TOP > > 必ず目が飛び出るわけではない!バセドウ病による目の症状とは?

必ず目が飛び出るわけではない!バセドウ病による目の症状とは?

バセドウ病になると目が飛び出すという誤解

バセドウ病と聞くと目が飛び出てくる病気だというイメージがあるかもしれません。しかし実は、全てのバセドウ病の患者さんで目が飛び出てくるわけではないのです。はっきりとした眼球突出があらわれるのは20~30%くらいの患者さんで、特に日本人は欧米人よりも軽い傾向があります。

バセドウ病の原因についてはまだ不明な点も多いのですが、この眼球突出についてもよくわかっていない部分が多くあります。バセドウ病だからといって必ず眼球突出するわけではないことに加えて、両眼にあらわれるのではなく片眼だけが突出する場合もあります。

また突出の程度とバセドウ病の重症度には全く関係がないのです。激しく突出しているからといってバセドウ病の症状がひどいわけではないですし、突出が軽くてもバセドウ病はひどくなっていることもあります。

なぜバセドウ病になると目が飛び出すのか?

なぜバセドウ病で眼球突出が起きるのかについては、まだよくわかっていない部分もあります。ただ眼球突出の原因もバセドウ病と同じく自己免疫によるものだろうということがわかってきています。

バセドウ病の原因は(はっきりとはしていませんが)、外から入ってきた異物に対して体を守ろうと自分で作った抗体が、間違って自分自身を攻撃してしまう自己免疫によるものだろうとされています。

自己免疫により甲状腺を刺激する抗体ができ、それが甲状腺を異常に刺激することで甲状腺ホルモンが過剰に作られてしまうのです。そして眼球に対してもこれと同じような抗体が作用し、刺激を受けて炎症を起こすことが原因ではないかというのです。

眼球の後ろには眼球を動かすための筋肉組織や脂肪組織があり、その真ん中を視神経が通っています。その周りは固い骨に囲まれています。自己抗体が筋肉組織や脂肪組織を刺激することで炎症を起こし、むくんでしまい、その部分の圧力が高まって眼球は骨のない前方へと飛び出してしまうのではないかと考えられるのです。

眼が出るだけでなくまぶたが腫れたり、眼球が炎症を起こして充血したり涙が出ることもあります。まぶたと眼球の動きがバラバラになることもあります。ものが二重に見えるようになって頭痛や眼精疲労が起きることもあります。もっとひどくなると視神経を圧迫することで視力障害が起きたり、非常にまれですが失明してしまうこともあります。

眼球突出はバセドウ病と直接関係があるわけではなく、そのためバセドウ病の治療が進んでも眼球突出の症状は残ってしまいます。(眼球突出とは原因が違う、交感神経の緊張により眼が見開いたようになる症状はバセドウ病の治療をすれば治ってきます。)

症状がひどいようならバセドウ病による眼の症状に詳しい眼科医にきちんとみてもらう必要があります。

タバコを吸う人は悪化しやすい?!

バセドウ病という病気はまだわかっていない部分も多く、眼に対する症状についても不明なことは多くなっています。しかしその中でも、タバコの影響についてははっきりしているようです。

タバコを吸う人の方が吸わない人よりもバセドウ病になるリスクは高いとされます。たくさん吸っている人の方がよりなりやすく、治療のために薬を飲んでもその効果が出にくいというのです。そして眼球突出についても、タバコを吸っている人のほうが突出するリスクは高まることがわかっています。

バセドウ病が落ち着いて薬を止めても、その後にまた甲状腺ホルモンが増加し再発してしまう率もタバコを吸う人の方が高いとされます。バセドウ病と診断され医師から禁煙を指示されたなら、思い切ってスパッと禁煙するようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る