TOP > > 生え始めたらすぐにスタート!赤ちゃんの歯を守る正しい乳歯ケア

生え始めたらすぐにスタート!赤ちゃんの歯を守る正しい乳歯ケア

赤ちゃんに歯が生えてくるのは、嬉しい成長の証。真っ白できれいな歯、虫歯にならないようにいつまでも守ってあげたいですよね。口にするのは母乳やミルクがほとんど、という時期の赤ちゃんには、歯磨きが必要ないようにも思えますよね。

赤ちゃんにも歯のケアは必要!

離乳食を開始したあとも、大人と比べれば、赤ちゃんが食べる量や種類はほんの少しだけ。特にケアしなくても大丈夫なように感じられるお母さんもいるのではないでしょうか?でも実は、乳歯のケアは生え始めたらすぐにスタートするのが大切なんです。今回は、歯が生え始めた時期にこそ必要な乳歯ケアについてお話ししていきましょう。

虫歯の原因は、虫歯菌と食べかす

まず、虫歯はどうしてできるのでしょうか?それは、虫歯菌と食べかすに原因があります。口の中に虫歯菌がいると、食べかすを分解してプラークを作りながら、歯の表面に付いて増えていきます。つまり、プラークの量が多いほど、虫歯になってしまいやすいことになります。

通常、赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいませんが、食べかすを放置することで虫歯になってしまう危険性があるので、ケアはしっかりと行う必要があるんです。

乳歯の虫歯が永久歯にも影響します!

乳歯はいずれ生え変わるので、虫歯になっても大丈夫なのでは?と、考えるお母さんもいるかもしれませんね。ところが、乳歯が虫歯になってしまうと、永久歯にまで影響してくるんです。まず、乳歯が虫歯になることで、口の中に虫歯菌が増えてしまいます。

乳歯が抜けたあとも虫歯菌が残るので、永久歯が生えてきても虫歯になりやすくなってしまいます。また、虫歯になった乳歯を抜くと、残った両側の歯が真ん中に寄るように移動してしまいます。

すると、永久歯が生える時にスペースが充分にとれず、結果として歯並びが悪くなることがあります。きれいな歯並びの、虫歯のない永久歯のためにも、乳歯のうちからしっかりとケアしてあげることが何よりも大切なんです。

乳歯ケアは、食事のあとの習慣づけとしてスタート

乳歯のケアとしてまず始めたいのが、「食事をしたら口の中をきれいにする」という習慣づけ。歯が生え始めたばかりの時期でも、こうした習慣をつけることで、食べることと歯磨きをすることを関連づけることができるんです。

離乳食開始前には、白湯やガーゼで

母乳やミルクしか口にしていない時期の赤ちゃんでも、授乳後に白湯を飲ませてあげたり、ガーゼなどで口の中を拭いてあげたりして、口の中をきれいにする習慣をつけましょう。

ガーゼや歯磨きシートでのケアは優しく!

歯が生え始めたばかりころの歯ぐきは、まだ柔らかくデリケート。ガーゼなどを使う場合は、力を入れずに優しく拭いてあげましょう。きれいに洗った手の小指に、濡らしたガーゼを巻き、赤ちゃんの歯ぐきをそっと拭きます。市販されている赤ちゃん用の歯磨きシートを使う方法もあります。

赤ちゃんに、口を触られることに慣れてもらうことが肝心

口の中を拭かれるのを嫌がってしまう赤ちゃんには、まず、口の周りを手で触られることに慣れてもらうことから始めましょう。授乳の時などに、きれいに洗った手の指で、赤ちゃんの唇や歯ぐきにそっと触ります。これを少しずつ繰り返して、徐々に慣れさせていきましょう。

離乳食が始まっている赤ちゃんには、時期をみて赤ちゃん歯ブラシを

離乳食を開始している赤ちゃんは、徐々に食べる量や種類が増えていきます。食べるものが増えるということは、いよいよ乳歯のケアが必要になってくるということ。ガーゼや歯磨きシートで拭く時にも、優しく念入りに行うようにしましょう。

また、時期を見ながら赤ちゃん用の歯ブラシをスタートするのもおすすめ。とはいえ、この頃の赤ちゃん用歯ブラシは、赤ちゃんが歯ブラシを口に入れるのに慣れるためのもの。遊びの延長として、歯ブラシに慣れてもらいましょう。

箸やスプーンを共有しない

乳歯ケアの一環として大切なのが、赤ちゃんに離乳食を食べさせる時に、大人が使った箸やスプーンなどではあげない、ということ。赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいませんが、大人が使った箸などで赤ちゃんに食べさせることでうつってしまいます。

もちろん、大人が口をつけたものもダメです。必ず赤ちゃん用のスプーンを用意して食べさせましょう。ちょうど歯が生え始める頃の赤ちゃんは、授乳に加えて離乳食の準備などに手がかかり、乳歯のケアまでなかなか手が回らないというお母さんもいるかもしれませんね。

でも、この時期から歯のケアをしていくことで、将来きれいな歯と歯並びを作ることができます。歯は一生もの。赤ちゃんの将来の健康にも関わります。ぜひ乳歯のケアを実行していきましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る