TOP > トランス脂肪酸

トランス脂肪酸の危険性

ここ数年で一気に知名度が上がったと思うのがトランス脂肪酸です。同じような脂質であってもいいものと悪いものがあり、その悪いものの代表とされているのがこのトランス脂肪酸です。ある程度の量以上を取ると心臓系の疾患のリスクが高まるとされています。

トランス脂肪酸とは

トランス脂肪酸と言う名前は聞いたことがあるけれども、実際には何なのかを知らない人も多いでしょう。このトランス脂肪酸というのは自然界には存在しないもので、人工的に作られたマーガリンやショートニングなどに含まれているものです。

主にこのトランス脂肪酸が多く使われているのがファーストフードで、ファーストフードばかり食べることによって動脈硬化や心筋梗塞の原因になると考えられています。その主な原因がこのトランス脂肪酸ではないかと言われているのです。

近年になって多くのヨーロッパや米国の州でこのトランス脂肪酸を規制するような法律ができています。日本では今のところ一部では話題になっていますが、トランス脂肪酸を使わないようにするということが国や自治体で決められることはありません。

トランス脂肪酸は避けるべきか?

トランス脂肪酸が危険であるというのは比較の問題であって、一般的な油分よりも心筋梗塞などのリスクを高めるということです。つまり全く取らない、避けたほうがいいというわけではなくリスクコントロールをすべきだということでしょう。

ファーストフードを食べないであるとか、自然食品を中心に食べるという方法を使えば、トランス脂肪酸を極力避ける事は出来ますが、病気のリスクはトランス脂肪酸だけから起こるものではありません。確実に病気を避けられるというわけではないので勘違いはしないようにしたいところです。

・食品に含まれるトランス脂肪酸を知ろう!
トランス脂肪酸を正しく分析して上手に食品をチョイスしていこう
貴方はパンに何を塗りますか?マーガリンに潜むトランス脂肪酸の現状

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る