を考えることより、全体的にバランスの良い食生活を送ることが重要かもしれませんね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る