TOP > > 母親がついやってしまう食事の口移しで子供の口内環境が激変!?

母親がついやってしまう食事の口移しで子供の口内環境が激変!?

虫歯は自然に治らない

虫歯になったことがない方は、おそらく皆無に等しいと思います。虫歯になったら最後、風邪のように自然に治ることは絶対ありません。冷たい水がしみるようになったら、必ず歯医者に行かないと治療できません。

虫歯は、よくご存知のように歯に付いた食べ物のカスを菌がエサとし、酸を撒き散らすため歯の表面が溶けて神経が外気に触れるようになると痛みを感じます。そのため、虫歯予防は食後できるだけ早く歯磨きをすることです。

食後は、カスがまだ柔らかいため、比較的ブラッシング技術がなくても簡単に落とすことができます。これは、小学生の頃からずっといわれ続けていますのでよくご存知だと思います。

口の中には細菌がいっぱい?

ところが、歯磨きをしたこともないのに、虫歯が全くできない人が稀に存在します。歯を溶かす菌が口の中にいないため、虫歯にならないというのです。口の中の唾液には何億個もの細菌が繁殖しています。

その中で、ミュータンス菌といわれる細菌が虫歯の原因といわれています。虫歯になったことがある方は、このミュータンス菌が存在することの証明になります。

虫歯に全くならない方の唾液を調べると、まったくミュータンス菌が存在しないことがわかりました。

ミュータンス菌はどこから来るのか?

大人の9割はミュータンス菌を保菌しているといわれています。しかし、人間は生まれつきミュータンス菌を持っていません。それでは、どこからミュータンス菌が入って来るのでしょうか?

近年注目されてきたのは、親からの感染です。赤ちゃんや小さなお子様を育てた経験がある方はよくご存知だと思いますが、親の唾液が子供の口の中に入ることって頻繁にあることとは思いませんか?

親が使った箸やスプーンで子供に食事を食べさせた経験はありませんか?どうしても、小さな子供のうちはひとりでうまくできないので、ついついやってしまう行為です。

ソフトクリームを一緒に食べるなど、親の唾液は思った以上に子供に影響されてしまいます。これが、ミュータンス菌が伝染してしまう大きな原因と考えられています。

また、遺伝的要素はほとんどないと考えた方が良いと思います。一度、入ってしまうとなくなることはありませんし、虫歯の原因以外、口の中にいても何の影響もありません。

胃のなかにあるヘリコバクターピロリ菌のように除菌もできません。せめてもの防御というと、たくさん唾液を分泌して洗い流すことくらいしかありません。

よだれの多い子は、虫歯になりにくいという統計もあるように、唾液の本来の仕事は、口の中にあるものを早く強酸性の胃液に送り込み、体を守ることなのですから。

そのため、虫歯をなるべく少なくするためには、ブラッシング技術を獲得し、まめに歯を磨くことしかないようです。特に、子供の乳歯の表面は大人に比べて非常に柔らかく酸に侵されやすくなっています。大人がよく磨いてあげることが大切です。

ペットもご注意

また、同じ理由で飼っているペットとの濃厚接触も危険です。イヌやネコの唾液の中には、人間の持っていない細菌がたくさん存在します。

大人だけではなく子供もペットに舐められたり、可愛さのあまり口移しなどは避けた方が賢明です。ペットから移された病気で困っている人が非常に多くなってきています。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る