TOP > > 意外!疲れやストレスで耳鳴り?そのメカニズムと対処法

意外!疲れやストレスで耳鳴り?そのメカニズムと対処法

耳鳴りの原因

あなたは今までに耳鳴りを感じた経験がありますか?耳鳴りとは実際に音がしていないのに『キーン』や『ジー』というような音が耳の中で響いている状態を言います。経験のある方は分かると思いますが、耳鳴りは何ともいえない苦痛に襲われるものです。

では次に耳鳴りの原因を挙げてみます。耳鳴りには一時的なものと慢性的なものがあります。耳鳴りを感じてもしばらくして症状が改善され、その後も起こらなければさほど心配する必要はありません。

慢性的な耳鳴りを感じる場合は要注意です。耳鳴りの影に突発性難聴・メニエール病・外耳道炎などの病気が隠れているケースも多いからです。加齢も耳鳴りの1つの原因となりますが、素人判断は危険ですので気になる場合は耳鼻科等を受診しましょう。

ストレスや疲れが耳鳴りの原因に?

少し意外な原因として、ストレスや疲れが耳鳴りを引き起こすことがあります。人は強いストレスや疲れを感じると自律神経が乱れやすくなります。この自律神経の乱れが耳鳴りへと繋がるのです。酷い場合は自律神経失調症になることもあります。

また心身がダメージを受けている時は少しの変化を大きく感じ取ってしまう傾向にあります。普段であれば『気のせいかもしれない』というような耳鳴りがだんだんと気になり、そのストレスでまた耳鳴りを増幅させてしまう可能性もあります。

ストレスが原因で突発性難聴やメニエール病を発症するというケースも多く見られます。いずれにせよストレスや疲れは耳鳴りを引き起こしたり、それに繋がる病気を発症してしまう危険性があることを覚えておいてください。

対処法

現在社会で生きていく上でストレスや疲れを全く感じないというのは不可能に近いことだと思います。そこで重要なのが、感じたストレスをいかに溜め込まないかということになります。スポーツや人との会話を積極的に行い、毎日少しずつストレスを発散するよう心がけましょう。十分な睡眠も大切です。

病院へ行く場合は

慢性的な耳鳴りを感じた場合は耳鼻科・耳鼻咽喉科への受診をお勧めします。耳に異常がない場合はストレスによる耳鳴りを疑うことになると思います。その場合は担当医師とも相談しながら、併せて心療内科等への受診もお勧めします。もはや耳鳴り=耳の病気ではないということを常に頭に入れておいてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る