TOP > > 虫歯が原因で頭痛持ちに?虫歯を放置することの危険性とは

虫歯が原因で頭痛持ちに?虫歯を放置することの危険性とは

あなたは虫歯を放置していませんか?まだ痛みが少ないから大丈夫だろう、そんな考えで限界まで放置している方もいるのではないでしょうか。実は虫歯を放置することは大変危険なのです。その意外な危険性に迫ります。

虫歯治療は早いほうが楽

まず1つめの危険性です。これは一番基本的なことですが、虫歯を放置しておくと、当然のことに重症化してしまいます。虫歯が進行するにつれ痛みも激しくなりますが、そこを通り越してしまうと、神経が壊死してしまう可能性があります。

こうなると痛みも感じなくなってしまいます。やがてそこに膿が溜まり、激痛を感じるようになります。こうならないうちに一刻も早く治療すべきなのです。神経が壊死するまでいかなくても、虫歯が重症化すればするほど治療が困難になります。

治療にかかる期間や治療費は当然高くなりますし、麻酔が効きにくくなるという心配もあります。体への負担、金銭面を考えると、すぐにでも虫歯を治療しようという気持ちになれると思います。

周囲の歯への影響

虫歯を放置することで、周囲の歯にも影響が出る可能性があります。隣接する歯も虫歯になってしまうリスクが高いのです。見た目にはっきりと分からなくても、既にもう虫歯菌に冒されているかもしれません。

何本もの歯が虫歯の影響を受け、最悪の場合失うことになると、治療法も限られてしまい、差し歯や入れ歯等を強いられる可能性もあります。

虫歯菌の恐怖

虫歯が原因で死亡する、そんな話を聞いたことがありませんか?実はこれは都市伝説でも何でもなく、十分に考えられる話なのです。虫歯を放置しておいたり、歯の治療を途中で止めたままにしておくと、歯の根元のほうに虫歯菌が溜まりやすくなります。

これだけなら問題も少ないのですが、虫歯菌が血液中を介して全身に回ってしまう可能性があるのです。虫歯菌が原因で、脳梗塞や心筋梗塞などになる可能性があるということです。

この話を聞くと、虫歯がある人は必ず全身に虫歯菌が回っているのか?という疑問を持つかもしれません。通常であれば、虫歯菌が臓器に影響を与えることはほとんどありません。ですがお年寄り、抵抗力が弱っている時には、そのリスクが高くなります。可能性がある限り、虫歯は早めに治療するべきなのです。

虫歯が頭痛の原因に

一見関係なさそうな虫歯と頭痛、実はこの2つは密接に関係しているケースがあります。虫歯を放置していると噛み合わせが悪くなるので、顎やその他の筋肉が異常に緊張してしまいます。

その影響で頭痛や肩こりを感じるようになるのです。原因不明の頭痛に悩んでいる方は、もしかしたらその頭痛、虫歯が原因かもしれません。同じように歯並びが悪い方も、それが原因で頭痛持ちであったり、体のあちこちに不調を感じている方がいます。

また歯の矯正を行ったことにより、頭痛持ちになってしまったというケースもあるようです。それだけ歯の噛み合わせは、人間の体にとって重要なものなのです。

口臭

口臭に悩んでいる方は多いと思いますが、その原因が虫歯にあることも多いのです。虫歯を治療しないで放置しておくと、当然その歯から臭いが発生します。またその虫歯に穴が開いている場合は、そこに食べかすが詰まりやすくなるので、更にキツイ臭いを発生させます。

虫歯を放置することで膿が溜まるケースもあり、そうなると他人に迷惑をかけてしまうほどの口臭を発するようになります。

まとめ

虫歯を放置することの危険性についてまとめてみました。虫歯を放置すると、最悪の場合命に関わることもあるということを理解して頂けたでしょうか。病気にならなくても、口臭など日々の生活や対人関係に影響が出る事態になる可能性は高いです。

早めに治療すれば重症化することもありませんし、医療費も安く済むので、是非早めの受診を心掛けましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る