TOP > > 中高年におススメの「ゆっくり動けば若返る」トレーニング

中高年におススメの「ゆっくり動けば若返る」トレーニング

人類最大の夢、と言えば「不老不死」ということになるでしょう。中国4千年の歴史上はじめての皇帝であり、この世の夢のすべてを成し遂げた秦の始皇帝でさえ、しょせんそれはかなわぬ願いでした。

そして現代のアメリカ。一部のお金持ちは毎月数十万円も払いながら「成長ホルモン充填療法」という注射を受けているといいます。成長ホルモンと老化の関係は、生命科学でもっとも注目されているテーマです。

費用も手間もかからない若返り法

成長ホルモンを補充することによって、筋肉や骨の委縮、体脂肪の増加、新陳代謝の低下、シミやシワが増える……といった老化現象を抑える効果が期待されています。ただしその一方、人為的にホルモンを注入することによってどういう副作用が起こるか?という未知数の問題も残ってしまいます。

この世の支配者でもなければ、自由に使えるお金がたんまりある富豪でもない私たちはどうすればいいのでしょう? たとえ「永遠に若く」とまではいかなくとも、確実に老化を遅らせ、できるだけ若々しくいられる方法はないものでしょうか?

じつは費用も手間もかからない、だれにでもできるとっておきの方法があります。それはズバリ、「ゆっくり動くトレーニング」を実施することなのです。

自前の成長ホルモンをゲット!

いわゆる「スロトレ」と言われるものがそれに当たります。スロトレと聞くと、「脂肪燃焼効率の良いダイエット法」としてイメージする方もいらっしゃるかもしれません。

それはそれで正解なのですが、そのベースには「成長ホルモン」の分泌が通常のトレーニングよりも活発になる、というファクターがあるのです。

成長ホルモンの分泌が活発になる……ということは、アメリカのお金持ちたちが受けている高価な注射と同じ効果が望めるのです。しかも、それはあくまで「自前」のホルモン。ですから副作用の心配もいっさいありません。

筋肉が熱く感じたら大成功

さっそく、足腰を鍛えるスクワット・トレーニングで実践してみましょう!まず、肩幅と同じくらいに両足を開いて立ちます。膝の向きと足の向きが同じになっているようにしてください。そして両手を頭の後ろに組み、やや後方に置いてあるイスに座るようなイメージで腰を落としていきます。そしてまた元の姿勢に戻ります。

このとき、プロレスラーのように「オイッチニ!!」と勇ましくやらないことが大切。激しい動きを何百回と繰り返さなくても、ゆっーくり(5~10秒くらいかけて)アップダウンを行うことによって、通常のトレーニングの倍程度の成長ホルモンを分泌させる効果が得られるのです。

一般の方は5~10回を1セットとして、1日3セット程度で十分でしょう。ふつうのスクワットをしているときよりも筋肉が熱く感じ、ピキーンと張っているような感覚が味わえれば成功といえます。

ケガの心配も少なくなる

自身の動きをコントロールしながら、意識を集中してゆっくりエクササイズすることで、ケガの危険も未然に防ぐことができます。少ない負荷で高い効果が得られるので、筋力が衰え気味の中高年の方にもうってつけ、とまさにいいことづくめなのです。

スクワットに限らず、スロトレはどんなエクササイズにも応用できます。腹筋や腕立て伏せ、各種のダンス・エクササイズ……。そうやって考えてみれば、あの太極拳はまさに「元祖・スロートレーニング」といえるのかもしれません。

不老不死の霊薬を求めて、3千人もの家来を旅立たせたという秦の始皇帝。絶大な権力を手中に収めた彼も、結局は49歳であっけなくこの世を去りました。

もしその時代に太極拳があれば……。マボロシの薬をむなしく追い求めるよりも、早朝の公園で人々に混じって楽しくカラダを動かしていたほうが、始皇帝もずっと長生きしたのかもしれません。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る