TOP > > 歯磨きだけじゃ不十分!子供を虫歯から守るために親が出来る3つの事

歯磨きだけじゃ不十分!子供を虫歯から守るために親が出来る3つの事

お子様を虫歯から守るため、歯磨きをしっかりしているご家庭は多いです。でも歯磨きだけで虫歯を防ぐ事は、とっても難しい事をご存知でしょうか?そこで今回は、お子様を虫歯から守るために、親が出来る3つの事をご紹介します。

虫歯菌をうつさない!

虫歯は虫歯菌によって出来ると考えられています。でも虫歯菌は、生まれたての赤ちゃんには存在していません。口腔内(こうくうない)に虫歯菌が存在しなければ、虫歯にかかる事は絶対にありません。でもなぜ生まれたばかりの時にはなかった虫歯菌が、口腔内に存在するのでしょうか?

それは、大人が虫歯菌をうつしてしまうからです。例えば、大人が咀嚼した食べ物を赤ちゃんに与えたりすると、虫歯菌がうつってしまいます。それ以外にもキスや食器の共有なども、虫歯菌感染リスクがあると言われています。ですから、子供を虫歯から守るため、虫歯菌をうつすような事はなるべく控えましょう。

キシリトールで虫歯予防

虫歯予防には、キシリトールが有名です。でもなぜキシリトールが虫歯予防になるのでしょうか?

それはキシリトールに、虫歯菌を減らす作用があるからです。虫歯菌が口腔内から減る事で、虫歯にかかるリスクも軽減できるという訳です。

小さなお子様は歯科が苦手ですよね。痛みを伴う治療を受けさせるのはかわいそうですから、キシリトールガムを噛んで虫歯にかからないようにしましょう。おやつの後や歯磨きをする時間が無い時などは、キシリトールガムを噛む習慣をつけて下さい。

歯科検診とフッ素塗布で虫歯予防

お子様を虫歯から守るためには、歯科検診とフッ素塗布が欠かせません。特にフッ素塗布をすると、虫歯を効果的に予防する事が出来ます。再石灰化促進作用、歯質強化効果などがあるため、虫歯予防に効果的なのです。

フッ素塗布は、それほど高額な治療ではありませんし、治療自体も痛みなどが無く患者にかかる負担が少ないです。ドラッグストアなどにいくと、フッ素入りの歯磨き粉などがたくさん売られていますよね。

しかし、歯科で行うフッ素塗布の方が、虫歯抑制効果が高いです。ですから3か月~半年に1度は歯科検診に出向き、フッ素塗布などを行いましょう。これだけでもお子様が虫歯にかかるリスクを軽減させる事が出来ます!

お子様にとって虫歯治療は、とてもしんどいです。ですから虫歯にかかる前に、しっかり予防に努めて下さい!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る