TOP > > 偉いぞカテキン!虫歯の予防には緑茶を飲む習慣が効果的な理由

偉いぞカテキン!虫歯の予防には緑茶を飲む習慣が効果的な理由

世界中でもお茶好きで知られる日本には様々な種類のお茶があります。日本茶、紅茶、中国茶など種類は豊富で、生産地によっても味わいが違うようです。もともとお茶の原料は同じツバキ科の木から採れており、加工の方法から様々な種類のお茶が生まれています。

各国で愛されているお茶ですが、飲み方を見ると食後に楽しむことが多いように思います。これには何か意味があるのでしょうか?

お茶の成分カテキンの凄い効果を知ろう

日本では昔からお茶(緑茶)は健康に良いとされてきました。「朝飲む一杯のお茶は一日を健康にしてくれる」などの話を各地で聞いたことがあります。それくらい健康に良いとされているのに、その理由については知らない人も多いのではないでしょうか?

なんとなく、「無糖でヘルシーだから」という感覚だと思います。しかし、緑茶には素晴らしい成分が含まれていたのです。

それが、カテキンだったのです。カテキンは植物由来の成分であるポリフェノールの一種類で、昔からタンニンと呼ばれていた成分になります。カテキンは緑茶の渋みを出す成分で、渋みが多いほどカテキン量も豊富と言えます。

実はこのカテキンが素晴らしい効能を発揮するのです。

抗酸化作用の強いカテキンは抗菌能力も高い

実はカテキンは抗酸化作用の強い成分として注目を浴びており、体の細胞を酸化(老化)させるのを防いでくれます。また体内脂肪の燃焼を促進させる効果も期待できるため、肥満防止や生活習慣病の予防にも使用されているのです。

しかし、これらはまだまだカテキンの一部の能力であり、注目するべきはその抗菌作用なのです。

抗菌作用とは外部から身体に侵入しようとしている菌やウイルスを撃退する作用で、カテキンは抗菌作用が驚くほど強いことが判明しているそうです。冬場の風邪のシーズンにおいても、うがい薬よりも緑茶でのうがいを推奨する医師も多いことからも効果が見えてきますね。

虫歯予防にぜひ利用してもらいたい緑茶習慣

このように抗菌作用が優れているカテキンですが、実はデンタルケアにおいても最強の働きをしてくれます。緑茶に含まれているカテキンが、虫歯菌であるミュータンス菌の増殖を阻害してくれるのです。

また、プラーク(歯垢)が溜まるのも抑制してくれるので、虫歯予防に大きな効果が期待できます。そして緑茶にはカテキン以外にも、ある成分が含まれています。それがフッ素です。

「フッ素は確かに歯を丈夫にして虫歯から守ってくれますが、本当に有毒性は無いのか?」という論争ですが、なかなか結論は出ないようです。これは大量のフッ素は人体に悪影響を与えるという論拠からの論争ですが、なかなか結論は出ないようです。

アメリカにはフッ素を水道水に添加している州もあり、世界的には問題ないとされていますが、皆さんはどう思いますか?

実は緑茶には微量のフッ素が含まれています。緑茶に含まれているフッ素は微量であり、人体の健康に影響を与える量ではありません。しかし、歯にとっては良い成分なので、カテキンの作用と合わせて虫歯予防には効果がありそうですね。

昔の人が食事の後に必ず緑茶で口をすすいでいた理由は、デンタルケアの効果もあったのですね。食事の後には緑茶を一杯。この日本伝統の習慣を大切にして、虫歯予防を実践してみませんか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る