TOP > > 虫歯にさせない!フッ素に頼らず子どもの歯を守るための新習慣

虫歯にさせない!フッ素に頼らず子どもの歯を守るための新習慣

子どもの虫歯に悩んでいる親御さんも少なくないはず。世間一般的には「子どもの虫歯は親のせい」。虫歯を見つけ「毎日しっかり仕上げ磨きしてるのに~」と悔しい思いをした経験ありませんか?

毎日しっかり磨いているつもりでも子どもの虫歯を予防するのは大変なこと。そのため歯科では虫歯予防のために「フッ化物」の塗布を勧めます。

しかし、フッ化物というもの、体に悪いという話も最近ではチラホラと聞こえ始めてきました。体によくないものをあえて歯に塗るなんてと、抵抗を感じている親御さんも増えてきているようです。

フッ化物という薬を塗らなくても、虫歯は十分防げます。虫歯がなぜできてしまうのかという理論に着目し、虫歯ができにくい体に作っていくという考え方でご提案する新習慣です。

虫歯は「酸性の口内環境」で作られる

みなさんは虫歯がどのように作られるのかということをご存知ですか?「歯にこびりついた汚れから虫歯菌が発生し、その細菌が歯を溶かしている」というのが、一般的な虫歯に対する認識ではないでしょうか?

実は虫歯を作るのは細菌の仕業ではなかったのです。虫歯を作り出すのは「酸性の口内環境」にあったのです。

「虫歯の電気化学説」ということばを聞いたことはありますか?酸性の環境では、酸素が多いところへ電子が集まり、電子の少ないところは溶解してしまうという学説なのですが、簡単に言うと、口の中が酸性に傾いくと歯が溶けやすくなってしまうということなのです。

食事をすると口の中に少量でも「カス」が残ります。口内にある細菌などはその食べカス、中でも「糖」を食べて代謝をします。糖は細菌によって代謝されると「酸」を作り出します。ですから、食事をした後の口の中というのは、必ず酸性に傾いてしまうということなのです。

虫歯を作らないためには、口内の酸化をできるだけ早い段階でアルカリ化する必要があるのです。

食後に「重曹うがい」をする新習慣

虫歯予防として最近注目を集めているのが、重曹を使っての口うがいです。重曹はご存知の通りアルカリ性です。近年ナチュラル志向の強い方には、料理に掃除にと幅広く使われているものでもあります。

重曹うがいの利点としてあげられるのは、フッ化物とは違いとても安心安全な添加物であるということです。ベーキングパウダーなどにも含まれていますし、野菜のあく抜きなどにも昔から使われています。

間違えてすこし飲み込んでしまったとしても心配はありませんし、1日3度の食事のたびに重曹うがいをするだけで虫歯をある程度防ぐことができるのですから、大助かりではないでしょうか。

重曹のパワーはこれだけではありません。ある臨床データによりますと、重曹うがいをすると虫歯の抑制を止めるだけではなく、初期の虫歯ならば虫歯が治癒し歯を再石灰化をさせてしまうというのです。

重曹うがいのやり方は、水100ccに対し重曹を小さじ半分を混ぜ、重曹がしっかり解けきるように混ぜます。その水を口に含み、普段と同じようにグジュグジュペッとするだけ。

タイミングとしては食後、口内の酸化が始まる前にやるのがベスト。歯磨きをした後に重曹水でうがいをします。時間がないときは重曹うがいだけでもある程度の効果は期待できます。

体全体のペーハーバランスを考えた新習慣

口の中が酸性に傾きやすいというのは、体全体のペーハーバランスも酸性に傾きがちであるというふうにも考えられます。食事の内容を見直し、体によいアルカリ性の食品をたくさんとるようにしましょう。

アルカリ性の食品には豆腐、納豆などの大豆製品、牛乳、ひじきや昆布、わかめなどの海藻類、ごぼう、にんじん、さつまいも、大根などの根菜類、バナナやブレープフルーツなどがあげられます。

家での食事の内容を変えていけば、家族全員の歯の健康を守ることになります。長い目で見ると健康的で経済的とも言えますね。

口の中を休ませるという新習慣

虫歯を予防する上でもう1つ大切なことが、口の中を休める時間をとるということです。例えば、朝7時に朝食を食べて、すこし小腹がすいたので10時頃におやつを、そして12時に昼食。

いつもと同じように3時にまたおやつを食べて、6時に夕食。合間にも甘いジュースやコヒーなどを飲んだりしていると、口の中は常に「何か」が入っている状態に。すなわち酸性に傾いている時間が長くなってしまうということなのです。

食事をした後の酸化で歯は溶け始めますが、その後唾液のパワーによって歯は再石灰化されます。ダラダラ食べたり飲んだりしていると、この再石灰化が進まず、やがて虫歯になってしまうのです。

「今は口を休めている時間」という認識を持って、食事のサイクルを考え直してみませんか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る