TOP > > 虫歯が不妊原因にも?妊娠中の虫歯対策も重要です

虫歯が不妊原因にも?妊娠中の虫歯対策も重要です

口内環境を整えたら、妊娠した。こんな話があることを貴方は、信じますか?もう長いこと「不妊治療」を続けている女性が、もう妊娠を諦めかけた時に、親知らずが痛み出し歯医者へいきました。

歯科医は、その親知らずのせいでかみ合わせがズレている事を女性に説明。女性は、迷うことなく抜歯を選び、治療をうけました。ズレていたかみ合わせや、他の虫歯も治療してもらい・・・ほどなくご懐妊となりました。

かみ合わせのズレや虫歯を治す事によって身体のバランスが整い、良い方向へ動いた実例だと思います。このように「歯科治療」が「不妊治療」に対し良い方向へ進む事があるなら、試してみるのもひとつの方法ではないでしょうか。

妊娠前に歯科治療を

妊娠すると歯が脆くなる。と聞いた事がありませんか?赤ちゃんがカルシウムを必要としているからだ。なんて理由も聞いた様な気がします。

半分正解で、半分ウソです。確かに赤ちゃんはカルシウムを必要としています。でもそのカルシウムはお母さんの骨から吸収していきます。ですからお母さんの歯がそのことで脆くなるわけがないのです。でも、実際に脆くなったと感じる人がいることも事実です。なぜでしょう?

考えられる答えは、妊娠中の歯磨きにありました。つわりが始まると歯磨きをしている余裕がなくなるのが現実です。このつわりが思ったより長く続いてしまえば、当然歯にも影響が出てきてしまいます。たとえ虫歯がなくても、この間に出来てしまう場合だってあるのです。

口内環境の悪化がもたらすものは虫歯だけではありません。なんと、歯周病が切迫早産を引き起こす可能性があると発表されています。このような理由からも、妊娠を考えたらまず、歯科検診を受け口内環境を整えておくことが望ましいと思われます。

妊娠中の歯科治療は?

妊娠が分かってからの歯科治療は注意が必要です。まず、妊娠初期は極力避けたいところです。どうしてもという場合は、本当に応急処置だけにしておきましょう。麻酔やレントゲン撮影などは100%安全と言えない以上避けるのが懸命です。

安定期に入ったなら、様子を見ながら治療を進めてください。末期の治療は、お腹への負担を考えると、避けた方が懸命だと思います。繰り返しますが、歯科治療は赤ちゃんの事も考えたら 妊娠前に行っておくことが本当に大切です。

出産後も続く歯との関係

虫歯や歯周病の危険は、妊娠中よりも出産後の方が大きい事をご存知ですか?出産後母体は、通常時より体力はもちろんの事、抵抗力も下がっています。この時に虫歯や歯周病にとても罹り易くなっています。

おまけに、授乳などで身動きがとれなければ、気がついときには虫歯はしっかりと進行していることになりかねません。さらに、虫歯は菌が感染する事によってでき、またその菌は人に感染る事をご存知ですか?

これがどういう意味を持つかというと、進行した虫歯を痛くないからと放置しておけば、赤ちゃんに口移しで食べ物をあげたとき、お母さんの虫歯菌が赤ちゃんに感染る事も十分に考えられるという事なのです。これは、子供に対しても同じ意味を持ちます。

本来理想的なのは、定期的に歯科で検診を受け、常に口内環境を整えておく事です。意識して時間を作り、是非歯科へ検診・治療へと通ってください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る