TOP > > 食べてないのに急に太りだしたら注意!女性に多い橋本病

食べてないのに急に太りだしたら注意!女性に多い橋本病

自己免疫疾患「橋本病」

橋本病という病名を耳にしたことがあるでしょうか。この病気は橋本策(はかる)博士が1912年に発表したことからこの名前がついている甲状腺機能低下症の一種です。

橋本病というのは、何らかのウイルスや病原菌によって発症するような病気ではなく、本来ならウイルスや病原菌をやっつけるべき自己免疫が自身の体に攻撃を向けてしまうことで起こる自己免疫疾患です。

40~60代の女性に多く、男性にはあまり発症しない病気です。更年期の女性に起こることもあり、その症状は更年期障害と間違われる場合もあります。

橋本病とは

橋本病はどのようなメカニズムで発症しているのでしょうか。甲状腺というのはこれは首の前に位置し、甲状腺ホルモンを分泌する内分泌器官になります。甲状腺ホルモンは体の基礎代謝の促進に関与しています。

Tリンパ球や抗体といった免疫体が甲状腺を攻撃することで甲状腺炎が起こります。また、免疫体に甲状腺機能を破壊されることで甲状腺ホルモンの分泌量が減り、甲状腺機能が低下していきます。

橋本病の症状は、甲状腺炎や甲状腺機能低下症によるものです。橋本病でも甲状腺炎でも甲状腺ホルモンの分泌量が減少していない場合には無症状の場合があります。症状には以下のようなものがあります。

・甲状腺全体が腫れる
・急に体重が増えた
・疲れやすくなった
・寒がる
・記憶力の低下
・脱毛
・話し方や動作がゆっくりになる
・皮膚が乾燥する
・汗をかかなくなる
・声が枯れる
・むくむ
・便秘
・不妊、流産

初期には甲状腺機能亢進により機能低下と逆の症状(動悸、体重減少、発熱、発汗)などが起こることもあります。

橋本病の検査と治療

自覚症状からいきなり橋本病と気付くことは少ないかもしれません。橋本病というのはほかの目的で受けに来た検査で発覚することが多いです。橋本病の検査は問診、触診(甲状腺の腫れをチェックする)、血液検査、細胞診を行います。

血液検査では甲状腺ホルモン、甲状腺抗体のチェックを行います。甲状腺抗体は甲状腺を攻撃し、機能を低下させるものです。血液検査で抗サイログロブリン抗体や抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体といった甲状腺抗体が見つかることは橋本病と診断される目安になります。

治療には、甲状腺機能低下症に対しての甲状腺ホルモン投与が行われますが、橋本病でも甲状腺機能に問題がなければ経過観察だけで薬の治療は行いません。

どんな人がかかりやすいのか

女性の多く、40代になると1割ほどがかかっているほど多い病気です。ただし、橋本病になっても甲状腺機能低下症を引き起こす人は少ないです。

家系遺伝と環境による影響が発症に関係しているとされています。また、染色体異常(ダウン症など)がある場合には合併症として橋本病を引き起こしやすいです。

橋本病にかかったら

定期的に受診して必要に応じて治療を受ける必要があります。甲状腺ホルモン値が正常でも放置しておくと甲状腺機能低下症にすすむ場合があるので、経過観察は必要です。

ヨードの過剰摂取は甲状腺機能低下を引き起こしやすいので、橋本病の人はヨードの摂取を控えます。ヨードは摂取すると甲状腺に蓄積されやすい成分です。ヨードは海藻類に多く含まれています。

甲状腺ホルモン値が正常な場合は通常の生活を送ってかまいませんが、甲状腺機能低下症を引き起こしており、心臓の機能が低下しているなどの症状がある場合には安静にして過ごす必要があります。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る