TOP > > 虫歯を放置するほうが怖い!痛くない歯医者が増えているって本当?

虫歯を放置するほうが怖い!痛くない歯医者が増えているって本当?

怖くて痛いと思っていませんか?

虫歯で歯医者に行かなければならないのに、なかなか足を運べないと言う人が多いようです。「歯医者は痛い」「歯医者は怖い」こんなイメージが頭の中を駆け巡ってはいないでしょうか?

中にはあのキーンという削る音を聞いただけで、痛いイメージが湧いてしまうという人もいます。歯医者は痛くて怖いというイメージはどうして根付いてしまったのでしょうか。そして本当に歯医者は痛くて怖いのでしょうか。

痛くない歯医者が増えている

現在の歯科治療はとても発達していて、治療の時に多くの痛くない工夫がされています。治療で一番痛いのは恐らく最初の麻酔を注射する時ではないでしょうか。ただでさえ痛い虫歯があるのに、その前に痛い注射をするなんて、と考えただけで眉間にシワが寄りそうです。

この麻酔の注射ですが、実は一気に注射液を入れてしまうと痛みを感じてしまうのです。この速度をうまくコントロールして、痛みを感じにくくしてくれているのが電動注射器です。そして針を極細にしたり、器具を人肌に温めたりしてさらに痛みを軽減してくれる歯医者もあります。

また、この麻酔を注射する時に、針が刺さる痛みを軽減するために、表面麻酔を行います。まさに、痛くない治療のために、さらに痛さを軽減してくれる方法をとってくれるのです。

それでも治療が怖いという人のために、笑気麻酔を用意している歯医者もあります。ただし笑気麻酔は筋肉が弛緩して鎮静効果があるだけなので、皮膚感覚は残ります。笑気麻酔をしても、そのあとに局所麻酔の注射は普通にやらなければなりません。

こういった痛くない治療を心がけている歯医者が、とても多くなりました。事実こわごわと歯医者に行ったら痛みを感じなかったので、とてもビックリしたと言う人が多いのにもうなずけます。

上手な歯医者のかかり方

ただし、虫歯がひどくなって歯茎まで腫れてしまった等の、急性炎症があると麻酔が効きにくくなることがあります。つまり、痛い虫歯があったら放っておかず、すぐに歯医者に行くことです。

上手な歯医者のかかり方は、まず通うことができる地域を考えるのと、インターネットで検索するのが一番です。最近では口コミを参考にする人もいますが、口コミは個人的な感想が多いので、ホームページを参考にするのが良いと思います。

ホームページに治療のコンセプトがきちんと掲載されていて、自分の希望する治療に最も合っていると思う歯医者を選ぶようにしましょう。その時に「痛くない治療のためにこんなことをしています」として、治療器具の紹介をしているところもあるので、参考にしてみてはどうでしょうか。

歯のかかりつけ医を見つける

昔の歯医者は、痛い時にだけかかるというのがほとんどでした。今は予防歯科という分野が発達していて、定期的に歯の検診に行くことで、悪くなる前にケアをする方法が主となっています。

こうすれば治療費や治療期間が最小限で済むので、長い目で見れば、予防は私たちにとって大変メリットがあることなのです。歯医者を選ぶ時は、こういった予防歯科に力を入れているところを選ぶのもポイントです。

歯は体の入口で、健康のバロメーターとも言われています。年をとっても自分の歯で噛めるようにしていきたいものです。そのためにも、あちこち歯医者を変える歯科難民にならず、長くつき合っていけて、何でも話せる歯のかかりつけ医を早く見つけることです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る