TOP > > 我が子の虫歯は保護者が原因!乳児の虫歯を予防するために

我が子の虫歯は保護者が原因!乳児の虫歯を予防するために

誰だって可愛い我が子の歯に、虫歯を作りたくはありませんよね。特に赤ちゃんは自分で歯のケアができないので、保護者が虫歯から守ってあげなければなりません。ところが気を付けているつもりでも、赤ちゃんが虫歯になってしまうこともあるのです。どうすれば虫歯を防ぐことができるのでしょうか。

ミュータンス菌の感染に注意

虫歯は甘い物の食べ過ぎで起こるというイメージもありますが、俗にいう虫歯菌の「ミュータンス菌」が口腔に存在していなければ、虫歯は起こりません。生まれたての赤ちゃんの口腔にミュータンス菌は存在しません。

大人の口腔にいるミュータンス菌が感染し、虫歯が作られる環境ができあがってしまうのです。たいていはお世話をする人からの植え付けです。

  • 食べ物の口移し
  • キス
  • 同じ箸やスプーンの使い回し

などが感染の原因となっています。最近は多くの保護者が理解していて、口移しやキスは避けているようです。しかし孫可愛さにおじいちゃん・おばあちゃんが口移しやキスをしてしまうこともあるので、赤ちゃんが生まれたら家族全員で認識しておきたいものです。

ミルクやスポーツ飲料で虫歯に

糖分はミュータンス菌の好物です。ミュータンス菌は糖分から作った酸で、歯を溶かして虫歯を作ります。口の中に糖分が付着したままでいると、ミュータンス菌が出す酸で口内が酸性に傾き、歯の表面が溶けやすくなってしまうので良くありません。

甘いお菓子や砂糖たっぷりのジュースが良くないことは言うまでもありませんが、ミルクやスポーツ飲料も糖分が含まれ、赤ちゃんが虫歯になってしまうことはご存知でしょうか?

ミルクには糖分が、スポーツ飲料やジュースには糖分と、口内を酸性に傾けるクエン酸が含まれているので、与えた後に口の中をそのままにしておくと、やはり虫歯になってしまいやすいのです。

赤ちゃんの虫歯を予防するには

赤ちゃんの虫歯を予防するためには、まずミュータンス菌に感染させないことが大切です。生後19~31ヶ月は、ミュータンス菌に感染しやすい時期なので注意してください。この時期を過ぎれば、ミュータンス菌感染の心配が減るともいわれます。そして赤ちゃんの口腔内が酸性に傾いて虫歯にならないよう、保護者が食生活や口腔ケアをきちんと行う必要があります。

食生活の注意点

ミルクやスポーツ飲料を飲ませた後は、口腔内をきれいにしておきましょう。だらだら飲ませ続けたり、寝かしつけにミルクや糖分の入った飲み物を飲ませる習慣はやめます。飲んだ後は白湯でうがいをしたり、ガーゼで歯や口内をふき取るようにしましょう。

スポーツ飲料は、下痢時や脱水時の水分補給には有効です。ただし普段の水分補給は、白湯や麦茶といった糖分を含まない飲み物が望ましいです。離乳食やおやつには、果物や生野菜のスティックを取り入れましょう。

果物は虫歯になりにくく、子供が喜ぶおやつです。果物や生野菜のすじが歯の汚れを掃除し、ポリフェノールが虫歯を予防します。果物にもクエン酸が含まれていますが、通常の食事なら歯が溶ける心配はありません。気になる人は食後に白湯を飲ませてください。

保護者も虫歯予防を

赤ちゃんにミュータンス菌をうつさないよう、保護者の口腔からもミュータンス菌を除去しましょう。歯磨きや定期的な歯科検診で歯の健康を維持してください。残念ながら一度虫歯ができてしまうと、いくら歯磨きをしても一生ミュータンス菌を全滅させることはできなくなります。

ただしキシリトールにミュータンス菌を減らす作用があることが分かっており、保護者が市販のガムを噛んでミュータンス菌を減らすことは有効です。また、妊娠中の人、これから赤ちゃんをもうける予定のある女性は、カルシウム不足に注意してください。

赤ちゃんの歯はすでに妊娠初期から作られ始めており、妊娠中に母親がカルシウム不足になると、胎児の歯が十分に成長しなくなります。誕生後の歯の丈夫さに影響するので、赤ちゃんの分もしっかりカルシウムを補うようにしてください。カルシウムが豊富な乳製品、小魚、大豆製品、小松菜、モロヘイヤを食べましょう。

乳歯の虫歯は問題ない?

乳歯はいずれ抜けるので、虫歯になっても問題ないのでしょうか。いえ、乳歯の虫歯もないに越したことはありません。乳歯が虫歯になった乳幼児は口腔にミュータンス菌が住み着いているために、永久歯も虫歯になりやすいことが分かっています。

また乳歯の虫歯は重症化しやすく、そのために永久歯が弱くなってしまう可能性もがあるのです。一生付き合う永久歯まで、虫歯になってしまっては大変です。赤ちゃんの白くてかわいい歯がいつまでも健康であるように、しっかりケアしてあげてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る