TOP > > えっ虫歯の予防を薬で?バクテリアセラピーで始めるデンタルケア

えっ虫歯の予防を薬で?バクテリアセラピーで始めるデンタルケア

朝と夜に必ずやることって何か分かりますか?それは「歯磨き」です。歯磨きは虫歯予防のために行うと思っている人も多いのですが、実はそれだけではなく口臭予防や感染症予防にも必要な行為なのです。

アジア人には虫歯が多いと言われていますが、これは西洋人と比較してデンタルケアの徹底が遅れたのが原因とも、フッ素使用の拡大が遅れたのが原因とも言われています。確かに一般的な日本人(特に中高年)の歯はあまり白いとは言えず、また虫歯の治療跡が多く残っているように思えます。

しかし、日本人が歯磨きに無頓着と言うことではなく、一生懸命に歯を磨いているのも事実ではないでしょうか。そこで病気に対する予防対策に力を入れている北欧で行っている虫歯予防について紹介します。

口腔外科と口腔内科を知っていますか?

皆さんは歯が痛くなったら歯医者さんに行きますよね?そこで診察してもらい虫歯であれば、削って埋めてという治療を行ってもらいます。また虫歯で歯を抜いてしまった際には、入れ歯や差し歯を作ってもらうこともあるでしょう。さらに、歯周病や口内炎など直接歯と関係ない部分も治療してくれます。

しかし、歯医者さんで手に負えない口のトラブルは、口腔外科に回されることになります。口腔外科では、難しい抜歯(親知らずなど)や顎関節の変形(あごの変形)、口腔ガン(口の中の腫瘍)など、一般的な歯医者さんでは対応できない治療を行うのです。

日本では、このように町の歯医者さんと口腔外科がタッグを組んで、口の中のトラブルに対処して来ました。しかし、近年では口腔内科と呼ばれる歯科の治療分野が登場しています。今までの口腔外科は、口の中や顎、顔面組織などを外科的なアプローチで治療する分野です。

これに対して口腔内科は、実際に歯や骨を削るような治療をせずに、口腔内の治療や予防を行うものなのです。簡単に説明しますと「虫歯を予防するための医学」であり、予防医学では最先端であるスウェーデンが発祥とも言われています。

口腔内科の治療は細菌との戦い

口腔内科の治療には「細菌の撲滅(アンチバイオティクス)」「細菌を利用する(プロバイオティクス)」の考え方があります。口の中には様々な細菌が住み着いており、虫歯や感染症の原因になります。

アンチバイオティクスとは、これらの細菌を薬の力で消滅させることであり、虫歯の原因菌である虫歯菌(ミュータンス菌)などを殺菌する方法です。

しかし、抗生物質などを使用することで、虫歯菌以外の善玉菌をも殺菌してしまう可能性もあり、かえって健康状態を悪化させる可能性もあります。また細菌は一度殺菌されても再度進入してきますので、恒久的な効果は期待できません。

バクテリアセラピーで行うプロバイオティクス

そこでプロバイオティクスの登場です。口腔内科においてプロバイオティクスは「バクテリアセラピー」が主流であり、これは善玉菌を体内に入れて、悪玉菌を減少させる方法なのです。

バクテリアセラピーの優れている点は、もともと体内に住み着いている善玉菌を増やすことで、自然に悪玉菌(虫歯菌)が減少し、身体に負担なく虫歯予防に効果があることです。

また口腔内だけではなく、胃や腸にも負担はかからないでしょう。このような安全な予防法は、お年寄りや子供まで適用可能で、新たな虫歯予防法として注目を浴びているのです。

L.ロイテル菌でデンタルケアを始めよう!

L.ロイテル菌は天然の乳酸菌で、赤ちゃんのおなかの中に多く生息しています。L.ロイテル菌には虫歯菌や歯周病菌を減少させる作用があり、口の中に長時間留まる特徴があるのです。

そのためデンタルケアには最も適しており、トローチなどで摂取することで簡単に虫歯予防が実践できます。現在日本においても、スウェーデン製(BioGaia社)のL.ロイテル菌タブレットが販売されており、薬局やインターネットで購入するこが可能です。

口の中の細菌が一番多く活動するのは、唾液の分泌が少なくなる就寝時なので、就寝前に歯を磨いてからこのタブレットを舐めるのがオススメの予防法です。これは本当に簡単ですよね。口腔内科から生まれたバクテリアセラピーを使って、虫歯のない人生を歩もうではありませんか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る