TOP > > そのO脚なら治し方は簡単!原因は筋肉のつき方と立ち方の癖

そのO脚なら治し方は簡単!原因は筋肉のつき方と立ち方の癖

O脚で悩んでいる人はいますか?足の形は骨格の問題だけではなく、日常の怠けた体の癖が筋肉を萎えさせて起こる、後天的O脚の場合がほとんどです。使わなくていい筋肉ばかり強くなり、使う必要のある筋肉が萎えている状態は、足の歪みを進行させます。

そんな後天的歪みであれば、ある事をすれば足の形が変わる事も夢ではありません。今すぐ出来るセルフチェックと簡単なO脚の治し方を教えましょう!

理想の足の形とは

足を閉じて立った時のあなたの足の形はどんな形をしていますか?

  • 太もも、膝、ふくらはぎに空間が出来て、全体的に足の外側の筋肉が張っている。お尻を触るとぺしゃんこでお尻全体が下がり気味。
  • 太ももはかろうじてくっつくけれど、膝が内側を向いていて膝から下が開いてしまう。特にふくらはぎ外側が張り出している。

この2つに当てはまった人は、足の内側の筋力とお尻の筋力が弱ってO脚になっています。おまけに、O脚足の人の足首を後ろから見た時の形がV字で開いています。これは足の重心のバランスを悪くし、全身の歪みへと影響します。

では、必要な筋力と柔軟性のある理想の足の形とはどんなものでしょうか?足を閉じて立った時に足の5点がくっつく状態が理想です。

  • 太ももの上部の1点どこかがくっついている事。
  • 膝の内側1点。
  • ふくらはぎの太い部分1点。
  • くるぶし1点。
  • 足の親指1点。

以上の5点がくっついていているのが、理想の足の形となります。なかなか理想とは程遠い方がほとんどだと思います。それほど足の筋力は使わなければ衰えやすく、不自然な歩き方や立ち方で張る必要のない部分の筋肉が発達してしまい、足の形を歪ませてしまうのです。

耳の痛い話ですね。でも大丈夫です!正しい立ち方と足を歪ませないために必要な筋力さえ知れば、O脚脱却も夢ではありませんよ!

足を歪ませない為に大切なポイント

O脚になる足というのは、お尻の筋力不足と内ももの筋力の萎えです。そして歩く時に足の親指をしっかり使い大地を蹴り出す力をうまく使えない事。足の親指をしっかり使って歩く事が出来れば、歩くたびにふくらはぎが解れると同時に、内ももとお尻の筋肉を鍛える事が出来るのです。

日常の悪い癖で足が歪んでしまいO脚になったのならば、正しく足の筋力がつく新しい癖で塗り替えるのが一番です。O脚に効く簡単な直し方を見ていきましょう。

O脚改善ストレッチと、一瞬で足の形を変える立ち方

まずは必要な筋肉を鍛え、余計な凝りを解すストレッチから!萎えた内ももを鍛えふくらはぎを解し、足の親指の力を強化します。

1.両足を揃えて立ちます。壁に片手をつき、足の親指の力でゆっくりかかとを上げていきます。出来るだけ高く指の付け根で立つ事を目指しましょう。
2.ふくらはぎの上部が痛気持ちい刺激を感じるところで少しキープ。ふらつくバランスを足の親指の力で支え続けます。
3.ゆっくりかかとを下ろします。
4.10回くりかえし、10回目の時にかかとを上げたまま膝を少し曲げ、内ももの筋肉を意識してゆっくり5呼吸キープ。太ももの前側が張りすぎるのに注意!意識は内ももです。
5.一日にこの10回を3セット行います。

次に、普段の立ち方の意識を変えましょう。正しい姿勢は足の形を整えます。鏡の前に立ちビフォア、アフターを見比べてくださいね!

1.両足の幅を握りこぶし一つ分あけて立ちます。
2.足の付け根を外側に旋回させてお尻全体が締まるのを感じます。
3.同時に、内側を向いていた膝が正面を向くのをチェックします。
4.膝が痛くなる場合は少し膝の力を緩めます。お尻の力は適度に入れたままですよ!
5.その状態をキープし、無理が無ければ足を閉じます。

足の歪みが少ない人は、これだけで足の5点のポイントがくっつきます。5点が無理だとしても、1点だけでもくっつけば嬉しいですよね。お腹に力が自然と入り、お尻、内もも、ふくらはぎ全体が適度に締まっていて刺激が感じられれば、うまく出来ています。

足の歪む立ち方や、歩き方、普段の生活の癖により後天的に出来上がったO脚は、このエクササイズで改善が期待出来ます。足の歪みは体全身の歪みになっていきます。いますぐ始められるこの方法で、美しい足を手に入れてくださいね!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る