TOP > > 虫歯になる人とならない人の違いは実は歯磨きをする時間帯にあった!

虫歯になる人とならない人の違いは実は歯磨きをする時間帯にあった!

予防歯科が進んできている

ちょっと前は、歯医者は歯が痛くなったら行く所だったのですが、今では予防歯科が発達していて、歯医者でも虫歯を防ぐ歯の磨き方をきちんと教えてくれます。

定期的に歯医者に通って歯科検診を受け、なおかつ虫歯にならないようにと、一生懸命歯磨きをしているにもかかわらず、なぜか虫歯ができてしまう人がいます。かたや、歯医者に通っているわけでもなく、普通に歯磨きをしているだけなのに、虫歯が無い人もいます。この違いは一体何なのでしょうか。

食べたらすぐ磨くは間違い?

食事をしたら、すぐ歯を磨きましょうと教えられませんでしたか?確かに食事をすると、口の中の細菌が糖分を餌として歯垢を作り出していき、そこから出る酸が、歯のエナメル質を溶かすことで虫歯を作っていきます。

ところが食後30分以内の歯磨きは、逆に虫歯を増やしかねないということがわかってきました。食事をしたすぐ後は、口の中が酸性に傾いている状態で、その時に歯磨きをすると、酸蝕と言って、かえってエナメル質が削られて溶けてしまう可能性があるのだそうです。

では、いつ磨くのが良いのでしょうか?

磨く時間で差が出る

歯磨きをする時間は、食後30分以上経過して、口の中の酸性度が唾液により中和されてから磨くのが効果的です。特に専門家の間では、一番大切なのは寝る前の歯磨きと言われています。

寝ている間は、唾液の分泌が減るために、口の中の細菌が増えていってしまいます。寝る前に正しい歯磨きを行って、口の中を徹底的にきれいにすることが大切なのです。口の中の食べカスが歯垢になるまでには、2日~3日かかるので、1日のうちで、夜寝る前には必ず歯磨きをする必要があります。

あとは闇雲にゴシゴシ磨くのではなく、磨き残しの無いように正しいブラッシングをしましょう。その際、フッ素入りの歯磨き粉を使うと虫歯に対して効果的です。歯を磨いた後、吐き出さずに口の中で唾液と一緒に10秒くらい溜めておくと、フッ素が歯にいき渡ります。そしてすすぎは最小限にします。

口の中には、常にさまざまな細菌が住んでいます。これは、私たちが口から食べ物を摂取する限り、いなくなることはありません。虫歯がすぐできてしまうという人は、食後すぐの歯磨きではなく、30分以上経ってから磨くようにしてみてください。

そして1日のうちで一番大切なのが、寝る前に歯磨きをすることです。歯磨きをする時間を見直して、口内細菌のコントロールを行い、虫歯を予防していきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る